鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLパワーランキング(week11)

(スポンサーリンク)

今週も、パワーランキングの記事を拾い読みしていきましょう。各チームの状況を短くまとめながら、上り調子なのか、悪い流れなのか、野次馬気分で楽しめます。(NFLオフィシャルサイトの記事をチェックします)

 

www.nfl.com

(この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです。)


1位:セインツ(前回1位)

Is there still any doubt about New Orleans in the No. 1 slot? Immediately following an emotional win against a top-flight contender, the Saints went on the road and calmly blasted Cincinnati, 51-14. If there was any doubt early, it was quashed when Drew Brees and friends exploded for 28 unanswered points ... in the second quarter alone. The running backs put up three of those scores. In fact, Mark Ingram and Alvin Kamara were a handful all day -- until they weren't needed anymore (like at all in the fourth quarter). Ingram posed 162 scrimmage yards and a touch, while Kamara added 102 more and two scores of his own. Good grief. How do you stop these guys? Can you imagine if they had Dez?
ニューオリンズを1位にランクさせるのに、もう疑問を呈する人などいるだろうか? 優勝候補のライバルに勝った(※week9でラムズに勝利)次の週、アウェーでシンシナティと対戦し、51対14。冷静に吹き飛ばした。

セインツの強さに疑いがあったとしても、QBドリュー・ブリーズと彼の仲間は28点の連続得点でその疑いをひねり潰した。2Qだけで28点だ。4つのTDのうち、3つがRBによるもの。マーク・イングラムとアルビン・カマラは、常にディフェンスの手に余る存在だった。しかしそれも、3Qまでのこと。彼らは4Qには出る必要すらなかった。

 

イングラムはトータル162ヤードと1TD、カマラは102ヤードと2TDを獲得した。やれやれ、どうすれば彼らをとめられるんだ? もしデズが無事だったらと想像すると恐ろしい。(※大物WRデズ・ブライアントがセインツと契約するも、練習中にケガ。1試合も出られずにシーズンエンドになってしまいました)

(スポンサーリンク)

 

 

3位:ラムズ(前回4位)

An exciting win came with the proverbial rain cloud, as Cooper Kupp was lost for the season. The sophomore wideout made more strides this season, and had just returned from a knee problem a few weeks ago. His loss will be felt. Sunday felt too close for comfort against the rival Seahawks ( again), but ultimately, two timely defensive plays made the difference: Ndamukong Suh's and Aaron Donald's split sack on third-and-5 near the Rams' goal line, forcing a Seattle field goal; and Dante Fowler Jr.'s strip-sack/recovery to set up Brandin Cooks' score late in the fourth quarter. Of course, other than those two stanzas, Wade Phillips' defense got ripped again.

エキサイティングな勝利だったが、それは「ことわざ」のような暗雲をチームにもたらした。クーパー・カップがシーズンエンドの負傷である。今季躍進していた2年目のクーパー・カップは、数週間前に負ったヒザのケガから復帰したばかりだった。彼を失ったのは、チームにとっては痛手になるだろう。

 

同地区ライバルのシーホークスと対戦した日曜の試合は、またしても余裕を感じることは到底できない僅差の勝負となったが、しかし最後には、2つのタイムリーなディフェンスで違いを作り出した。自陣ゴールライン前で、ヌダムコン・スーとアーロン・ドナルドの2人でストリップサック、シーホークスをFGのみに抑えたシーンと、ダンテ・ファウラー・ジュニアがストリップ・サックを決め、ボールをリカバーし、ブランディン・クックスのTDのお膳立てをした4Qの場面。

 

それ以外の場面では、ウェイド・フィリップス(※ラムズDC)のディフェンスは、失点を重ねていたのは事実だが。


5位:ペイトリオッツ(前回2位)

As bad a midseason loss as we've see from the Patriots in a long time. This is typically the time of the season when New England imposes its will on foes. On Sunday, the offense couldn't pull out of neutral, managing just 284 total yards (way below the Pats' standard). The running game was especially putrid (40 yards on 19 carries), while the third-down conversion rate was a not-sterling 20 percent. Interesting nugget from NFL Research: Tom Brady went 1-for-6 against the blitz Sunday, taking three sacks. Over the last five games vs. the blitz, the Hall of Famer-to-be has completed 44.8 percent of his passes with a 56.4 passer rating. Sure, injuries up front have something to do with that. Look for New England to get healthier -- and better prepare to handle all these blitz packages -- during the bye week. Fantasy owners must have felt like this was the Patriots' bye week.

近年のペイトリオッツのミッドシーズンでは、最悪レベルの負け方だった。例年なら、自らのペースで戦い、相手に力を出させないのが、この季節のニューイングランドだったのだが。

 

日曜のゲームで、ペイトリオッツのオフェンスは、凡庸の域を出ることがなかった。トータルでなんとか284ヤードを獲得するにとどまった(ペイトリオッツとしては相当低い数字だ)。特にランゲームはお粗末で(19キャリーで40ヤード)、サードダウン・コンバージョン率は20%だった。


NFL Researchから、興味深いスタッツが出ている。QBトム・ブレイディはこの試合でブリッツを受けた際はパスは6回中1回のみ成功で被サックは3。直近の5試合では、ブリッツを受けた際には44.8%のパス成功率で、パサーレーティング56.4だ。ニューイングランドとしては、バイウィークの間にケガの回復とブリッツパッケージへの対策を期待しよう。

 

ファンタジーフットボールでペイトリオッツの選手を起用した人たちにとっては、この日曜もバイウィークに等しく感じたに違いないだろうが。


6位:スティーラーズ(前回7位)

There is no doubt that Ben Roethlisberger has absorbed as many critical comments as he has knockdowns over the last few years. Whether it's because of poor performances versus lesser opponents on the road, or because he hasn't won the Super Bowl in 10 years, or it's personality-driven, Big Ben is not held in the same regard as Tom Brady, Aaron Rodgers or Drew Brees. Yet, his performance this season, especially on Thursday night, only solidifies his Hall of Fame probability. Roethlisberger went 22-of-25 for 328 yards, five touchdowns and no picks. In prime-time games since 2014, he has now chucked 51 touchdowns against 11 interceptions with a 110.3 passer rating. Meanwhile, the Steelers have gone 17-4 in prime time during that same time frame, while averaging 30.3 points per game. Make no mistake: These guys are contenders again.

QBベン・ロスリスバーガーが、負ける度に受けてきた過去数年の批判を、黙らせる活躍を見せているのは明白だ。アウェーでは力の劣るチームにもパフォーマンスを落としたり、最後にスーパーボウルを制して(※2008年シーズン)から10年経っていたり、あるいはパーソナリティが理由でなのか、ビッグベンはトム・ブレイディ、アーロン・ロジャース、ドリュー・ブリーズと同じ尊敬を受けてきたとは言えない。


しかし、今季は素晴らしい活躍で、特にこのサーズデーナイトでのパフォーマンスは、彼の殿堂入りの可能性は増すばかりだった。ロスリスバーガーは25本中22本のパス成功で328ヤード。5TDでインターセプトなし。2014年以来のプライムタイムゲームでは、51TDで11INT、パサーレーティングは110.3だ。この期間は、チームとしてもスティーラーズはプライムタイムに戦うと17勝4敗。1試合平均で30.3得点を挙げている。

 

さあ、スティーラーズが優勝候補の地位に帰ってきた。


14位:タイタンズ(前回18位)

"That's what happens when you go cheap. You get your ass kicked." Dion Lewis didn't mince words. But his defense did make mincemeat of the Patriots' attack, disguising coverages and blitzes and doing anything it could to, as Mike Vrabel would suggest after the game, not let Tom Brady go to his first read. The Titans sacked the premier quarterback in NFL history three times while keeping Brady and his receivers out of the end zone.

「ケチケチしてると、こういうことになる。痛い目に遭うのさ」ディオン・ルイスは試合後、はっきりと言った(※)。

 

タイタンズのディフェンスは、カバレッジのディスガイズや、ブリッツや、あらゆる手段で、ペイトリオッツの攻撃を粉砕した。ヘッドコーチのマイク・ブレイベルが試合後に語ったように、トム・ブレイディの読みを外し続けた。タイタンズはトム・ブレイディを3度サックし、WRへのタッチダウンパスを1度も許さなかった。

(※訳注:didn't mince words=歯に衣を着せずに言う。 minceは「肉を細かく刻む、ミンチにする」の意味で、ルイスは自分の言葉をミンチにしなかったけど、タイタンズのディフェンスはペイトリオッツの攻撃をミンチにした、とつなげています)

 

The win was also relevant for all the fellas in Tennessee who once collected checks from Bob Kraft: Vrabel, GM Jon Robinson, CBs Logan Ryan and Malcolm Butler and DC Dean Pees. The latter's game plan was an absolute masterpiece, perhaps the best-written item in Nashville since Waylon, Willie and the boys were cutting albums.

タイタンズの勝利に貢献したのは、かつてペイトリオッツのオーナー、ロバート・クラフトから給料の支払いを受けていた選手やコーチたちだ。ブレイベル、GMのジョン・ロビンソン(※ペイトリオッツでスカウトを務めた)、CBのローガン・ライアンとマルコム・バトラー、そしてディフェンシブコーディネーターのディーン・ピーズ。

 

ピーズのゲームプランは、ナッシュビルで作られた作品のなかでは、「Waylon, Willie and the boys」のアルバム以来の最高の出来栄えだった(※)。

 

※訳注:Waylon JenningsとWillie Nelsonというカントリーミュージックのシンガーが、タイタンズの本拠地ナッシュビルで1960年代に活動。その時のアルバム以来となるマスターピース、と大げさにDCディーン・ピーズのゲームプランを褒めています。

(スポンサーリンク)

 


鯖缶コメント:いよいよ調子を上げてきたスティーラーズ。強いオフェンスラインと、ベテランQBという組み合わせで、簡単には負けそうもありません。

week11はチーフス対ラムズ、バイキングス対ベアーズおありますし、テキサンズ対レッドスキンズは地区首位同士の対決です。注目していきましょう。

せひランキングの英文元記事もチェックしてみてください。

 

 (↓こちらもどうぞ)

nfl.savacan3rd.com