鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

各チーム、今オフでの最重要課題(AFC)

(スポンサーリンク)

プレーオフは一番盛り上がるところですが、すでに来季への準備が始まっているのもNFLファンとしては面白いところ。新ヘッドコーチの噂や就任決定のニュースに、一喜一憂しているファンも多いことでしょう。


espnが、各チームの来季準備について、課題となるところを指摘した記事がありました。チェックして、野次馬気分を味わいたいと思います。英文元記事では32チームについて取り上げていますが、ここではAFCについていくつか取り上げて紹介します。

 

www.espn.com

(この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです)


New England Patriots: Acquire the quarterback of the future.

(ニューイングランド・ペイトリオッツ: 将来のQBを獲得)

This could have easily been a vote for adding more explosive options for Tom Brady because that's equally important. But in the big picture, there is a one-to-four-year window for the Patriots to discover and develop the quarterback who could eventually take the reins from Brady. New England is operating with some margin for error because the 41-year-old Brady is still capable of leading a team to the Super Bowl, and he has said he's committed to playing in 2019 and beyond. The draft is the most likely avenue to fill this need, with the hope that a Jimmy Garoppolo 2.0 might be available. -- Mike Reiss

より爆発力のあるオプションをトム・ブレイディに用意することも等しく重要なので、将来のQB獲得という答えには信任投票が必要とも言える。大局で見れば、ペイトリオッツはトム・ブレイディの後継者を、1年~4年の間に見つけて育てる必要がある。ニューイングランドにはミスが許される余裕が多少ある。41歳のトム・ブレイディは今もチームをスーパーボウルに導く可能性のある実力があり、来季以降も現役を続ける意向だからだ。「ジミー・ガロポロ2.0」の獲得を願って、ドラフト(でのQB指名)が最も可能性の高い手段だろう。

(スポンサーリンク)

 


New York Jets: Find a new head coach.

(ニューヨーク・ジェッツ: 新ヘッドコーチ招聘)

The Jets took care of the quarterback issue last offseason, but now they need someone who can lead Sam Darnold and the rest of the team back to relevancy. The losing culture must be eradicated, and it will take a strong personality to accomplish that. Ideally, they can find a coach with a history of developing quarterbacks, because Darnold is the key to the future. -- Rich Cimini

(*eradicate=根こそぎにする)

ジェッツは、QB探しの問題については前年のオフに片づけた。そして今は、サム・ダーナルドとそのチームを導いて復活させらる人物を探す必要がある。チームの負けグセを完全に絶つ必要があり、それを実行するには強い個性が必要になるだろう。理想的なのは、QBを育てた実績のあるコーチを見つけることだ。ダーナルドこそが、チームの未来にとってカギになるからだ。

 

※鯖缶追記:この記事を出したあと、ジェッツはアダム・ゲイス(ドルフィンズ前HC)との契約を発表しましたので、そちらが最新情報です↓

www.nfl.com

 

 

Cincinnati Bengals: Upgrade at linebacker.

(シンシナティ・ベンガルズ: ラインバッカーのアップグレード)

The offensive line needs an upgrade as well, but the linebacker play was among the worst in the league this season, and that showed against high-powered offenses like the Saints' and Chiefs'. The Bengals need to make drafting a linebacker a priority. It's clear that Vontaze Burfict can no longer be relied upon, and middle linebacker Preston Brown didn't get to show much due to injuries. The entire group needs to be overhauled in 2019. -- Katherine Terrell

オフェンスラインも同様に強化が必要だ。しかし、ラインバカーのプレーは今季リーグ最低クラスの内容で、セインツやチーフスのようなチームとの対戦でそれは明らかだった。ベンガルズは、ラインバッカーのドラフト指名を最優先課題にする必要がある。ボンテーズ・バーフィクトにもはや頼れないだろうこと、プレストン・ブラウンのケガを考慮すれば、それは明らかだろう。このユニットは2019年にオーバーホールが必要だ。


Indianapolis Colts: Bring in a pass-rusher.

(インディアナポリス・コルツ: パスラッシャーの獲得)

The Colts had one of the NFL's most surprising units this season, finishing 11th in total defense, and had the league's leading tackler in Darius Leonard (163) but didn't have a player reach double digits in sacks. Pairing an elite pass-rusher with Leonard and the rest of the team's young defenders will help the Colts take another step defensively next season. -- Mike Wells

コルツは今季のリーグにとって最も大きな驚きを与えたチームの1つとなった。チームはトータルディフェンスで11位、ダリアス・レナードはリーグのリーディングタックラー(163)になった。しかし、チームには2ケタのサックを挙げた選手は出なかった。一流のパスラッシャーをレナードや他の若手ディフェンダーと組ませることができれば、来季のコルツディフェンスはさらに改善するだろう。


Denver Broncos: Construct a plan at quarterback.

(デンバー・ブロンコス: QBについてプラン構築)

Case Keenum has just one year remaining on his contract, and the Broncos have no quarterback they drafted on their roster, so that puts them in the growing crowd of teams looking for a long-term solution. The coaching change likely means the team will line up with its fourth different playbook on offense in a four-season span. It is difficult to consistently find the right personnel if the team is constantly cycling through playcallers. -- Jeff Legwold

ケース・キーナムとの契約は、残りわずか1年。ブロンコスのロースターには、彼らがドラフトで指名したQBが残っていないことを考えると、ブロンコスもQBの長期プランを探す多くのチームの1つに数えられる。コーチ陣が刷新され、彼らのオフェンスはこの4年で4つ目のプレーブックで戦うこととなるだろう。プレーコーラーが頻繁に変わる状況では、正しいオフェンスの陣容を見つけていくのは難しいだろう。

 

(スポンサーリンク)

 


鯖缶より:その他、スティーラーズは「アントニオ・ブラウンへの対応の決断」が挙げられていました。ロースターボーナスが発生するのは3月18日だそうで、それまでにチームに残すかトレード相手を見つけるかの動きが分かるだろう、としています。

 

その他、QBをどうするか決断が必要なチームにジャガーズ、ドルフィンズ。また、レイダースは2019年のホームスタジアムをどこにするのかをまず決めなくてはならないそうです(ラスベガスは2020年からで、2019年のホームゲームの開催地がまだ決まっていないようです)。


ぜひ元記事を見て、オフシーズンの注目ポイントをチェックしてみてください。