鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLweek4レビュー(ブラウンズ@レイダーズ、ドルフィンズ@ペイトリオッツ)

(スポンサーリンク)

あっという間に9月が終わり、レギュラーシーズンも(ほぼ)4分の1が終わりました。メイフィールド、ローゼンら複数のルーキーQBが先発に座る一方、ロジャース、ブレイディらエリートQBもまだリーグ主役の座を譲るつもりはないでしょう。

そんな構図の中、week4の主役はやはり4連勝チームのラムズのジャレッド・ゴフとチーフスのパトリック・マホームズになるのかもしれません。ますます目が離せなくなってきました。

NFLオフィシャルサイトより、week4の日曜の各試合を散り上げた記事で、振り返ってみましょう。

 

www.nfl.com

(この記事から、一部を紹介します。以下の英文は、引用したものです)

 

Oakland Raiders 45, Cleveland Browns 42 (OT)
レイダーズ45-ブラウンズ42(オーバータイム)

 

Jon Gruden has the win he's needed for three weeks. The Raiders finally get off the schneid in their fourth attempt, with Oakland coming mighty close to again losing a lead, but by the good fortunes of replay review and some timely passing, forced overtime. Gruden's team took on the spirit of its coach in overtime, successfully turning the clock back to 1998 with a run-heavy attack on the back of Marshawn Lynch, who was successful for most of the afternoon and no more so than on the game-winning drive.

 

ヘッドコーチのジョン・グルーデンは、開幕以来必要としていた勝利を手にした。レイダーズは4戦目でついに無敗から脱した。序盤のリードを失い敗戦に瀕したが、リプレーで判定が覆る幸運と、いくつかのナイスパスでオーバータイムに持ち込み、最後には勝利した。

オーバータイムに入ると、グルーデンは1998年(※最初にグルーデンがレイダーズのヘッドコーチになった)のチームスピリットを再び取り入れたかのように、RBマショーン・リンチを多用したラン中心の組み立てをした。リンチはゲームを通じて活躍していたが、オーバータイムでの勝利を決めたドライブでもっとも輝いた。

 

What a roller coaster of a game. Riding the wave of hype and momentum, Baker Mayfield threw a pick six early in the contest to quell that energy. Cleveland then responded by taking a 10-point lead, then a 14-point lead, to which Oakland replied with 20 unanswered points of its own. Cleveland had another response, taking a 42-34 lead and appearing to gain a first down to seal the game, save for a few kneel-downs. Then, a very questionable replay review overturned the intial spot, changing the down and distance from first-and-10 to fourth-and-1. Cleveland punted, Oakland ended up scoring and converting the two-point attempt and the game went into overtime, where the Raiders eventually won via a Matt McCrane field goal. 

 

ジェットコースターのようなゲームだった。上昇気流に乗っていたはずのQBベイカー・メイフィールドだが、ゲーム序盤でインターセプトを投げ、相手ディフェンスにタッチダウンを許してしまう。クリーブランドはそれを取り返してリードを14点まで広げたが、そこから20点連続で奪われる。そしてそれも跳ね返して42対34として攻撃権を得て、あとファーストダウン1回更新まで勝利に迫った。

そこで、かなり疑問を残した判定があった。リプレーでボールの位置が訂正され、ファーストダウンのはずが4th&1に変わってしまったのだ。クリーブランドはパントを余儀なくされ、オークランドは次のドライブをタッチダウンと2ポイントコンバージョン成功に結びつけ、試合はオーバータイムに持ち込まれた。そこでレイダーズはKマット・マクレインのフィールドゴールで勝利を手にした。

 

The overturned spot was one of a few bad calls. Marshawn Lynch had a run that looked incredibly likely to go the distance early in the game and was ruled down, when it appeared as though he wasn't. Cleveland had what should have been a sack and fumble blown dead by an official who deemed Carr within the defender's grasp, though no defender grasped Carr until he had the ball knocked out. In all, it was a wild game in which Oakland took advantage of the opportunities it was granted, while Cleveland largely didn't. That last call will linger in the minds of the Browns for some time, though.

 

ボールの位置の訂正以外にも、疑問の残る判定はいくつかあった。マショーン・リンチが相当な距離をゲインできそうな突破を見せた場面で、ダウンバイコンタクトでプレーを止めた判定があったが、映像ではダウンには見えなかった。また、クリーブランドがサックとファンブルフォースを決めたように見えた場面では、ディフェンダーがQBカーを捕まえたと見て(※フォワードプログレスの判定で)プレーを止めたが、実際にはボールが掻き出されるまでどのディフェンダーもカーをつかんでいなかった。

ようするに、そういったいくつかの荒れた要素をオークランドが味方につけ、クリーブランドはそうできなかったゲームと言える。とは言え、オーバータイムに入る前の判定は、ブラウンズはしばらくの間頭から離れないだろう。

(スポンサーリンク)

 

 


New England Patriots 38, Miami Dolphins 7
ペイトリオッツ38-ドルフィンズ7

 

Frank Gore reached pay dirt in garbage time to spoil New England's shutout bid, but Miami had already waved the surrender flag with 10 minutes remaining in the fourth quarter when backup Brock Osweiler replaced Ryan Tannehill in a 38-0 whitewashing. At that point in the game, Patriots rookie running back Sony Michel had more rushing yards than the entire Dolphins offense had total yards. After watching their pedestrian receivers fail to get open the past couple of weeks, the Pats unveiled a ground 'n' pound attack that forced the Dolphins' disruptive defensive line to concentrate on the run rather than the pass. Michel and James White combined for 224 yards from scrimmage on 41 touches as the engine that made Tom Brady's offense go.


ガーベジタイムにRBフランクゴアによってニューイングランドの完封は防いだものの、マイアミは38対0で迎えた残り10分ですでに白旗をあげて、控えQBのブロック・オスワイラーに先発QBライアン・タネヒルのリリーフをさせていた。その時点で、ペイトリオッツの新人RBソニー・ミシェルの獲得ヤードは、ドルフィンズのオフェンス全体の獲得ヤードを上回っていた。

過去2週間のゲームで、オープンになれていなかったWR陣の不出来もあり、ペイトリオッツはランアタックを重視。ドルフィンズにランディフェンスに集中させることを強いた。ミシャルとRBジェームズ・ホワイトはあわせて41回のタッチで224ヤードをスクリメージから獲得。QBブレイディ率いるオフェンスを活性化させた。

 

Were the Patriots' 449 yards of offense a sign that the early-season woes are in the rear-view mirror or merely the byproduct of a brilliant game plan to exploit an opponent's weaknesses? We would lean toward the latter. Although a more confident Michel ran through big holes to notch his first career touchdown en route to his first 100-yard performance, he has yet to regain the elusiveness he flashed at Georgia. Cordarrelle Patterson took advantage of busted coverage on a pick play for his 55-yard score. Phillip Dorsett came through with a nice touchdown catch of his own, but also dropped Tom Brady's best throw of the afternoon. Playing on a tender hamstring and still getting up to speed on the Patriots offense, Josh Gordon reeled in his lone two targets for 32 yards. Rob Gronkowski caught four of seven targets for 44 yards before exiting with an ankle injury late in the third quarter. Will the All-Pro tight end be ready to face the Colts on a short week? Much to Brady's relief, possession receiver Julian Edelman should be available after serving his four-game suspension.

 

ペイトリオッツオフェンスは、449ヤードのパフォーマンスで、ペイトリオッツはシーズン序盤の苦境から脱したと言えるだろうか? それとも、相手の弱点を突くゲームプランが奏功しただけで、まだ安心できない状況だろうか? おそらく後者だろう。

キャリア初の100ヤード以上獲得とタッチダウンによってミシェルへの信頼は高まったものの、まだミシェルはジョージアで見せたカレッジ時代の身のこなし(タックルをかわす能力)を取り戻したとは言えない。

WRコーデラル・パターソンは相手守備カバーのほころびを突いて55ヤードのタッチダウンを決めた。WRフィリップ・ドーセットはすばらしいタッチダウンレシーブを見せたが、同時にブレイディのこの日ベストのパスを落球している。ハムストリングのけがをかばいながらのプレーとなったWRジョシュ・ゴードンはペイトリオッツのオフェンスを急いで習得中だが、2回投げられたパスを2回ともキャッチして32ヤードを獲得。

TEロブ・グロンカウスキーは7本中4本をキャッチし44ヤード獲得。足首のけがによって3Qで退いた。オールプロTEは、TNFで準備期間が短いコルツ戦に出場できるだろうか?

ブレイディにとっての安心材料は、サードダウンで頼れるWRジュリアン・エデルマンが、4試合の出場停止を終えチームに戻ってくることだ。

(スポンサーリンク)

 

 

鯖缶コメント:ペイトリオッツはweek3はアウェイで完敗、week4はホームで完勝でしたが、week4他の試合は接戦が多かったですね。推しチームが負けたファンはどっと疲れたかもしれません。

連続して強敵を破ったタイタンズ、快勝したベアーズ、1勝目を何とかして挙げたレイダーズ、テキサンズ。目を離せないチームばかりで、ますます盛り上がりそうです。引き続き、注目していきましょう。

他の試合のレビューも載っていますので、ぜひ元記事もチェックしてみてください。