鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLweek6レビュー(チーフス@ペイトリオッツ、ジャガーズ@カウボーイズ、ベアーズ@ドルフィンズ)

(スポンサーリンク)

week6まで終わりました。「ラムズ以外は混戦」というのが現在のリーグ状況でしょうか。例えば、1勝5敗のコルツでも、AFC南の地区トップまでは2ゲーム差。不調のチームは意地を見せられるか、踏ん張りどころのリーグ中盤戦です。

NFLオフィシャルのweek6のレビュー記事を見ながら、3試合を振り返りましょう。

 

www.nfl.com

(この記事から、一部を紹介します。以下の英文は、引用したものです)


New England Patriots 43, Kansas City Chiefs 40
ペイトリオッツ43 - チーフス40

In a clash between quarterbacks of football present and yet to come, Tom Brady had the ball last, and his Pats had the last laugh. But not before Patrick Mahomes' Chiefs almost made history. Down 15 points at halftime, Kansas City came all the way back to take a 33-30 lead early in the fourth quarter, threatening to break the Patriots' 88-game winning streak when leading by 14 or more points at the half. New England regained a seven-point lead after two scoring drives, only for the Chiefs to tie the contest at 40 on a 75-yard Mahomes-to-Tyreek Hill bomb on the first play of the next drive. But Kansas City left three minutes on the clock, way too much time for the most clutch quarterback of all time to march down the field to ice the victory.

QBの「現在」と「未来」の対決となったこの試合で、最後にボールを保持していたのはトム・ブレイディで、最後に笑ったのは彼のチームだった。しかしそれは、パトリック・マホームズが歴史を作るのをあやうく許しかけた末の勝利だった。

 

15点ビハインドでハーフタイムを迎えたチーフスだったが、4Qの早めの時間には33対30と一時は逆転に成功。「14点差以上リードして前半を終えた場合は88連勝」というペイトリオッツの記録を終われせるかというところまで迫った。


ニューイングランドはその後2回のドライブで得点し、7点のリードを奪い返すも、チーフスは次のドライブの最初のプレーで、マホームズからWRタイリーク・ヒルへ75ヤードの一発ロングパスで追いつき、試合は40対40。

 

しかしカンザスシティが残したのは3分。リーグ史上最高のクラッチタイムQBがオフェンスを進軍させ勝利を手中に収めるには十分すぎる時間だった。

 

Brady, who logged career win No. 200, did just that. In five plays -- a Julian Edelman sweep, two short Sony Michel runs, a James White catch-and-run, the elusive Rob Gronkowski chunk play -- New England marched 65 yards down the field to set up Stephen Gostkowski's game-winning 28-yard field goal. The loss knocked Kansas City for the ranks of the undefeated and re-cemented New England as a favorite to come out of the AFC. If we're lucky, these two teams will meet again in January. The way both clubs played Sunday evening, that's a very real possibility.

 

この試合でレギュラーシーズン通算200勝を飾ったブレイディが導いたドライブはこうだ。5回のプレー。つまり、WRジュリアン・エデルマンへのスイープ、RBソニー・ミシェルの短いラン2回、RBジェームズ・ホワイトのキャッチアンドラン、タックルで簡単に倒れないTEロブ・グロンカウスキーへのパス。それでニューイングランドは65ヤード進み、キッカー、ステファン・ゴスカウスキーの28ヤード決勝FGへとつなげた。

 

この敗戦で、カンザスシティの今季ここまでの連勝は止まり、ニューイングランドはAFCの本命に返り咲いた格好だ。もしNFLファンが幸運なら、この両チームは1月に再戦するだろう。両者がサンデーナイトで見せたような戦いを維持できれば、十分に起こり得るシナリオだ。

(スポンサーリンク)

 


Dallas Cowboys 40, Jacksonville Jaguars 7
カウボーイズ40 - ジャガーズ7

Sunday's matchup was basically over after the first half, as the Cowboys dominated the Jaguars en route to a 24-0 halftime lead. Through the first two quarters, the Cowboys produced 17 first downs compared to the Jaguars' three. The Cowboys also totaled 251 net yards of offense, while the Jaguars managed just 64 total yards.

When the dust settled, the Cowboys produced head-turning numbers against the vaunted Jaguars defense. The Cowboys entered Week 6 ranked 30th in the league in scoring, averaging 16.6 points per game, but scored a season-high 40 points. The Jaguars ranked first in total defense (292.2 yards per game), but allowed the Cowboys to amass 378 yards. Dallas also ran a season-high 72 offensive plays, converted 7 of 17 third down attempts, produced 23 first downs and commanded time of possession, holding the ball 38:55 to Jacksonville's 21:05.

 

この試合は、カウボーイがゲームを支配して24対0とシードした前半で、実質的には勝負がついてしまった。前半をとおして、カウボーイズは17回のファーストダウン更新に対し、ジャガーズは3回のみ。カウボーイズは251ヤードを獲得した一方で、ジャガーズは64ヤードのみだった。

 

守備が自慢のジャガーズに対して、カウボーイズは驚くべきスタッツを稼いだと言える。week6に入る時点で、カウボーイズの得点は1試合平均で16.6点でリーグ30位だったのに、この試合では今季最高の40点を挙げた。ジャガーズはトータルディフェンス(相手チームに許した獲得ヤード)でリーグ1位(1試合平均292.2ヤード)だったのに、このゲームではカウボーイズに378ヤードを許した。

 

ダラスは今季最高の72回の攻撃、17回中7回サードダウンコンバージョン成功、23回のファーストダウン更新、ポゼッションタイムで試合を支配し、ジャクソンビルの21分05秒に対し38分55秒攻撃権を保持した。

(スポンサーリンク)

 

 

Miami Dolphins 31, Chicago Bears 28 (OT)
ドルフィンズ31 - ベアーズ28(オーバータイム)

Jason Sanders nailed a 47-yard field goal as time expired in overtime to give the Miami Dolphins a magical victory in a game it felt they'd lost multiple times. Adam Gase's team gave up three straight touchdowns to open the second half, putting Miami down by double-digits in the blink of an eye. After battling back to tie the game, the Dolphins drove to the 1-yard-line on the opening possession of OT (after a wacky long completion to Kenny Stills that went off the back of a Bears defender, and big runs from Frank Gore). Running back Kenyan Drake then lost the ball diving into the end zone for a turnover. Chicago, however, missed a subsequent 53-yard field goal after Matt Nagy played for a long attempt, setting up the Dolphins last-second win. The Dolphins got outplayed for long stretches, but made their own luck, forcing a goal-line fumble, a red zone interception, and enough YAC to feed a third-world country. It wasn't pretty, but with a backup quarterback, Gase will cherish a home win to move to 4-2 in the AFC East.

オーバータイムの終了時と同時に、キッカーのジェイソン・サンダーズが47ヤードのFGを決め、この試合、何度か負けを覚悟したマイアミ・ドルフィンズが、最後には奇跡的な勝利を手にした。

 

ヘッドコーチ、アダム・ゲイス率いるドルフィンズは後半になってから3連続でベアーズにタッチダウンを許し、あっという間に2ケタの点差をつけられた。なんとかして試合をタイに戻してオーバータイムに持ち込むと、オーバータイム最初のポゼッションで敵陣1ヤードまで(WRケニー・スティルスがベアーズのディフェンダーが弾いたボールを捕ったラッキーなレシーブと、RBフランク・ゴアの大きなランで)攻め込んだ。そこで、RBケニアン・ドレイクがエンドゾーンに飛び込もうとした時にファンブルしターンオーバー。ヘッドコーチ、マット・ナギー率いるシカゴは次の攻撃で53ヤードのFGに勝利を賭けるも決められず、ドルフィンズに勝ちを譲ってしまった。

 

試合内容では、多くの時間でベアーズが上回っていたが、ドルフィンズはツキと、ゴールライン寸前でのファンブルフォース、レッドゾーンでのインターセプト、そして第3世界の国に食糧を行き渡らせるほどのヤード・アフター・キャッチで挽回した。

 

美しい勝利ではなかったが、控えQB(ブロック・オズワイラー)でホームでの戦いに勝ち、ドルフィンズは4勝2敗となった。

 

(スポンサーリンク)

 

鯖缶コメント:ペイトリオッツ対チーフスは特に後半、「大味な試合」とも思えなくもありませんでしたが、やはり最後まで接戦で興奮しました。ドルフィンズ対ベアーズは、ベアーズが勝ちを逃したような内容とも言えますが、「運命の残酷さ」「運命の皮肉」を味わえるアメフトならではの試合でした。引き続き、手に汗握る戦いが続きそうです。

 

元記事では、日曜の各試合をレビューしていますので、ぜひチェックしてみてください。