鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

【ペイトリオッツ】ドラフト2巡目指名DBジョワーン・ウィリアムズ記者会見

(スポンサーリンク)

ペイトリオッツの2019年ドラフト選手の記者会見を、順番にチェックしていきます。2巡目は、トレードアップして全体45位でDBジョワーン・ウィリアムズ(Joejuan Williams)を指名しました。

 

www.youtube.com

(↑選ばれた瞬間のリアクションの動画を貼りつけておきます。「緊張状態からの静かな興奮」という感じでグっときます)

 

球団公式サイトにアップされていたトランスクリプトから、僕が面白いと思った部分を抜粋して紹介します。

 

【引用元】

www.patriots.com

(以下の英文コメントは抜粋して引用したものです。訳は当ブログで作成しました。ぜひ元記事で全文をチェックしてみてください)

 

Q: Did you talk to Coach Belichick at all about playing in the slot or playing safety?

JW: He said he saw me as a corner, but at the end of the day, I’ll play wherever he sees me to fit and I trust in the system. I trust in him and I trust in the system and I just want to contribute to the team.

 Q:ベリチックコーチと、スロットコーナーやセーフティでプレーするかについて話しましたか?

ジョワーン・ウィリアムズ:俺をコーナーとして見てると言ってた。だけど結局、コーチが判断したポジションならどこでもプレーするし、そのシステムを信じるよ。コーチのこともシステムも信じてる。ただチームに貢献したい。

 

Q: What would you say are your best attributes?

JW: I feel like I have the complete package ? I can run, cover and hit. At the end of the day, if you look at all of my numbers in the SEC, I was ranked first in everything, whether it was passes defended, pass break-ups, interceptions as a corner, solo tackles as a corner. So, I feel like that complete package is what I bring to the team. 

※attribute=特性、性質
※SEC=southeastern Conference ウィリアムズの出身校ヴァンダービルト大学は、NCAAのサウスイースタンカンファレンスに所属。

 

Q:自分の最大の強みは何だと思いますか?

ジョワーン・ウィリアムズ:何でもできることかな。走れるし、カバーもヒットもできる。SECでの数字を見てもらえば分かるけど、俺はすべてでトップだった。パスディフェンス、パスブレーク、CBでのインターセプト、CBでのソロタックル。だから、「コンプリートパッケージ」をチームに提供できる。

 

Q: Can you describe what it was like tonight to be drafted in your hometown of Nashville where you also went to college and have your family there?

JW: I’m just very excited. It’s so special, it’s so special to be drafted in my hometown, where I grew up, where I went to school. I just want to represent for where I stay, I want to represent for the 615 and that’s something I plan on doing, bringing it up to Boston, bringing it up to Foxborough.

 ※615は、ナッシュビル中央の市外局番のようです。ヴァンダービルト大学の電話番号も615から始まるようです。(参考→Phone Numbers | Vanderbilt University | Vanderbilt University


Q:自分のホームタウンで、カレッジにも通ったこのナッシュビルで、家族と一緒に指名を待って、ドラフトされた気持ちを話してもらえますか?

ジョワーン・ウィリアムズ:ただ最高の気分さ。特別なことだ。自分が育って、地元のカレッジでプレーした地元でドラフトされるなんてすごく特別だ。自分が過ごした場所、ナッシュビルを代表する気持ちで、ボストン、フォックスボロに今まで得たものを持っていくつもりだ。

 

(スポンサーリンク)

 

 

Q: What do you hope to learn working with All-Pro cornerback Stephon Gilmore?

JW: I plan on picking his brain. Whatever I can get from him, I plan on picking it. At the end of the day, he’s one of the best in the league and I want to be one of the best in the league. I have to learn from the greats and whatever he does - eating, sleeping, nutrition, treatment - I want to pick from him and try to get that off his game. From playbook to life, that’s something I want to learn because I want to be one of the greats just like him.

 Q:オールプロCBのステファン・ギルモアと一緒に練習して、彼からどんなことを学びたいですか?

ジョワーン・ウィリアムズ:彼の「脳」を盗みたい。彼から得られるものならなんでも、とことんやりたい。結局、彼はリーグベストの1人だし、彼のすごいところを学ばなくては。行動のすべて、食べること、寝ること、栄養、体のケアなんかをね。彼から盗めるところを探して、自分のものにする。プレーブックでも生活上のことも、学んで行きたい。俺も彼のように、リーグのベストになりたいからね。

 

 

Q: What kind of relationship did you have with Adam Butler at Vanderbilt?

JW: That’s my dog, man. He was a senior when I was a freshman, but he took me under his wing. He actually just sent me a message, a congratulations message. We were talking before the draft. It was crazy because we talked the day before the draft and he was just hyping me up, telling me he’s excited for me. Man, I’m excited to play with him again.

 Q:ヴァンダービルト大では、アダム・バトラー(DT)との関係はどうでしたか?

ジョワーン・ウィリアムズ:親友だよ。俺がフレッシュマン(1年生)の時、彼がシニア(4年生)だった。俺を面倒を見てくれたよ。さっきも、おめでとうのメールをくれたんだ。ドラフトの前にも話した。すごいことだ。ドラフトの前日に、俺の気分を盛り上げてくれた。自分のことのように興奮してると話してくれた。彼とまたプレーするのが楽しみだ。

 

Q: That extra homework or sharing of the scouting report of opposing receivers, is that something that you like doing?

JW: No doubt. I want to be a coach after this game is over with. And so this is just helping me get to that level before I become like a GA [graduate assistant] or an intern so I don’t have to cram for everything. This is football, something I love doing and have been doing this since I was five. I watch film like I watch Games of Thrones or something. But that’s just who I am. Football runs in my blood. That’s definitely how I work.

 Q:対戦するレシーバーのスカウティングレポートを入念にチェックしたり、話したりすることが好きですか?

ジョワーン・ウィリアムズ:そのとおりだ。選手のキャリアを終えたら、コーチになりたいと思ってる。コーチの助手やインターンを始める前に、そのレベルの知識を身につければ、あわてて全部を詰め込む必要がなくなる。フットボールは俺の好きなことで、5歳からやってきたことだ。「ゲーム・オブ・スローンズ」なんかを見るみたいに、フィルムスタディーをする。俺はそういう人間なんだ。フットボールが俺の血を流れてる。そんなふうに努力してる。

 

Q: You’re kind of a film junkie. Are there any corners you study?

JW: Definitely. I would say I studied Jalen Ramsey and Richard Sherman. Those are two I like to study a lot. They have the same traits as I do, but at the end of the day, I want to find what’s best for me. But those are two guys I look up to.

 Q:あなたは、フィルム・ジャンキーのようなところがある。研究してるコーナーバックはいますか?

ジョワーン・ウィリアムズ:もちろん。ジェイレン・ラムジーとリチャード・シャーマンだ。この2人から多くを学んでいる。俺と同じ特徴を持ってる2人だ。でも結局のところ、俺にとってのベストを探したい。とは言え、この2人は尊敬してる。

 

Q: Richard Sherman played for Coach Derek Mason, as well, at Stanford. Is that somebody you had a chance to meet over the years?

JW: I got a chance to meet him once at the Nike opening, but that was the only time. But watching his game, you see how he plays, you see how smart he is - that’s something you can definitely look up to.

 Q:リチャード・シャーマンはデレク・メイソンのもとでスタンフォードでプレーしています。どこかで彼とは会うチャンスがありましたか?

※デレク・メイソンは、2014年からヴァンダービルトのヘッドコーチ。2010年にはスタンフォード大のDBコーチとして、シャーマンを指導しているようです。

Derek Mason - Wikipedia


ジョワーン・ウィリアムズ:「ナイキ・オープニング」で一度チャンスがあったけど、それきりだ。でも、彼のゲームを見て、どんなふうにプレーしてるかを見れば、彼がどれほど賢いか分かる。そこが彼の尊敬すべき点だ。

※「ナイキ・オープニング」は、高校生が自由にエントリーするコンバインのようなもののようです(あまりちゃんと確認してないです・・・)

https://www.theopening.com/2019-testing-day-registration

 

Q: How do you think your game compares to his?

JW: At the end of the day, even though I look up to those two guys, I’m my own person. I can’t say, ‘Am I better than this person or am I better than that person.’ I’m my own guy. I feel like, like I said before, that I’ve got the full package. I can run, cover and hit. That’s something I want to bring to the team any type of way.

 Q:あなた自身を彼と比べるとどうですか?

ジョワーン・ウィリアムズ:彼ら2人に憧れてるとはいえ、俺は自分自身でしかない。この選手より優れてるとか、あの選手より優れてるとか、そんなことは言えない。自分は自分なんだ。さっきも言ったとおり、俺には「フル・パッケージ」がある。走って、カバーしてヒットする。そのどれでも、チームに貢献したい。

 

(スポンサーリンク)

 

 

【鯖缶より】「complete package」か、結構ビッグマウスだな、と思っていたら(※まあ普通といえば普通でしょうが)、尊敬する選手としてシャーマン、ラムジーの名前が出てきてニンマリしたのはきっと僕だけではないでしょう。


コメントを訳しながら、ウィリアムズをプレシーズン、レギュラーシーズンで見るのが楽しみになってきました。「サイズがあり、フィジカルにプレー」「アダム・バトラーの後輩」「フィルムジャンキー」というだけでは何も分からないに等しいですが、選手に興味を持つとっかかりができた気がします(読んだ方にもそう思ってもらえたらうれしいです)。

 

上に取り上げたのはほんの一部分ですので、ぜひ引用元で全体をチェックしてみてください。引き続き、他の選手もチェックしていくつもりですので、どうぞお付き合いください!

 

(1巡目指名、ニキール・ハリーの記者会見抄訳はこちら↓) 

nfl.savacan3rd.com

 

(3巡目チェイス・ウィノヴィッチはこちら。しゃべりが面白くておすすめです↓)

nfl.savacan3rd.com

 

質問、訂正、補足、リクエストなどがあればどうぞ遠慮なさらずコメントください! お答えできるかはわかりませんが、ブログのネタにもなりますので大変助かります!

 

(ツイッター、フォローお願いします↓)

 

(こちらもあわせてどうぞ↓)

nfl.savacan3rd.com