鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

「ベル長期契約に至らず」にはトッド・ガーリーも残念

(スポンサーリンク)

スティーラーズとベルの契約交渉が注目を集めていましたが、長期契約の合意に至らず。ベルは昨季に続いてフランチャイズタグの額でプレーすることに。ファンのみならず、トッド・ガーリーもこのニュースに注目していたようです。

www.nfl.com

(この記事の一部を紹介します)

 

(スポンサーリンク)

 

 

"As a player I definitely feel where he's coming from," Gurley said. "I don't know exactly what he wants. But if he did what he did I'm pretty sure in his mind he did the right thing. I definitely stand behind him and definitely support him."

「プレーヤーとして、彼の気持ちはわかるよ」とガーリーは話す。「どれだけの扱いを求めているか正確なところはわからないけど、彼が今までやってきたことを思えば、正当な要求だと彼は思ってることだろう。僕もその考えは支持する」

 

"He's playing on the tag for the second time, which is not bad at all, but you know you just want that security. It's definitely a sad situation for a guy to be a top-three back since he's came into the league and put in the work and can't even get the money that he deserves. Definitely a sad situation."

「これで、2季連続でフランチャイズタグの指定額の契約になったね。もちろん悪くはないけど、プレーヤーは(長期契約で)保証してほしいもの。ずっとリーグのトップ3の実力を示してきたRBに対してこの扱いは残念な状況だね。彼の働きに値する額の契約が与えられないなんてね」

 

(スポンサーリンク)

 


鯖缶コメント:ベルの契約の額によって、ガーリー自身の契約額も変わってくるであろうことはみんな分かっているなかでの期待どおりのコメント、といったところでしょうか。

それにしても、RBに対しては買い手市場というか、サラリーが抑えられている状況は顕著で、例えばWRのブランディン・クックスはシーズン平均で16.2ミリオンの契約をラムズと結んだのに対して、ベルの今季の年棒は14.54ミリオン、RBでベルに続いてリーグ2位の高給はデボンテ・フリーマンの年平均8.25ミリオンとのこと。

確かにクックスはいい選手ですが、MVPクラスの活躍を見せるベルやガーリーを上回る力を持っているとは言えなそうなので、面白いところです。

これは、「RBは替えが利く」という判断でのものですよね。確かに、スター選手のRBに高い年棒を払うよりも、堅実な中堅と活きのいい新人を抱えたほうが、安定したチームを作れるかもしれません。

ヘッドコーチ、GMになった気分で各チームのロースターをあれこれ評するのもNFL観戦の面白さの1つですね。引き続き、注目していきましょう。

 

(スポンサーリンク)

 

レベオン・ベル2017ハイライト

www.youtube.com


トッド・ガーリー2017ハイライト

www.youtube.com