鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

ビル・ベリチック記者会見(クレイボーン、ベントリー、パントリターナーについて)

(スポンサーリンク)

NFLの魅力の1つに、「記者会見での選手やコーチの受け答え」がある気がします。キャム・ニュートンの“個性的”な私服や、彼らしい失言。ラッセル・ウィルソンの優等生的な発言など。それを野次馬気分で雰囲気を味わうのです。

 

僕が好きなのは、ペイトリオッツのヘッドコーチ、ビル・ベリチックの記者会見。勝利至上主義が徹底されていて、チームの内情や作戦、相手チームをどう見ているのかなど聞かれても、ほとんど当たり前のことを無表情で答えるだけ。

 

そんな、インタビュアー泣かせの会見のトランスクリプト(書き起こし)を紹介します。日曜にジャガーズ戦を控えた9/14の記者会見です。

 

(スポンサーリンク)

 

 

www.patriots.com

(この記事から、一部を紹介します。以下の英文は、引用したものです。)

 

Q: After working with Adrian Clayborn, what have you learned about him that you didn't know prior to signing him?

BB: It's, I think, all pretty much as advertised - really professional and hard-working kid, smart, a really good teammate, does a good job. Glad we have him. He's a really good addition to the team.

 

Q:(今季から)DEエイドリアン・クレイボーンが加入しましたが、どう評価しますか? 契約してはじめてわかったことはありましたか?

ビル・ベリチック:彼の力は、よく知られてたとおりだ。プロ意識があり、よく練習し、クレバーで、チームワークを守り、よくやっている。チームが彼と契約できてよかった。

 

Q: With the Erb's Palsy with his arm, he's inspired a lot of people with his ability to play at the highest level with that. Have you noticed any impact of that watching him perform?

BB: Yeah, he doesn't talk about it. I mean, he just goes out there and works and work through it. I mean, we all have some things that are better than others. We try to work to our strengths, and I think he does the same things. All players do. It's what we all do.

 

Q:クレイボーンは腕にまひ(※)があるにも関わらず、ハイレベルなプレーでファンを驚かせています。その点について、彼のプレーを見ていて、何か気づくことがありますか?

ビル・ベリチック:ああ。彼自身はその点について多くを語らない。ゲームに出場して、その体でプレーしている。誰しも(ハンディもあるが)、人より優れたところを持っているものだ。プレーヤーは、その強みで戦うしかないし、それは彼も同様だ。それが、すべての選手がしていることだ。


※訳注 Erb's Palsy=エルブまひ(分娩時に、新生児の神経が損傷し、まひが残ることのようです。下記記事に詳しく書かれています)

It's Good to Be Back | By Adrian Clayborn

 

(スポンサーリンク)

 

Q: You've said that you're not surprised with how Ja'Whaun Bentley has performed because he's done this at every level. How does a guy like that fall into the fifth round if he has that proven track record of success?

BB: Yeah, I don't know. You'd have to ask some other people about that. I don't know.

 

Q: You were one of the people that didn't pick him until the fifth round.

BB: Well, I mean, first of all, I was surprised he wasn't at the combine. That was surprise No. 1. I mean, it wasn't to save airfare. The guy's 20 minutes away. But, it is what it is.

 
Q:新人LBジャワーン・ベントリーの活躍について、プロ入りまでのプレーを考えれば驚きではないと以前おっしゃっていました。もしカレッジまでのプレーがそれほどよかったとするなら、5巡目まで残ってた理由は何でしょうか?

ビル・ベリチック:それは、わからない。そのことについては、他のチームに聞いてくれ。私にはわからない。

Q:そうおっしゃるあなたも、他のチーム同様に5巡目まで指名しなかったわけですが。

ビル・ベリチック:そもそも、私にとっては彼がコロンバインに参加していなかったこと自体が驚きだ。飛行機代を惜しんだのが理由ではない。彼は車で20分のところに住んでいた。とは言え、それが実際に起こったことだ。

 

Q: Would you be comfortable putting Kenjon Barner back to return punts this week?

BB: He's on the roster. So, all the players that are on the roster, we'll have to make a decision as to how to use those players, whether they're active for the game or not active and what their role is in the game. So, if they're on the roster, then it's part of the discussion.

 

Q:新加入(※9/11に契約が発表)のRBケニオン・バーナーは、安心してパントリターナーを任せられそうですか?

ビル・ベリチック:彼はロースターに加わった。ということは、彼をどのように使うか、試合当日にアクティブ(出場の登録枠45人)にするかどうか、の判断をチームはする必要がある。つまり、彼がチームにいる以上、それ(パントリターナーに指名するか)も考慮に入れることになる。

 

(スポンサーリンク)

 


鯖缶コメント:いかがでしょうか? 元記事の冒頭から一部だけを訳したのみですが、見事なまでの情報の少なさ。 

 

「私以外の誰かに聞いてくれ」「チームにとってベストと思われる選択をする」「対戦相手の〇〇はすばらしいチームだ」などが彼の定番のセリフで、何を考えてるのかがわからないんです。

 

その雰囲気が少しでも伝わればいいと思って紹介してみました。元記事には、実際の会見の動画もありますので、ぜひチェックしてみてください。