鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)ファンの個人ブログです。

【コラム】僕の選ぶトム・ブレイディ名試合TOP12(2013~2019)

(スポンサーリンク)

トム・ブレイディが、ペイトリオッツを去ることが決まりました。ブレイディをきっかけにNFLにハマった僕にとっては、ショック以外のなにものでもありませんが、現役最後まで挑戦を続ける意志にも思えます。

 

僕自身が、主にNFLを追いかけ始めた2013シーズン以降から、「名勝負」と思える試合を12試合選んでみました。ぜひハイライトをご覧ください。(YouTubeに飛んで見てください)

 

1位:SB49 シーホークス戦

あのシーホークスディフェンス相手に、4Qで10点のビハインド。そこから中身の濃いTDドライブ2本決めての逆転劇、そして衝撃の結末。デフレートゲートの喧騒の中での試合準備だったはず。ブレイディの心臓の強さは次元が違う。

 

www.youtube.com

 


2位:2015 AFCチャンピオンシップ ブロンコス戦

NEが負けた試合だけど、ブレイディvsマニングの最後のゲームをランクインさせないわけにはいかない。8点ビハインドの4Q。何度攻めても、TDを許さないブロンコスD#。何度止められても、諦めないペイトリオッツO#。そしてついにTD。しかし、2PT失敗。ああ。

https://www.youtube.com/watch?v=vOaoW7hhD6I



 

3位:SB51 ファルコンズ戦

3対28からの逆転劇、SB史上初のオーバータイム。エデルマンの特撮みたいなミラクルキャッチも出た。マット・ライアンは、シーズンMVP、このSBでもQBレーティング満点でも栄冠に届かず。要素詰め込みすぎかよ。

 

www.youtube.com


4位:2018 AFCチャンピオンシップ チーフス戦

MVPだった前年と比べれば数字も内容も衰えを見せた2018のブレイディだったが、プレーオフでギアを上げた。この試合でのOTの決勝ドライブは、ロモの解説の名調子もあって、何度でも見返せる。ブレイディが、マホームズの挑戦を跳ね返したシーズンとなった。

 

www.youtube.com


5位:2017 AFCチャンピオンシップ ジャガーズ戦

エデルマン、グロンク不在のオフェンスで4Q、10点ビハインド。点差以上に、内容でも圧倒されていたことを思えば、SB49、SB51以上の逆転劇と言えるかもしれない。アメンドーラが主役を演じ、ギルモアが美しくトドメを刺した。

 

www.youtube.com


6位:SB52 イーグルス戦

前半最後に「フィリー・スペシャル」を決められ、ハーフタイムで10点差。後半グロンクの大車輪の活躍もあり一度は逆転。だけど、イーグルスは4Q勝負どころで強気を崩さず、再逆転したのは見事というしかない。ペイトリオッツはこう倒すべし。

www.youtube.com


7位:2013 week6 セインツ戦

僕がブレイディに、ペイトリオッツに、NFLに惚れ込むことになった試合。タイムアウトなし、1分13秒での70ヤードドライブでTDを決めての逆転。エデルマン(まだ無名)、コリー、ドブソン、トンプキンスという、脇役選手を輝かせたQBブレイディの真骨頂。

www.patriots.com

 

8位:2014 ディビジョナルラウンド レイブンズ戦

「2度の14点ビハインド」を跳ね返した名勝負。レイブンズも最後まで粘り強かったが、「なぜか有資格になるラインマン」「ブレイディ→エデルマン→アメンドーラのダブルパス」と、カードを吐き出して逆転した。

 

www.youtube.com


9位:2013 week12 ブロンコス戦

2Q終了時に24対0でブロンコスリード。そこからペイトリオッツが逆転したものの、ペイトンも意地を見せ同点でOT。コイントスで勝ったペイトリオッツ、まさかの「キック」選択。OTは膠着しドローとも思えたが最後はスペシャルチームのミスで決着、という苦い結末。

https://www.youtube.com/watch?v=yy_sHN0y3pM

 

10位:SB53 ラムズ戦

傷だらけのグロンクがオフェンススナップに100%出場しての現役最終戦、親友エデルマンがSBMVP。並のGOATなら「有終の美」と思って、引退を決意するよね。でも、ブレイディはヤバい方のGOATだった。

www.youtube.com


11位:2013 week11 パンサーズ戦

ニュートンが怪人ぶりを見せ、「こんなんアリかよ」って思った。逆転をかけたブレイディの最後のパスは、ノーファウルの判定。ブレイディは審判を追いかけてまで猛抗議。バッドルーザーのTBもアツかった。

www.youtube.com

 


12位:2019 week16 ビルズ戦

ビルズD#に終始プレッシャーをかけられたが、「12月」に「勝負どころでミスしない」という「らしさ」を見せて、4Qに逆転。この試合が、ブレイディのペイトリオッツとして(おそらく)最後の勝利となった。

www.youtube.com

 

 

【鯖缶より】

以上、背番号にちなんで12ゲームを選んでみました。僕が知るのはブレイディのキャリアの3分の1ですが、それでもこれだけの名試合があると思うと、改めて感嘆せざるを得ません。重要な試合、重要な場面で勝負を決めてきた、彼の現役時代にNFLを見られるめぐり合わせを幸せに思います。(それにしても、スーパーボウルでの勝利のうち1つを10位にランキングするなんて、なんとぜいたくなことでしょう)

 

ブレイディの退団は、ペイトリオッツファンの僕としてはツラいところですが、ブレイディファンの僕としては、まだ現役を続けている彼の挑戦を、追いかけ続けようと思っています。

 

 

(ツイッター、フォローお願いします↓)

 

(あわせてこちらもどうぞ↓)

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com