鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLweek12レビュー(スティーラーズ@ブロンコス、ペイトリオッツ@ジェッツ)

(スポンサーリンク)

いよいよ12月を迎えます。僕の中のイメージでは、ここからはただ結果を見守る、ファンが言葉を失っていくシーズン。各チームも、そのファンも、敗北の苦しさと勝利の興奮を存分に味わっていく時期に入ってきました。

NFLオフィシャルサイトの記事をチェックして、2試合を振り返りましょう。

 

www.nfl.com

(この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです。)


Denver Broncos 24, Pittsburgh Steelers 17
ブロンコス24 - スティーラーズ17

The Denver Broncos continue to create their own luck. With the Pittsburgh Steelers on the doorstep of a potential game-tying touchdown in the waning moments, Denver defensive lineman Shelby Harris intercepted Ben Roethlisberger in the end zone to seal a second-straight victory.

ブロンコスは、自ら運を引き寄せ続けている。試合の最後で、スティーラーズにあと一歩でゲームをタイされるところまで迫られたが、ディフェンスラインのシェルビー・ハリスが、QBベン・ロスリスバーガーのパスをエンドゾーンでインターセプトして、2連勝を決めた。


Despite giving up 527 yards to Pittsburgh, Vance Joseph's team made game-changing plays all afternoon. Denver safety Justin Simmons blocked a field goal on the opening drive. A smashing hit by safety Will Parks forced a fumble by tight end Xavier Grimble that went through the end zone for a touchback. Chris Harris picked off Big Ben leading to a game-tying touchdown in the third quarter. A forced fumble on running back James Conner wiped out another Steelers scoring opportunity. And Harris wrapped up the effort with the fourth turnover of the game.

ピッツバーグに527ヤードを許したものの、バンス・ジョセフ率いるデンバーは、試合を変えるプレーを決め続けた。


セーフティ、ジャスティン・シモンズが最初のドライブでFGをブロック。続いて、セーフティ、ウィル・パークスは激しいヒットで、TEゼビエル・グリンブルのファンブルを誘い、ボールはエンドゾーンは抜けてタッチバックに。CBクリス・ハリスは3Qのインターセプトで、ゲームをタイに戻すドライブをお膳立てした。その後も、(CBブラッドリー・ロビーが)RBジェームズ・コナーにファンブルさせてスティーラーズのチャンスを潰し、試合最後にはシェルビー・ハリスのインターセプト。この日4つ目のターンオーバー奪取で試合を決めた。


<FGブロックの動画はこちら>

It wasn't pretty, but the Broncos stepped up to make plays whenever backed against the wall. The victory pushes Denver (5-6) within a game of an AFC wild card spot. In the final five weeks, the Broncos play just one team with a winning record. It's not the last we've heard from the Mile High team this season.

美しい勝ち方ではなかったが、ブロンコスは追い詰められる度にプレーを決めた。この勝利で5勝6敗となったデンバーは、AFCのワイルドカード争いに加わった。残り5試合のうち、勝ち越しの成績を収めているチームは1チームのみ。可能性は十分にあるだろう。


Undrafted running back Phillip Lindsay doesn't garner the national attention he deserves. The bruising 5-foot-8 running back did the heavy lifting for the Broncos offense against a stout Steelers defense. Combining superior vision, big burst through the line, and power beyond his 190-pound frame, Lindsay churned out 110 rushing yards on just 14 attempts and the game-winning touchdown. Averaging 7.9 yards per attempt against Pittsburgh's run defense deserves to be highlighted. Lindsay became the first back to rush for 100-plus yards against the Steelers in 14 games dating back to last season. The rookie's ability to squeeze through tiny holes and fall forward kept the Denver offense in positive down-and-distance all game. It's an understatement to say that Lindsay deserves more than 14 touches a game down the stretch.

ドラフト外入団の新人RBフィリップ・リンゼイは、その実力に見合うような注目をまだ得ていない。5フィート8インチ(172.7センチ)の強烈なRBは、頑丈なスティーラーズディフェンスに対して重要な役目を果たした。視野が広く、ディフェンスラインをこじ開けるランも出せる。190ポンド(86.2キログラム)の体重とは思えないパワーを出し、14回のキャリーで110ヤードをゲイン、決勝TDも挙げた。ピッツバーグのディフェンスに対し、1回平均7.9ヤードの獲得は、特筆されるべきだろう。ピッツバーグに対して100ヤード以上走った選手は、リンゼイが14試合振りとなった。

 

小さな穴でもそこをこじ開けて走れるリンゼイによって、デンバーオフェンスはファーストダウン更新が可能な状況を作り続けた。控えめに言って、リンゼイにはシーズンの残り試合で、14タッチ以上の機会が与えられていいだろう。

 

<フィリップ・リンゼイのカレッジハイライト動画はこちら>

 

(スポンサーリンク)

 

New England Patriots 27, New York Jets 13
ペイトリオッツ27 - ジェッツ13

The Patriots (8-3) started sloppy coming off their bye week, but turned it on in the second half, scoring on its first three possessions to run away with a double-digit victory. The Pats committed a season-high 11 penalties for 105 yards on the day, most coming in a messy first half that stymied the offense. The Patriots moved the ball with ease most of the day, and if not for the penalties and some early red-zone struggles, the blowout would have been bigger.


ペイトリオッツ(8勝3敗)は、バイウィーク明けで頼りないスタートとなったが、後半に入りそれを払拭し、3回連続で得点を挙げ、結局は2ケタ得点差の勝利を得た。

 

この試合、パッツはシーズンハイとなる11回のペナルティで105ヤードを失った。その多くは前半のもので、自らのオフェンスを失速させていた。ペイトリオッツはボールは容易に運べていたので、ペナルティとレッドゾーンでの苦戦がなければ、もっと早い段階で点差をつけていてもおかしくなかった。


Rob Gronkowski returned after missing the past two weeks and immediately proved his worth with a 34-yard touchdown spike down the seam. After getting battered in Week 10, Tom Brady was kept clean and threw darts over the middle, spreading the ball around. TB12 played similarly to how he has all season, missing some deep shots and sideline throws, but feasting on strikes over the middle. The Brady-Gronk connection wasn't in perfect form, with the QB missing the TE three times in the red zone.

TEロブ・グロンカウスキーは2試合の欠場から復帰し、すぐに34ヤードのTDレシーブとその後のスパイクでで自らの力をアピールした。week10で何度も捕まった状況とは変わり、QBトム・ブレイディはヒットされずに中距離のパスを多くの選手へ投げ分けた。今季の他の試合と同様に、ロングパスとサイドラインへのパスにはミスがあったが、ミドルゾーンへのパスは通した。ブレイディとグロンクのホットラインは完璧ではなく、レッドゾーンのチャンスを3度逃している。

 

Gronk's availability, however, completely opens the Pats offense. With the Jets focusing on the tight end, Brady found Julian Edelman for a 21-yard touchdown catch and run to begin the second-half rout. Gronk (3 catches on 7 targets, 56 yards) looked healthy throughout the game, even as he was sucking on oxygen on the sideline. His continued health the rest of the season would be huge for New England down the stretch.

とは言え、グロンクの存在はオフェンス全体を活性化させた。ジェッツディフェンスの注意がグロンカウスキーに集中した状況で、ブレイディはWRジュリアン・エデルマンに21ヤードのTDパスを通した。この得点が後半にリードを広げる口火となった。

 

サイドラインで酸素吸入するシーンはあったが、グロンク(パス7回中3回をキャッチ、56ヤード)の体の状態は試合をとおして問題ないように見えた。シーズン終盤、彼にケガなくプレーさせることが、ニューイングランドにとっては重要になってくるだろう。

(スポンサーリンク)

 

 

鯖缶コメント:先週紹介した記事で、AFCのワイルドカード争いの展望を紹介しましたが、そこにブロンコスは含まれていませんでした。でも、今週のスティーラーズ戦で、第6シード争いに名乗りを挙げる勝利。目が離せないチームと言えそうです。

(こちらの記事です↓)

nfl.savacan3rd.com

 

 

負けたスティーラーズも、「手痛いミスで勝利を逃した」というよりは、「何度ターンオーバーしてもくじけずにモメンタムを取り戻した」という印象を感じました。この試合では届きませんでしたが、チーム状況が急に悪化したわけではないと思います。引き続き、注目していきましょう。

 

元記事には、他の試合についてもコメントとハイライト動画がありますので、ぜひチェックしてみてください!

 

(↓ツイッター、フォローお願いします!)

 

 

(↓過去記事もあわせてどうぞ)

 

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com