鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

AFCワイルドカード争い展望

(スポンサーリンク)

レギュラーシーズンはweek12を入れて残り6週間。ワイルドカード争いについて、espnがわかりやすくまとめていますので、チェックしてみましょう。

week11まで終わった段階で5勝5敗はレイブンズ、コルツ、タイタンズ、ベンガルズ、ドルフィンズ。各チームについて展望が書かれています。

 

www.espn.com

(この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです。)

 

Barring a collapse of epic proportions, five of the AFC’s playoff spots seem close to being locked down. Kansas City leads the pack with nine wins, while Pittsburgh, New England, Houston and the Los Angeles Chargers have seven wins apiece.

The sixth and final spot in the AFC is up for grabs, with Baltimore, Indianapolis, Tennessee, Cincinnati and Miami with identical 5-5 records. Which team will break out and grab the final spot? Here’s a closer look:

 

よほどのことがない限り、AFCのプレーオフ進出枠のうち5つは決まりかけているように見える。カンザスシティが9勝でリード、ピッツバーグ、ニューイングランド、ヒューストン、LAチャージャーズがそれぞれ7勝している。

しかし、第6シードの行方はまだ分からない。ボルティモア、インディアナポリス、テネシー、シンシナティとマイアミが5勝5敗で並んでいる。どのチームが抜け出して、プレーオフ進出を勝ち取るだろうか? 詳しく見てみよう。

(スポンサーリンク)

 


レイブンズ

残り試合スケジュール:レイダース、@ファルコンズ、@チーフス、バッカニアーズ、@チャージャーズ、ブラウンズ

FPIプレーオフ進出確率:41%

(※FPI=Football Power Indexのこと。espnが各チームの強さを指標化して、それを用いた予想をしています)

 

X factor: Starting quarterback. For the first time in 11 years, there is uncertainty about who will play under center in meaningful games. Do the Ravens go with the experienced but banged-up Joe Flacco or rookie playmaker Lamar Jackson?

Xファクター:先発QB。レイブンズはこの11年ではじめて、勝ち残りの懸かった試合で誰をQBとして起用するかが確かでなくなっている。経験はあるが負傷しているジョー・フラッコか、新人のプレーメーカー、ラマー・ジャクソンか。

 

Playoff outlook: The Ravens are likely going to need to win once or twice in their final three road games, and recent history suggests it's not going to happen. They have to travel to play the Atlanta Falcons, Kansas City Chiefs and Los Angeles Chargers. Since 2015, Baltimore has won once on the road in December (at the Browns last season).

プレーオフ進出への展望:レイブンズが勝ち残るには、アウェー3試合のうち1つか2つは勝つ必要がありそうだ。しかし、近年を振り返る限りでは、それが起こる可能性は低い。今季の残りアウェーゲームはファルコンズ、チーフス、チャージャーズ。2015年以来、ボルティモアが12月にアウェーで勝てたのは1試合だけ。昨季のブラウンズ戦のみだ。

 

コルツ

残り試合スケジュール:ドルフィンズ、@ジャガーズ、@テキサンズ、カウボーイズ、ジャイアンツ、@タイタンズ

FPIプレーオフ進出確率:33.1%

X factor: Offensive line. The Colts have the best offensive team in the NFL besides the Saints, Chiefs or Rams. Led by quarterback Andrew Luck, the Colts are averaging 36.5 points, and Luck has thrown 13 touchdowns and one interception while completing 74 percent of his pass attempts during their four-game win streak. Luck can thank his offensive line for his success. Indianapolis hasn’t given up a sack in five games, and Luck has been contacted just once in his past 89 dropbacks, according to ESPN Stats & Information.

Xファクター:オフェンスライン。セインツ、チーフス、ラムズを除けば、コルツはNFLでトップクラスのオフェンスを展開している(※ゲーム平均29.8点でリーグ5位)。直近の4試合では、平均36.5点、QBアンドリュー・ラックは13TDで1INT、パス成功率74%でチームを4連勝に導いている。この好調はオフェンスラインによるもの、とラックは感謝した方がいい。ESPN Stats & Informationによれば、直近の5試合で被サックなし。89回のドロップバックでラックが触られたのは1度だけだ。

Playoff outlook: The Colts started the season 1-5 and have a favorable schedule down the stretch. Houston is the only team with a winning record that the Colts face in their final six games. The Colts proved against Buffalo, Jacksonville and Tennessee, teams with top-10-ranked defenses at the time, that they didn’t have a problem scoring. There isn’t a quarterback left on the schedule who would be favored to outduel Luck, who is one of the front-runners for Comeback Player of the Year.

プレーオフ進出への展望:1勝5敗で今季をスタートさせたコルツだったが(成績を5勝5敗のタイに戻し)、残りのスケジュールは望みの持てる対戦相手だ。残り6試合で、今季勝ち越しているチームはヒューストンだけ。コルツは最近の対戦でバッファロー、ジャクソンビル、テネシーを倒し、それぞれその時点でリーグ10位以内のディフェンスだったが、それでも問題なく得点を挙げる力があることを証明した。残りのスケジュールで、ラックと点取り合戦で上回れそうなQBはいない。ラックはカンバックプレーヤー・オブ・ザ・イヤーの最有力候補の1人だ。

(スポンサーリンク)

 


(以下、概略のみ訳します)

タイタンズ

残り試合スケジュール:@テキサンズ、ジェッツ、ジャガーズ、@ジャイアンツ、レッドスキンズ、コルツ

FPIプレーオフ進出確率:18.8%

Xファクター:オフェンスライン。テネシーはランが出せている時は強い。ブリッツに弱さを見せたが、マリオタとラインの双方が修正できるかが課題。

プレーオフ進出への展望:チーム力を見せる試合がある一方で、直接の競争相手に負ける傾向があるのが心配。


ベンガルズ

残り試合スケジュール:ブラウンズ、ブロンコス、@チャージャーズ、レイダース、@ブラウンズ、@スティーラーズ

FPIプレーオフ進出確率:17.1%

Xファクター:AJ・グリーン。week12のブラウンズ戦で戻る見込み。

プレーオフ進出への展望:week11でレイブンズに敗れたのは痛かった。だが、敵地でのチャージャーズ戦、スティーラーズ戦を除けば、比較的勝てる望みの高い相手が残っている。


ドルフィンズ

残り試合スケジュール:@コルツ、ビルズ、ペイトリオッツ、@バイキングス、ジャガーズ、@ビルズ

FPIプレーオフ進出確率:4.7%

Xファクター:ライアン・タネヒル。タネヒルは5試合の欠場から戻る見込み。モビリティ、ディープボールでの正確さを考えればオスワイラーからかなりのアップグレード。

プレーオフ進出への展望:ビルズ2試合、不調のジャガーズなどが残りスケジュールにある。しかし、10人の選手をIR入りさせている状況でオフェンスは苦戦。ディフェンスでは、1ゲーム平均142ラッシングヤードを許しており、リーグで下から3位なのが不安材料。

(スポンサーリンク)

 

 

鯖缶コメント:この記事で取り上げられていた5チームのファンは、祈るような気持ちでweek12以降の試合を見ることになりそうです。

week17のコルツ@タイタンズの勝者が進出、という展開になるのでしょうか? それぞれのチームに望みも弱点もあり、どうなるのか予想がつきません。注目していきましょう。

 

(↓ツイッター、フォローお願いします!)

 

(↓こちらの記事もあわせてどうぞ)

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com