鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

【ペイトリオッツ】ドラフト1巡目指名WRニキール・ハリー記者会見

(スポンサーリンク)

NFLはドラフトが終わり、1年で最もニュースの少ない季節に入りました。静かに2019年シーズンの開幕を待つしかない、ファンにとってはもどかしい時間かもしれません。


16試合だけのレギュラーシーズン(つまり1試合の勝敗が重要)、一発ノックアウトのプレーオフ、という「濃密さ」がNFLの魅力だと思うので、「首を長くして開幕を待つ」というのもNFLの醍醐味に含まれてるのかもしれません。


期待を高めるために、ペイトリオッツがドラフトで指名した新人たちの会見をチェックしてみました。まずは、1巡目全体32位指名のWR、N'Keal Harry(ニキール・ハリー)です。

 

www.youtube.com

(↑ベリチックからの電話を受け取った瞬間の映像です。静かに興奮を噛みしめるような表情が好感度高いです)

 

球団公式サイトにアップされていたトランスクリプトから、僕が気になった部分を抜粋して紹介します。

 

【引用元】

www.patriots.com

(以下の英文コメントは抜粋して引用したものです。訳は当ブログで作成しました。ぜひ元記事で全文をチェックしてみてください)

 

Q: How do you feel about catching passes from Tom Brady?

NH: I’m extremely excited. I’m just ecstatic to come in, work hard, constantly improve and just live up to the expectations.

 Q:トム・ブレイディからのパスを受けることになるのはどんな気分ですか?

ニキール・ハリー:ものすごく興奮してる。チームに加わって、努力して、期待に応えるために自分を向上させるのが、ひたすらにうれしいんだ。

 

Q: You’re the first receiver Bill Belichick has drafted in the first round since he’s become coach of the Patriots. What does that mean to you?

NH: It means the world to me. For him to have that much faith in me and to have that much trust in me, it just makes me want to work that much harder. So, I’m going to come in with a workhouse mindset and get better every day.

 Q:ビル・ベリチックがペイトリオッツのヘッドコーチになって以来、レシーバーを1巡目で指名するのはあなたが初めてです。どう思いますか?

ニキール・ハリー:最高の栄誉だ。僕のことをそこまで認めて、信頼してくれたんだからね。より一層頑張りたくなる。ハングリーな気持ちで、毎日自分を鍛えていきたい。

 

Q: Coach Herm Edwards compared you a little bit to Dez Bryant. Is there a guy who is in the league now or was in the league the last handful of years who you model your game after a little bit?

NH: It’s hard to say. I have a lot of respect for everybody that has played at the NFL level. I have so much to learn, I have so much to handle coming into the game, coming into the NFL. It’s hard to really give a comparison.

 Q:ハーム・エドワーズコーチは、あなたをデズ・ブライアントと比較していました。現在または直近5年ほどのNFLで、あなたが目指したいと思う選手はいますか?

ニキール・ハリー:それは難しいな。NFLのレベルでプレーした選手は全員尊敬してる。僕には学ぶべき点がたくさんあるし、この舞台での試合、NFLに対応するにはたくさんやらなくてはならないことがある。自分を誰かと比べられないよ。


※ハーム・エドワーズは、ニキール・ハリーの出身校であるアリゾナ州立大のヘッドコーチのようです。

 

(スポンサーリンク)

 

Q: How would you describe your game?

NH: I would describe my game as very passionate. I play with a lot of passion. Whenever that ball is in the air, I’ll sacrifice anything to go get it and I’ll do whatever it takes to help the team win. Anything Coach wants me to do, whether it’s on special teams, offense, anything, I’ll do it just to do my part and to be one piece of the puzzle in helping us win.

 Q:自分がどんな選手が、自分で話すとしたら?

ニキール・ハリー:「情熱的」かな。情熱を持って激しくプレーする。ボールが来たらいつでも、何を犠牲にしてもそれをつかもうとする。チームの勝利に貢献できるならなんだってする。コーチが僕に求めることなら、スペシャルチームでもオフェンスでも、なんでも自分の役目を果たす。勝利のためのパズルの1ピースになるんだ。

 

Q: Do you hope to expand your route tree when you get to New England?

NH: That’s not really up to me too much - it’s all on what the coaches want from me. I’m going to come in with the mindset of being very coachable. I’ve always been a very coachable player, just picking up on things very quickly. Whatever they need me to do or want me to do, I’ll get on it right away.

 Q:自分の走れるルート・ツリーを、ニューイングランドで増やしていきたいですか?

ニキール・ハリー:それは、あまり僕が決めることとは言えない。コーチが僕をどう生かそうとするかによるよ。僕が入団する心構えとしては、コーチングを受け入れる選手であるということ。今までも、コーチングを受け入れる選手だったし、指導を素早く身につけてきた。(ニューイングランドでも)コーチが僕に対し求めること、してほしいプレーは、即座に身につけていきたい。

 

Q: Can you tell us where your family is from?

NH: My family is from St. Vincent and the Grenadines. It’s a small island in the Caribbean. So, my grandmother and I and one of my aunties have just been by ourselves out in Arizona. I’ve been extremely blessed with the people that have been around me, with the company that has been around me. I feel like I was blessed with people that have the same mindset as me, people that want to improve, people that want to learn, people that want to grow. So, you know, God has really blessed me throughout the years.

 Q:自分の家族の故郷について、話してくれますか?

ニキール・ハリー:僕の家族はセントビンセント島とグレナディーン諸島から来た。カリブ海の小さな島だ。祖母と僕とおばはそこからアリゾナに出てきた。周囲で知り合う人々にはずっと恵まれていて、僕と同じような志向のある人々だ。向上心があり、学び、成長したいと願っている。これまで何年も、神の恵みによって僕は生きてきた。

 

Q: Are there any other NFL players from St. Vincent and the Grenadines?

NH: No, I’m the first one.

 Q:セントビンセントとグレナディーン出身のNFL選手は君以外にはいますか?

ニキール・ハリー:いや、僕が初めてだ。

(スポンサーリンク)

 


鯖缶より:真面目な好青年という感じの受け答えでした。サイズに恵まれ、競り合いに強いWRとの評価と思いますが、期待したいところです(僕は、まだあまりチェックできていません・・・)。


個人的にコメントを訳してみると、思い入れも出てくるので、他のドラフト選手も取り上げていくつもりです。引き続きよろしくお願いします。

 

質問、訂正、補足、リクエストなどがあればどうぞ遠慮なさらずコメントください! お答えできるかはわかりませんが、ブログのネタにもなりますので大変助かります!

 

(ツイッター、フォローお願いします↓)

 

(こちらも合わせてどうぞ!新人選手のキャラが、なんとなく伝わってきます↓)

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com

 

nfl.savacan3rd.com