鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLweek7レビュー(セインツ@レイブンズ、ペイトリオッツ@ベアーズ)

(スポンサーリンク)

week7まで終わりました。トレードのデッドラインも近づき、いくつか大きなトレードが見出しを飾っています。シーズン後半に向けどんなドラマが見られるのでしょうか?

NFLオフィシャルより、week7のレビュー記事を紹介しますので、チェックしていきましょう。

 

www.nfl.com

(この記事から、一部を紹介します。以下の英文は、引用したものです。)

 

New Orleans Saints 24, Baltimore Ravens 23
セインツ24 - レイブンズ23

Sunday's matchup featured the league's top scoring offense against the top defense, and the game came as advertised with a hard-fought battle on both sides. The Saints, however, came out on top after putting up 24 points and surviving Ravens kicker Justin Tucker's first career missed extra point in the waning seconds of the game. The 24 points scored by the Saints represent the most the Ravens have allowed since the Cincinnati Bengals scored 34 in Week 2. The Ravens entered the day allowing just 12.8 points per game.

この試合は、リーグ最高の得点力のオフェンスと最高のディフェンスの対決で、前評判どおりの激しい戦いになった。セインツはなんとか24点を取り、レイブンズのキッカー、ジャスティン・タッカーのキャリア初のエクストラポイントキック失敗に助けられ薄氷の勝利をつかんだ。

 

セインツが挙げた24点は、week2でレイブンズがベンガルズに許した34点以来の高得点だ、レイブンズは、この試合に入るまで1試合平均の失点がわずか12.8点だった。

 

Quarterback Drew Brees led the charge, completing 22 of 30 passes for 212 yards and two touchdowns as the Saints improved to 5-1, winning five straight games. Sunday proved historical for Brees as he entered the game with 499 career touchdown passes. Brees joined the NFL's exclusive 500 career touchdown club in the second quarter on a 1-yard TD pass to tight end Benjamin Watson, then added a 5-yard scoring strike to wide receiver Michael Thomas in the fourth quarter.

Brees, who now has 501 career touchdown passes, became the fourth quarterback in league history to join the 500 Club along with Peyton Manning (539), Hall of Famer Brett Favre (508) and Tom Brady (504). With the win against the Ravens, Brees also became the third quarterback in league history to defeat all 32 teams, a feat previously accomplished by Manning and Favre.

 
攻撃を率いたQBドリュー・ブリーズは、パス30回投げて22回を成功し、212ヤード、2タッチダウン。セインツは5連勝で今季成績を5勝1敗とした。

 

ブリーズはキャリア通算499タッチダウンでこの試合に入り、TEベンジャミン・ワトソンへの1ヤードのTDパスが通算500本目となった。2つ目のTDパスは、4QにWRマイケル・トーマスに投げた5ヤードのパスだ。

 

ブリーズはこれで通算501TDパス成功となり、NFL史上4人目の500TD以上の選手となった。今までの達成者は、ペイトン・マニング(539)、殿堂入り選手のブレット・ファーブ(508)、そしてトム・ブレイディ(504)。また、ブリーズはレイブンズ戦の勝利によって、リーグ史上3人目の「全32チームに勝利」したQBとなった。以前の達成者はマニングとファーブだ。

 

While he fumbled at the Ravens' 6-yard line, Saints backup quarterback Taysom Hill continues to prove he is 100 percent a football player, not a gadget player. The Saints look to utilize Hill in a variety of offensive packages, including lining up as a tight end to block.

All Hill does is produce, either taking snaps and running or getting down the field on special teams. Against the Ravens, Hill gained 35 yards rushing on six carries and produced two tackles while covering kicks. Hill has the full trust of Saints head coach Sean Payton. And it's a virtual certainty Payton, one of the league's brightest offensive-minded coaches, will continue to seek ways to work in Hill on any give play.

 

(ゲーム最初のドライブで)レイブンズ陣内に攻め入って残り6ヤード時点でのファンブルはあったものの(ヒルからカマラへトスしたが、結果手につかず、レイブンズがリカバー)、控えQBテイサム・ヒルは、自身がただのガジェットプレーヤーではなく、100%のフットボールプレーヤーであることの証明をこの試合でも続けた。

 

セインツはヒルを多様なオフェンスパッケージで起用。TEとしてブロックを任せるスナップもあった。オフェンスでスナップを受けて走る場合も、スペシャルチームでの出場でも、ヒルはしっかりと結果を残している。この試合では、6回のキャリーで35ヤードのラッシングヤードを獲得し、キックオフカバレッジでは2つのタックルを決めた。

 

ヘッドコーチ、ショーンペイトンはヒルに全幅の信頼を置いている。リーグ屈指のオフェンスの名コーチであるペイトンが、ヒルにあらゆる起用法を考え、機会を与え続けるのは間違いないだろう。

 

(スポンサーリンク)

 


New England Patriots 38, Chicago Bears 31
ペイトリオッツ38 - ベアーズ31


Down 38-31 with two seconds remaining, Mitch Trubisky needed a 55-yard Hail Mary to force overtime. A back-from-the-wilderness Kevin White corralled Trubisky's 54-yard rainbow only to be tackled by a swarm of Patriots just shy of the goal-line. It was that kind of day for Trubisky, who did more damage with his legs than his scattershot arm. Even though the Patriots defense made his scrambling ability a focal point all week, Trubisky improvised his way to 81 rushing yards, the second-most by a quarterback versus New England in the Bill Belichick era. In true Trubisky style, the box score belies his erratic ball placement, perhaps best exemplified by Jonathan Jones' one-handed interception on a pass that might have gone for a long touchdown had it not been slightly underthrown to rookie Anthony Miller inside the Patriots' 5-yard line.


38対31の7点ビハインドで試合残り2秒。オーバータイムに持ち込むためには、QBミッチ・トゥルビスキーは55ヤードのヘイル・メリーを成功させることが求められていた。WRケビン・ホワイトはトゥルビスキーの54ヤードのロングパスをキャッチしたが、ペイトリオッツのディフェンダーたちにその場で囲まれてタックルされ、わずかにゴールラインには届かなかった。


トゥルビスキーにとっても惜しい試合だった。彼はパスよりも自らのランでペイトリオッツにダメージを与えた。ペイトリオッツは彼のスクランブルを最大の脅威として1週間対策してきたはずだが、それでもトゥルビスキーはプレーの崩れた状況での即興的な判断で合計81ヤードをランでゲイン。これは、ビル・ベリチック時代のペイトリオッツが、相手QBに許したラッシングヤードで2番目の数字である。

 

結果だけを見るとトゥルビスキーの出来は悪くなかったように思えるが、実際のところ彼のパスのコントロールは不安定だった。最も顕著な例としては、CBジョナサン・ジョーンズにワンハンドでインターセプトされたパスで、あとほんの少し長めに投げられていたら、ペイトリオッツ陣内5ヤードの時点にいたWRアンソニー・ミラーに通ってタッチダウンになったはずだった。


Chicago's defense and special teams will have to shoulder their fair share of the blame as well. After dominating the season's first month, the Bears have allowed 69 points to the Patriots and Dolphins over the past two weeks. With all-world edge rusher Khalil Mack playing through an ankle injury, this formerly stingy unit simply can't get off the field in key situations. Might the coaching staff take a chance on resting Mack with the sluggish offenses of the Jets and Bills on the horizon?

シカゴのディフェンスとスペシャルチームにも、同様に敗戦の責任があるだろう。今季の最初の1ヵ月で圧倒的な力を見せてきたが、その後の2週間、ドルフィンズとペイトリオッツの2戦合計で69失点した。

 

世界一クラスのエッジラッシャーであるカリル・マックは足首のけがを押してのプレーで、ベアーズのディフェンスは重要な場面で以前の迫力不足の姿に戻ってしまった。ベアーズの対戦相手はオフェンスが不振のジェッツとビルズが続く。コーチ陣は、マックを休ませることを試してもいいかもしれない。

 

Thanks to strong special teams play, the Patriots overcame a pair of lost fumbles by Cordarrelle Patterson and Sony Michel that placed them in a 17-7 hole early in the second quarter. Patterson quickly earned redemption with a 95-yard kickoff return, the sixth such touchdown of the return ace's career. Linebacker Kyle Van Noy broke a 24-24 tie in the middle of the third quarter, scooping up Dont'a Hightower's blocked punt for New England's first touchdown of that nature since 1996. Due in large part to the special teams scores, the Patriots reached at least 21 points by halftime and 38 points total for the fourth consecutive game -- the latter figure setting a new franchise record. This is an injury-ravaged offense yet to click on all cylinders, but the team is finding ways to move the chains, generate big plays and outscore opponents on a weekly basis. The Pats travel to Buffalo for a date with the reeling Bills before hosting Aaron Rodgers and the Packers in Week 9.

WRコーデラル・パターソンとRBソニー・ミシェルのファンブルがもたらした、2Qで17対7と10点ビハインドの状況を、ペイトリオッツはスペシャルチームの強力なプレーで取り返した。

 

パターソンは95ヤードのキックオフリターンを見せ、自身のキャリアで6つ目のリターンタッチダウンで汚名返上。3Q半ばには、LBダンテ・ハイタワーがパントをブロックし、それをLBカイル・バンノイが拾い上げてタッチダウンに持ち込み、21対21の状況からリードを奪った。パントブロック・リターンタッチダウンは球団史上1996年以来だ。

 

これらの得点のおかげもあり、ペイトリオッツは前半21点以上、試合合計で38点以上を挙げた試合が4試合続いたことになる。4試合連続の38点以上は球団記録だ。

 

けが人も多く出ている、本調子とまでは言えない状況のオフェンス陣だが、それでもペイトリオッツはファーストダウンを更新する手段を見つけ、ビッグプレーを決め、対戦相手を上回る得点を毎週挙げている。ペイトリオッツは翌週バッファローに乗り込み不調のビルズと対戦。week9ではホームに戻り、QBアーロン・ロジャースのいるパッカーズを迎え撃つこととなる。

(スポンサーリンク)

 

 

鯖缶コメント:レイブンズ対セインツは見ごたえのあるゲームでした。セインツはブリーズがボールを動かし、紹介した記事にもあるとおりに控えQBのテイサム・ヒルを様々なプレーで使うアグレッシブなオフェンスを展開。それでもレイブンズは簡単には得点を許さず、僅差での決着となりました。ジャスティン・タッカーのまさかのミスでの決着も、ある意味勝負の非情さを感じて盛り上がります。(ファンにとっては辛い負け方ですが・・・)

 

ベアーズ対ペイトリオッツは「不思議な試合」。大きなミスのあったペイトリオッツが気づけばリードして前半を終えたのも不思議ですし、トゥルビスキーの簡単にインターセプトというパスをペイトリオッツのディフェンスは2~3本落として、かなり難しいインターセプトは逆に成功。パントブロックも出て安全に勝てる点差になったはずが、ブレイディが不用意なパスで被インターセプト。最後にはボール2つ分ぐらいまで迫られてのギリギリの勝利、という。これも、展開の読めないNFLならではの試合に思えて、おおいに楽しめました。

 

引用元の記事では、この2試合以外もレビューしていますので、ぜひチェックしてみてください!

 

(スポンサーリンク)