鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLweek13レビュー(チャージャーズ@スティーラーズ、バイキングス@ペイトリオッツ)

(スポンサーリンク)

レギュラーシーズンもいよいよ大詰めです。チーフスRBカリーム・ハントのリリースというショッキングなニュースもありましたが、実際ゲームを数試合見てからだと結構昔のニュースのように感じます。

NFLオフィシャルサイトの記事を見ながら、2試合を振り返りましょう。

 

www.nfl.com

(この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです)

 

Los Angeles Chargers 33, Pittsburgh Steelers 30

チャージャーズ33 - スティーラーズ30

On their first prime-time stage of the season, the Chargers announced themselves to the nation with a season-defining comeback against the AFC stalwart Steelers. Los Angeles entered the second half down 16 points after it couldn't contain Antonio Brown on defense or sustain a ground game on offense in the first half.

今季はじめてのプライムタイムでの試合への登場となったチャージャーズが、AFCカンファレンス内での対戦で強敵スティーラーズを今季を象徴するような逆転劇で下し、全米に自らの存在を示した。
LAは後半開始時点で16点のビハインド。前半は、守備ではWRアントニオ・ブラウンを抑えられず、攻撃ではランゲームが安定しなかった。

 

But in the second half the Chargers leaned on Keenan Allen (14 rec, 148 yards), rookie running back Justin Jackson (63 yards, TD) and clutch -- yes, clutch -- special teams play to pull even and then seal the victory.

しかし後半になると、WRキーナン・アレン(14レシーブ、148ヤード)、新人RBのジャスティン・ジャクソン(63ヤード、1TD)の活躍と、試合最後の、うん、最後の、FG成功で勝利ものにした。

 

After a 13-play half-opening TD drive, Desmond King returned Pittsburgh's ensuing punt for a score, helping L.A. tie the game in the span of four minutes near the top of the fourth. The Bolts and Steelers then traded touchdowns to stay tied at 30. With just over four minutes to go, Philip Rivers led an 11-play drive with help from Jackson and Austin Ekeler to get the Chargers within field-goal range.

チャージャーズは、彼らにとって後半最初となる攻撃権を13プレーのTDドライブにして、続いてピッツバーグのパントからリターンタッチダウンを奪った。4分の間に2つのTDを挙げ、4Qの最初で試合を振り出しに戻した。チャージャーズとスティーラーズはそこから1つずつTDを取りゲームは30対30。

 

試合残り4分強で攻撃権を得ると、ジャクソンとRBオースティン・エケラーが役目を果たし、QBフィリップ・リバースは11プレーのドライブでFG圏内までボールを運んだ。

 

Rookie kicker Michael Badgley, the latest in a laundry list of fated Chargers kickers, saw two attempts miss the target, but both were called back for Steelers offsides. Exorcising the ghosts of kickers past, Badgley knocked in the third despite a third offsides penalty, booting the Bolts to 9-3. L.A. remains two games ahead of the sixth seed in the wild-card race and just one game behind the Chiefs in the AFC West. Thursday night, Week 15 can't come soon enough.

キッカーは新人のマイケル・バッジリー。近年のチャージャーズには長いキッカーのリストがあるが、その最新の選手だ。彼はキックを2度失敗したが、それはスティーラーズのオフサイドで無効になった。過去のキッカーたちにとりついていた悪霊を払うように、3度目のトライでもオフサイドがあったが、バッジリーはキックを決めた。

 

これでチャージャーズは9勝3敗。ワイルドカード争いでは第6シード(※この時点で7勝5敗のレイブンズ)に2ゲーム差をつけ、AFC地区優勝争いではチーフスに1ゲーム差に迫っている。

チーフスとの対戦はweek15のサーズデーナイト。ファンにとっては待ちきれないカードだろう。


(デズモンド・キングのパントリターンTDの動画貼っておきます↓)

www.youtube.com

The loss is disappointing and costly for Pittsburgh in a number of ways. Before Sunday's loss, the Steelers had not blown a 16-point lead since 1981 and had never blown a 16-point lead at home in franchise history. Even worse, they surrendered the lead to a team that had just three second-half drives.

ピッツバーグにとって、この敗北はいろんな意味で残念でダメージが大きかった。この試合まで、スティーラーズが16点差のリードから逆転負けを喫したのは1981年以来で、ホームでは球団史上初となった。さらに悪いことに、後半でたった3回にドライブで逆転された。

 

With an opportunity to keep some distance from the streaking Ravens (7-5) in the AFC North, Pittsburgh lost two in a row, fell back to the pack and is now, at 7-4-1, just one-half game ahead of Baltimore.

AFC北地区の優勝争いで、連勝中のレイブンズ(7勝5敗)との差を保ちたかったが、ピッツバーグは2週連続の最終盤での決着で2連敗となり、これで7勝4敗1分け。ボルティモアへのリードは0.5ゲームまで縮まった。

 

Going forward, though, the most impactful loss could be that of James Conner. The breakout dual-threat running back exited Pittsburgh's loss late in the fourth quarter with what coach Mike Tomlin termed a lower-leg contusion. Conner was the answer at RB with Le'Veon Bell skipping this season. If the back is out for any extended period of time, rushing responsibilities fall to Jaylen Samuels, Stevan Ridley and Ryan Switzer, who is in concussion protocol. That's no way to enter January.

しかし、チームにとって最も痛いのはRBジェームズ・コナーのケガかもしれない。今季ブレークしたデュエルスレッド(ランもレシーブもできる)RBであるコナーは、4Q途中で退いた。ヘッドコーチ、マイクトムリンによればすねの打撲傷とのことだ。

 

コナーはレベオン・ベルが今季プレーをしない状況での「答え」となっていた選手だ。もしコナーの欠場がある程度の期間続くなら、RBの仕事はジェイレン・サミュエルズ、スティーブン・リドリーと現在コンカッション・プロトコルにいるWRライアン・スイッツァーが担うことになるだろう。そのまま1月を迎えられる陣容ではない。

(スポンサーリンク)

 


New England Patriots 24, Minnesota Vikings 10
ペイトリオッツ24 - バイキングス10

Remember when the Patriots started off the season at 1-2, prompting some to wonder what was wrong in New England? Seems like a long time ago, as the team has gone 8-1 since and sit on a 9-3 record with four games remaining. Sunday's matchup proved impressive for the Patriots in the way they went about securing the victory.

今季の開幕後1勝2敗になった時、ニューイングランドのどこがおかしくなっているかと戸惑った人も多くいたことを覚えているだろうか。その後8勝1敗で、シーズンのこり4試合の時点で9勝3敗になった今では、それがかなりの昔のことに感じられる。今週の試合は、確実に勝ちを逃さないという試合運びの点で、ペイトリオッツの強さを印象づけた。

 

There was no finesse involved against a physical Vikings defense. Instead, the Patriots went with the trusted formula that has worked throughout the season with a balanced attack. Rookie running back Sony Michel anchored a running attack with 17 carries for 63 yards, and six other Patriots players combined with Michel to produce 160 yards on 39 carries as a team.

バイキングスのフィジカルな守備は、上品な技術で対抗できるようなものではない。そのかわりにペイトリオッツが選んだのは、ランも含んだバランスのいい攻撃を、今季ずっと信じてきたようにこの試合でも続けることだった。


新人RBのソニー・ミシェルが主な役割を担い17回のキャリーで63ヤード。そして、その他6人の選手がラッシングヤードを記録し、チーム全体では39キャリーで160ヤードを稼いだ。

 

Sure, the Patriots have quarterback Tom Brady, but this team is even tougher to beat when the ground game is firing on all cylinders to help open up the aerial attack.

もちろん、ペイトリオッツのQBはトム・ブレイディだ。しかしそれでも、このチームはランゲームがフル回転して、パスを通すスペースを作った時に、倒すのがより難しくなる。

 

Speaking of Brady, the future Hall of Famer added his name to the record books and it had nothing to do with his golden right arm. Brady totaled 5 yards rushing on the game to put him over 1,000 yards on the ground for his career. The 41-year-old Brady became the oldest player to reach 1,000-plus yards on his career since 1970, and he used all of his 19 seasons to get there given it took Brady 265 games to reach the milestone.

ブレイディについて記しておくと、将来の殿堂入り選手は彼の輝く右腕とは無関係の記録を、レコードブックに書き込んだ。ブレイディはこの試合5ヤードのラッシングヤードを記録し、キャリア合計で1000ヤードに到達したのだ。


41歳のブレイディは、1970年以降のNFLで、1000ヤードに到達した選手の最年長選手となった。彼はこの数字を積み重ねるのに19シーズンを費やし、265試合を必要とした。

 

For some comparisons, Carolina Panthers signal-caller Cam Newton reached 1,000-plus career yards rushing in 23 games, while Seattle Seahawks quarterback Russell Wilson did it in 31 games. Brady won't ever be known as a dual-threat quarterback like Newton or Wilson, but the accomplishment is still neat to see given his decorated career.

比較としてみると、カロライナ・パンサーズのQBキャム・ニュートンがランで1000ヤードを超えたのは23試合、シアトル・シーホークスのQBラッセル・ウィルソンは31試合だった。ブレイディはニュートンやウィルソンのようにランでも脅威を与えられるQBではないが、記録づくめのキャリアに、また1つ勲章を加えた。

(スポンサーリンク)

 


鯖缶より:勝てば「さすが」と言われ、負ければ「王朝の終わり」と言われるのはペイトリオッツとしては毎年のこと。個人的には、「実力差で圧倒」というよりは「試合巧者で、重要な場面でミスしない」というのが強みだと思うので、その部分が発揮できているのがファンとしては頼もしい限りでした。


スティーラーズもチャージャーズも、好ゲームを演じて攻守に力を見せましたし、テキサンズも前半で試合を決めた印象でした。チーフスを追う各チームが充実している印象なので、AFCのシード順争いは最終週まで楽しめそうな展開かと思います。


英文元記事では、その他の試合も取り上げていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

(ツイッター、フォローお願いします↓)

(あわせてこちらもどうぞ↓)

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com