鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLweek8レビュー(セインツ@バイキングス、パッカーズ@ラムズ)

(スポンサーリンク)

もうweek8までスケジュールが消化されました。すでにレギュラーシーズンの半分が終わってしまうかと思うと淋しい気もしますが、リーグ自体はますます盛り上がってくるところです。

前半戦の驚きとしてはやはりパトリック・マホームズのブレイクと、高かった前評判をさらに上回る強さを見せているラムズでしょうか。

NFLオフィシャルサイトの記事を見ながら、week8の試合を振り返りましょう。

 

www.nfl.com

(この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです。)


New Orleans Saints 30, Minnesota Vikings 20
セインツ30 - バイキングス20

Minnesota couldn't muster any miracles this time around. In their first nationally televised home game since the Minneapolis Miracle victory over New Orleans in last year's Divisional Round, the Vikings got out to a first-half lead over the Saints, but were undone by turnovers on either side of the half and surrendered momentum, the lead and the game in quick succession to New Orleans. Up 13-10 and driving at the end of the first half, the sure-handed Adam Thielen fumbled in the red zone, and New Orleans turned that turnover into seven points within two plays. Minnesota never recovered from Thielen's fumble and scored just once in the second half. The game was officially salted away when Kirk Cousins tossed a pick-six in his own territory, handing the Saints a two-score lead it would not relinquish. Whereas the Saints, paced by Alvin Kamara and Mark Ingram's ground attack, took advantage of their second-half opportunities to extend the lead, Cousins' Vikings didn't rise to the moment as they had nine months ago when Case Keenum was under center. Whether it was due to poor decision-making, offensive-line play, balance or all of the above, Minnesota shrunk in prime time, playing not to lose and eventually doing just that.

この試合では、ミネソタはミラクルを何も引き寄せられなかった。昨季プレーオフのディビジョナルラウンド、「ミネアポリスの奇跡」でセインツを破り、それ以来の全米中継のホームゲームとなったバイキングス。しかし、序盤こそリードするも、前後半で犯したターンオーバーでスコアとモメンタムを明け渡してしまった。

 

13-10でバイキングスがリードした前半最後のドライブ。レッドゾーンまで持ち込むも、シュアハンドのはずのWRアダム・シーレンがファンブル。ボールを得たニューオリンズは2プレーでタッチダウン、7点を獲得した。バイキングスは、ここで逆転され、最後までこのミスを帳消しにすることはできなかった。

 

ゲームが決定づけられたのは、QBカーク・カズンズのパスが自陣でインターセプトされ、そのままリターンタッチダウンされた場面だ。これにより2スコア差となり、セインツを相手に逆転は難しくなった。セインツはRBアルビン・カマラとRBマーク・イングラムが攻撃を牽引し、チャンスで得点を重ねてリードを広げた。

 

9ヵ月前、QBケース・キーナムが率いた逆転劇を、カズンズは再現することはできなかった。敗因は判断ミスか、オフェンスラインか、ランとパスのバランスなのか、それともそのすべてか。いずれにせよ、ミネソタはプライムタイムの試合で縮こまり、「負けないようにプレー」したが実際には敗れた。

 

The Saints didn't need a bravura performance from Brees to silence Minnesota in the second half. That responsibility fell to Kamara and Ingram, the recently reunited RB tandem who played keep away from the Vikings with 168 total yards on 36 touches. Their punishing one-two punch proved pivotal on a 15-play, eight-minute field-goal drive straddling the third and fourth quarters on which the duo picked up three of New Orleans' six first downs. The Saints are a perfect 3-0 since Ingram returned from suspension. Meanwhile, Brees, in the midst of an MVP season, was forced to throw for just 120 yards, his lowest output as a Saint in a game in which he started and finished. In fact, the longest pass of the play belonged to Taysom Hill, who split time under center and at tight end Sunday night. At one point, Brees, Hill and Teddy Bridgewater were all on the field for a play. The Saints are playing loose, and they deserve to. New Orleans has won six straight since losing their home opener and have defeated three consecutive division contenders (WAS, BAL, MIN). Another playoff hopeful awaits next week. The undefeated Rams are coming to the Bayou with NFC supremacy on the line.

セインツは、ブリーズの華麗なプレーを特に出さなくても、後半バイキングスを沈黙させた。その役を担ったのはカマラとイングラムだ。最近タンデムを復活させた2人は、2人合計で36タッチ168ヤードを獲得し、バイキングスを突き放した。

 

3Qから4Qにかけて15プレー、8分をかけてFGにつなげたドライブでも、この「ワンツーパンチ」は重要な役割を果たした。ニューオリンズの6つのファーストダウン更新のうち3つは、この2人によるものだ。セインツは、イングラムが出場停止からチームに戻って以来3勝0敗。

 

MVPクラスの活躍を見せてきているブリーズだが、このゲームでは120ヤードしか投げる必要がなかった。これは、彼がセインツで最初から最後までプレーした試合の中で最小の記録だ。事実、この試合で一番長いパスを投げたのは(控えQBの)テイサム・ヒルで、彼はQBでもTEでも出場した。1つのスナップでは、ブリーズとヒルとテディ・ブリッジウォーターが同時に出場するシーンもあった。

 

セインツは余裕を持ってプレーをし、それに値するチーム力を持っている。ニューオリンズは開幕で負けたが2戦目以降6連勝。倒した相手には、他地区の本命チームが3つ(ワシントン、ボルティモア、ミネソタ)もあった。来週もプレーオフに望みのあるチームとの対戦だ。今季無敗のラムズをニューオリンズのホームで迎え撃つ。NFCの覇権が懸かる1戦だ。

(スポンサーリンク)

 


Los Angeles Rams 29, Green Bay Packers 27
ラムズ29 - パッカーズ 27

A battle between two NFC heavyweights lived up to the hype in a back-and-forth affair at the L.A. Coliseum. Characterized by lulls and explosions by each offense, Aaron Rodgers and Jared Goff matched score for score in the second half. The Rams got off to a slow start, facing their largest deficit of the season, trailing 10-0 in the second quarter. L.A. responded with a 23-3 scoring run to take a 23-13 lead before Rodgers and Packers' offense got back on track. ARod's 40-yard touchdown shot to Marquez Valdes-Scantling gave Green Bay the lead 27-26 midway through the fourth quarter. However, a bad Packers punt gave the Rams great field position to kick a go-ahead field goal with 2 minutes remaining.

The world was waiting for Rodgers to do what he does and burn the opponent for leaving too much time on the clock. Instead, a Ty Montgomery fumble on the kickoff gave the Rams the ball and iced the game. Rodgers didn't get a shot to produce his magic. And the Rams remained the only undefeated team in the NFL.

 

NFCの有力2チームが、LAメモリアル・コロシアムでシーソーゲームを演じた。両チームのオフェンスには沈黙も爆発もあったが、後半QBアーロン・ロジャースとQBジャレッド・ゴフはスコアにはスコアを返して意地を見せ合った。

 

ラムズはこの試合スロースタートで、2Qの10-0の場面では、今季最大となる10点のビハインドを負った。しかしLAはそこから23-3の得点を挙げ、試合トータルで23-13とリード。

 

今度はロジャースとパッカーズが調子を取り戻した。Aロッドが40ヤードのパスをマルケス・バルデス・スキャットリングに通しタッチダウン。4Q半ばで27-26とリードを奪い返す。

 

そこでパッカーズは悪いパントがありラムズにうってつけのフィールドポジションを与えてしまう。ラムズはフィールドゴールを決めて残り2分となった。


「彼に時間を残しすぎた相手に対し、ロジャースがすること」を世界は待った。しかし実際に起こったのは、キックオフリターンでタイ・モンゴメリーがファンブルし、ラムズの勝利を確実にするシーンだった。ロジャーズは魔法を見せるチャンスを与えられず、ラムズは今季のNFLで唯一の無敗チームの立場を守った。

 

Special teams played a huge role for the Rams as the offense started slowly and the defense got burned by Rodgers at times. Punter Johnny Hekker tossed a first-down pass to Sam Shields early in the first half. Later, with the Rams still down 10-0, Hekker's perfect punt was downed by Shields on the 1-yard-line leading to a safety. The special teams play jumpstarted the Rams, who went on an offensive run. After generating just 89 yards on their first five series, L.A. went for 223 yards on their next four possessions to open a 10-point lead. Greg Zuerlein, returning from injury, went 2-for-2 on field goals, including the game-winner. And the kick coverage team forced the pivotal Montgomery fumble. Throughout the season, Sean McVay's undefeated team showed it can win with all three phases.


ラムズはオフェンスがスロースタートで、ディフェンスがロジャースに得点を許していた中で、スペシャルチームが大きな役割を果たした。

 

パンターのジョニー・ヘッカーはに1Qの始めにファーストダウン更新となるパスをサム・シールドに通し(フェイクパント成功)、その後は10対0でビハインドの時、完璧なパントを蹴った。敵陣1ヤード以内でボールを収めたのはサム・シールドだった。そして、これがセーフティへつながった。

 

スペシャルチームのプレーがラムズに火をつけ、オフェンスが波に乗った。最初の5回のドライブは合計で89ヤードだったのに対し、その後の4回のドライブは223ヤード進み、10点のリードを得た。

 

ケガから復帰したキッカーのグレッグ・ズーラインはフィールドゴールを、決勝ゴールも含めて2回中2回成功。キックカバレッジはモンゴメリーに致命的なファンブルをさせた。今季のラムズは、3つのフェーズ(攻撃、守備、スペシャルチーム)のどれによってもゲームは勝てることを示している。

(スポンサーリンク)

 


鯖缶コメント:シーズンの序盤にあまりにうまくいき過ぎるのも好調を維持するのが難しいものと思いますが、ラムズは地力もある感じがします。対するパッカーズも、負けたとは言えランもディフェンスもある程度機能し、「ロジャース頼み」だけではない印象でした。シーズン後半が楽しみです。


英文元記事では、他の試合も取り上げていますので、ぜひチェックしてみてください!