鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLweek11レビュー(ブロンコス@チャージャーズ、スティーラーズ@ジャガーズ)

(スポンサーリンク)

week11が終わりました。重要な試合ばかりで、かつ好ゲームが多く、NFLらしい興奮を味わえた週だったと思います。

NFLオフィシャルサイトの記事をチェックしながら、2試合を振り返りましょう。

www.nfl.com

(この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです)

 

Denver Broncos 23, Los Angeles Chargers 22
ブロンコス23 - チャージャーズ22

Von Miller completely flipped the script. With the Chargers holding a 12-point lead and driving into scoring range, the Broncos pass rusher instinctively read Philip Rivers, picked off a screen pass and galloped 42 yards to the 18-yard line setting up a touchdown. The play jumpstarted a previously dead-on-arrival Broncos offense and made a would-be blowout into a tight tilt the Broncos swiped at the end.

ボン・ミラーが、完全に試合の筋書きをひっくり返した。チャージャーズは12点のリードを確保し、さらに追加点を狙える位置までボールを進めていた状況でのことだ。ミラーは直感と読みでQBフィリップ・リバースのスクリーンパスをインターセプトし、そのままリターンで42ヤードを走り、オフェンスのタッチダウンをお膳立てした。このプレーが、それまで瀕死の状態(※)だったブロンコスのオフェンスにムチを入れ、ブロンコスの完敗になるはずの試合を、薄氷の勝利に変えてしまった。

(※訳注:dead-on-arrival=救急搬送され病院に着いた時には死亡していること)

 

Case Keenum had 59 passing yards entering the fourth quarter but made plays when they counted late after the Chargers (7-3) gave the Broncos life with sloppy game management. After holding the ball too long early, Keenum caught fire on the final drive of the game. He hit Emmanuel Sanders for a huge 38-yard gain with less than 1:30 remaining on the clock. After a questionable pass interference call on receiver Tim Patrick pushed Denver back, Kennum found a streaking Courtland Sutton to set up a Brandon McManus' game-winning field goal as time expired.

4Qに入る時点で、QBケース・キーナムのパッシングヤードは59ヤードのみだったが、試合の最終盤でチャージャーズがゲームマネージメントに手間取りブロンコスにチャンスが訪れた。そこでキーナムはプレーを決めた。それまではボールを持ちすぎだったが、試合の最後のドライブでは好パスを連発した。


残り1分30秒を切っていた時点で、キーナムはWRエマニュエル・サンダースにパスを通し、38ヤードをゲイン。WRティム・パトリックにパスインターフェアの誤審とも思われる判定があり、ブロンコスは罰退したが、キーナムはWRコートランド・サットンへのパスを決め、キッカー、ブランドン・マクマナスが、試合終了と同時に決勝FGを決めた。

 

It wasn't a crisp day for Denver's offense. Philip Lindsay did the heavy lifting, rushing for 79 yards and two scores on just 11 attempts. Keenum, however, showed his mettle leading the game-winning drive. Embattled coach Vance Joseph will gladly take a win that the other team botched. He should thank Miller for changing the game.

デンバーのオフェンスにとっては簡単な試合ではなかった。RBフィリップ・リンゼイが11回のキャリーで79ヤード、2TDを獲得した以外に特筆できる点はない。しかし、キーナムは気概のあるリーダーシップで決勝ドライブを指揮したのだ。


追い詰められているヘッドコーチのバンス・ジョセフだったが、チャージャーズが取りこぼした勝利をありがたく受け取った。ゲームを変えたミラーに感謝すべきだろう。

 

Philip Rivers will be kicking himself after the game. The quarterback threw for 401 yards and two touchdowns, but his two interceptions badly hurt L.A. The toss into Miller's mitts turned what should have been a cakewalk win into a loss.

フィリップ・リバースは、試合後に自らのプレーを悔いていることだろう。彼は401ヤード投げ、2つのTDを挙げたが、2つのインターセプトが自軍にダメージを与えることになった。ミラーに投げたインターセプトによって、楽勝になるはずの試合が敗戦に変わってしまった。

 

Still, the Chargers had a chance to put the game on ice with a huge pass to the ageless Antonio Gates on a big third down. A botched handoff, however, led to another third-and-long at the two-minute warning. With Denver (4-6) out of timeouts, instead of running 40 seconds off the clock, Rivers tossed a wormburner at the feet of Keenan Allen, taking just two seconds off the clock.

それでも、チャージャーズには勝利を確定させるチャンスがあった。衰えを見せないTEアントニオ・ゲイツにサードダウンでパスを通したところまではよかったのだ。

 

しかしその後(2ミニッツ前のスナップで)、ハンドオフに失敗しロスを喫し、またもやサードアンドロングの状況を作ってしまう。2ミニッツ明けには、タイムアウトを既に使い切っていたデンバーから40秒を奪えるはずの状況で、リバースはWRキーナン・アレンの足元に叩きつけるようなミスパス(※)を投げ、わずか2秒しか消費できずに時計を止めてしまった。

(※訳注:wormburner=ミミズを焦がしてしまうぐらいの強烈なゴロ。野球用語のようです)

 

The errors gave the Broncos a chance to steal the game. Steal it they did. The loss ends L.A.'s six-game winning streak. The Chargers will be sick thinking about all the opportunities they coughed up in a division loss that pushes them further behind the Chiefs.

このミスで、ブロンコスは勝利をさらうチャンスを得て、実際にその通りになった。負けたチャージャーズは連勝が6でストップ。チャージャーズは勝利を逃したことで頭を抱えているだろう。地区優勝を争うチーフスとの差を詰めるチャンスを逸してしまった。

(スポンサーリンク)

 


Pittsburgh Steelers 20, Jacksonville Jaguars 16
スティーラーズ20 - ジャガーズ16

In what was arguably Steelers quarterback Ben Roethlisberger's grittiest game of the season, Roethlisberger proved why he is one of the league's top quarterbacks by leading a furious second-half comeback. Roethlisberger found the going tough early in the game, as the offense totaled just 66 yards in the first half. Roethlisberger, who threw for just 53 yards at the half, exploded with 261 yards and two touchdowns in the second half as the Steelers battled back from a 16-0 deficit. The Steelers signal-caller also shook off three interceptions and two sacks on the game, before coming alive when it mattered the most. His first touchdown came on a 78-yard strike to Antonio Brown, the second on an 11-yard pass to tight end Vance McDonald, and Roethlisberger's sealed the game with a 1-yard touchdown run with three seconds left on the clock.

The Steelers extended their winning streak to six games and improved to 7-2-1 on the season.

 

ひょっとしたら今季最も厳しい試合展開だったが、QBベン・ロスリスバーガーは後半に気持ちのこもった逆転劇を演出し、自らがトップクラスのQBである理由を示した。

 

ロスリスバーガーは序盤から苦戦し、前半終了時点でスティーラーズは66ヤードのみのゲインに終わった。ロスリスバーガーは前半53ヤードのみの獲得だったが後半に巻き返し、261ヤード、2TDを獲得。16対0の状況から逆転に成功した。

 

彼は確かに3つのインターセプトを投げ、2回のサックを喫したが、試合の最も重要な場面で息を吹き返した。1つ目のタッチダウンはWRアントニオ・ブラウンへの78ヤードのパス。2つ目はTEバンス・マクドナルドへの11ヤード。そして試合を決めたのは、残り3秒時点での彼自身が決めた1ヤードのTDランだった。

 

スティーラーズは連勝を6に伸ばし、今季の成績を7勝2敗1分とした。

 

For three quarters, the Jaguars showed why they were a consensus preseason favorite to return to the postseason after advancing to the AFC Conference Championship last year. The Jaguars are a difficult team when the running game is firing on all cylinders and the defense is playing a complete game. Jacksonville certainly got the former category rolling, and the defense, led by cornerback Jalen Ramsey's two interceptions, held the Steelers in check.

 

ジャガーズは、AFCチャンピオンシップまで進んだ昨季プレーオフのように、今季もプレーオフに残る地区の本命とシーズン前には見られており、この試合では3Qまでその評価を思い出させるような内容だった。

 

ランゲームをフル回転させ、ディフェンスが完璧なら、ジャガーズは強敵となる。この試合ではジャクソンビルは間違いなくよく走り、ディフェンスではCBジェイレン・ラムジーが2つのインターセプトを決めるなど、ステーィーラーズを抑え込んでいた。

 

But when needed with the game on the line, both areas failed. The Jaguars couldn't convert a first down in the fourth quarter, managing just 7 yards rushing, and the defense also couldn't stop big plays in the second half. Quarterback Blake Bortles deserves some of the blame, of course, as he failed to generate any sort of offense in the final period and was sacked three times.

The Jaguars have now lost six consecutive games and are 3-7 on the season after starting the season 2-0.

しかし、ゲームの重要な場面で、攻守とも失速した。4Qにジャガーズはファーストダウンを更新できずに、ラッシングヤードはわずかに7ヤードにとどまった。ディフェンスも、後半にはビッグプレーを防げなかった。

もちろん、QBブレイク・ボートルズにも敗戦の一因はあるだろう。彼は最後まで何も起こせず、3回のサックを喫した。


ジャガーズはこれで6連敗。開幕後2勝0敗で
スタートした成績は、今では3勝7敗となった。

(スポンサーリンク)

 


鯖缶コメント:ジャガーズとチャージャーズにとっては、なんとも苦い敗戦となったweek11でした。内容がよかった試合での惜敗には、ファンも思わず唇を噛んだに違いありません。


一方、勝ったブロンコスはワイルドカード争いに残る大きな勝利。もちろん苦しいことは間違いないでしょうが、次につながる粘り強い勝ち方でした。スティーラーズも、シーズン中盤の好調をシーズン後半までつなげる非常に大きな勝利となりました。引き続き、注目ですね。


元記事では、他の試合についても振り返っています。ぜひチェックしてみてください!

 

(こちらも合わせてどうぞ↓)

 

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com