鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLパワーランキング(week3)

(スポンサーリンク)

NFL2018シーズンも2週が終わり、そろそろ各チームの強さ(弱さ)が見えてきたでしょうか。実際にはチーム同士の相性や、けが人の状況で試合の結果はどうなるかわかりませんが、ランキングにも真実味が少しずつ増してくる時期ではあります。


先週に引き続き、NFLオフィシャルより、Elliot Harrison作成のパワーランキングをチェックしてみましょう。個人的に面白いと思った部分を訳していきます。

 

www.nfl.com

(この記事から、一部を紹介します。以下の英文は、引用したものです)


1位:ラムズ(前回2位)

Boy oh boy, did the Rams look like a Super Bowl team on Sunday. Up 19-0 against the Cardinals early in the third quarter, Los Angeles came out aggressively. Jared Goff -- someone many readers still seem to feel is overrated -- threw two strikes into small windows on consecutive throws to move into Arizona territory, setting up a Rams touchdown by Todd Gurley. In other words, Sean McVay doesn't ease up on the gas pedal, and he trusts his quarterback, even after the previous possession had ended on a Patrick Peterson pick. With defenses so focused on No. 30 in the backfield, Goff takes advantage of 1-on-1 matchups wherever he sees them. And by takes advantage, we mean delivers accurate, on-time throws. Oh, yeah, and the defense pitched a shutout.

日曜のゲームを見れば、ラムズはスーパーボウルにふさわしいチームにしか見えなかった。カーディナルスに対し3Qの早いうちに19対0とリードしても、LAはアグレッシブなままだった。

QBジャレッド・ゴフは(過大評価されていると見るファンも多い選手だが)、とても通すのが難しいパスを2つ連続してストライク。チームをアリゾナ陣内へ進軍させて、RBトッド・ガーリーのタッチダウンへつなげた。

要するに、ヘッドコーチのショーン・マクベイはリードしてからもアクセルを踏みっぱなしで、その直前にカーディナルスCBのパトリック・ピーターソンにインターセプトされたのを見ても、自軍のクォーターバックを信じていたのだ。

カーディナルスのディフェンスがトッド・ガーリーに注意を集中させていたので、ゴフは1オン1のマッチアップを容易に見つけ出し、そこを突いた。そのためにはもちろん、タイミングよく正確なパスが必要で、それを成功させたのだ。

おっと、ここまで触れてなかったが、ディフェンスは相手を完封している。

 

2位:ジャガーズ(前回5位)

The Jags authored a freaking statement in Florida on Sunday. Jacksonville dominated the first half against the Patriots, then suffocated Tom Brady and the offense when it had to, i.e., when Blake Bortles -- who was otherwise quite effective -- pulled a Bortles with an ill-timed turnover. Following Bortles' interception early in the fourth quarter, New England was threatening to claw within one score -- but then the AFC's deepest defensive group showed up. Dante Fowler Jr., who missed his entire rookie season with a knee injury and who is often viewed as an afterthought among his uber-talented teammates, tore around the edge, pulling off the pass rusher's hat trick: the sack, the strip and the recovery. People had better start giving Doug Marrone the same kinds of props the Sean McVays of the world get.

ジャガーズは、自らの強さを証明するような勝利をフロリダの本拠地で挙げた。前半からペイトリオッツを圧倒し、後半の勝負どころでQBトム・ブレイディと彼のオフェンスにとどめを刺した。QBブレイク・ボートルズは重要な場面でターンオーバーがあったが、それ以外はゲームを通して効果的なプレーを見せた。

4Qで、ボートルズのインターセプトはニューイングランドに1ポゼッション差に迫る絶好の機会を与えてしまったが、ここでAFCトップのディフェンスが立ち上がった。

4年目のDEダンテ・ファウラー・ジュニアは、ひざのけがでルーキーシーズンを失い、ジャガーズのディフェンスに後から付け加わった存在だ。彼がエッジから切り裂き、パスラッシャーとしてのハットトリックをやってのけた。サックして、ボールを弾き出し、自らリカバーしたのである。

ヘッドコーチのダグ・マローンは、ラムズのショーン・マクベイが有するものと同等の戦力を得て、好スタートを切っている。

(スポンサーリンク)

 


4位:チーフス(前回11位)

Guess nobody's questioning Andy Reid's thinking anymore. Patrick Mahomes is the NFL's newest bona fide star, through two weeks anyway. In a league brimming with overreaction, people are already talking up the Chiefs as Super Bowl participants (please disregard, for a moment, the fact that the defense gave up 37 points on Sunday). Mahomes threw six touchdowns in Pittsburgh ...OK, so perhaps some things are worth overreacting to, like a sophomore quarterback who has a stat line that looks like a line item from Tecmo Super Bowl. Seven Chiefs players have already scored receiving touchdowns this year, the same number as all of last year.

ヘッドコーチ、アンディ・リードの考えに疑問を差し挟むファンはもういないだろう。week2までの間に、QBパトリック・マホームズはリーグで最も新しいスターになった。リーグは彼の活躍への過剰反応にあふれ、ファンの間ではチーフスのスーパーボウル出場への会話が早くも聞かれるようになった(ディフェンスの37失点についてはいったん忘れよう)。

2年目のマホームズは敵地のピッツバーグで、6つのタッチダウンを挙げた。つまり、リーグ全体の過剰反応も頷ける、ビデオゲームみたいなスタッツだ。今季に入ってタッチダウンレシーブを挙げたチーフスの選手は7人で、早くも昨季通しての記録に並んだ。


6位:ペイトリオッツ(前回4位)

Maybe there is something about the Patriots playing in Florida. Even in the Belichick-Brady era, New England has fallen to the Dolphins plenty in Miami. And the Pats were no match for the Jags in Jacksonville this past weekend. In fact, they were outmatched, particularly when it came to the receiving corps vs. that Jags secondary. While this was certainly not a devastating loss, there was no doubt about which squad was the better one out on that field. Considering Jacksonville was playing without its top offensive player (Leonard Fournette), that speaks loudly. The Patriots will get their own special player back soon when Julian Edelman returns from suspension, but I'm not sure that will be the difference if these two meet in the AFC Championship Game again ... in Duval County. Although I did hear some guy who's mildly athletic might be joining the fellas soon.

ペイトリオッツがフロリダ州で試合をするときには何かがあるのかもしれない。「ベリチックーブレイディ」の時代ですら、ニューイングランドは何度もマイアミでドルフィンズに負けてきた。それと同じように、ジャクソンビルに乗り込んだこの試合でも完敗を喫した。特に、彼らのレシーバー陣と、ジャガーズのセカンダリーの対決では圧倒された。ヤケになるような敗戦ではないものの、どちらのチームがより強いかは明白だった。ジャガーズはベストプレーヤー(RBレナード・フォーネット)を欠いた状態での試合だったことを考えればなおさらである。

ペイトリオッツは自軍の特別な選手であるジュリアン・エデルマンが出場停止を終えればチームに戻るが、この両チームがAFCチャンピオンシップを争うと仮定したとき、エデルマンがいても大差はないかもしれない。特に、ジャガーズの本拠地でその試合が行われるのであれば。

とは言え、なかなかの身体能力を有したプレーヤーが、ペイトリオッツにもうすぐ加わるとの話はあるが。
(※この元記事が出たのと前後して、ペイトリオッツはWRジョシュ・ゴードンをブラウンズからトレードで獲得)

(スポンサーリンク)

 


18位:ブロンコス(前回18位)

Think Broncos fans had zero confidence their team would win until Brandon McManus' kick hit the back net with six ticks to go. The defense, which bailed out an erratic Case Keenum in the season opener, was put in a similar position in Week 2, thanks to a total offensive failure in the first half that led to a 12-0 Raiders lead. Keenum and Co. came to play in the final 30 game minutes, though, grinding out points on all four second-half drives: touchdown (11 plays, 75 yards), field goal (10 plays, 54 yards), touchdown (14 plays, 67 yards), field goal (10 plays, 62 yards). That penultimate scoring drive closed with Keenum executing a Cam Newton special: a designed QB draw from shotgun on fourth-and-goal. Gutsy play call, Bill Musgrave. Yes, that's the same Bill Musgrave the Raiders didn't bring back after they enjoyed that fertile offensive campaign in 2016.

ブロンコスのファンは、試合終了間際にKブランドン・マクマナスのフィールドゴールが決まるまで、自分のチームが本当に勝てるとは信じられなかっただろう。QBケース・キーナムにミスが多かったにも関わらず、開幕戦の勝利を引き寄せたのはディフェンスだったが、この試合でも前半オフェンスが機能せず0対12のビハインドを負う、似た展開になった。

しかし、キーナム率いるオフェンスは後半に巻き返し、4回のポゼッションすべてを得点に結びつけた。タッチダウン(11プレー、75ヤード)、フィールドゴール(10プレー、54ヤード)、タッチダウン(14プレー、67ヤード)、フィールドゴール(10プレー、62ヤード)。

最後から2番目のドライブでは、キーナムがキャム・ニュートンのように4th・アンド・ゴールでショットガン隊形を使い、QB自身がエンドゾーンに飛び込むデザインされたQBドローを決めて仕上げた。度胸の要るコールをしたのはオフェンシブコーディネーターのビル・マスグレイブだ。そう、ビル・マスグレイブといえば、2016年にレイダースオフェンスが高得点を稼いでいたときのオフェンシブコーディネーター。それなのにレイダースは彼をチームに残さなかった。


29位:シーホークス(前回28位)

A contrast in quarterbacks Monday night: The Bears have built a squad surrounding their shaky QB, while the Seahawks are a shell of a team around their top-five signal-caller (at least when you consider all of the injuries and offseason departures for Pete Carroll's group).

マンデーナイトの対決は、くっきり明暗が分かれた。ベアーズはQBが不安定でもそれを補えるチームを構築していたのに対し、シーホークスはリーグ屈指のQBを持ちながら、抜け殻のようなチームだった(少なくとも、けが人やオフシーズンの離脱者を考えれば、かつてと同じとは言えない)。

(スポンサーリンク)

 


鯖缶コメント:強さが際立っていて、結果も伴っているラムズ、ジャガーズを上位にランクインさせるのは順当といったところ。

その他、おそらく多くのファンが意外だったと思われる2連勝スタートのバッカニアーズ、ベンガルズ、ドルフィンズがそれぞれ何位にランクされているか、ぜひ元記事をチェックしてみてください!