鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

次のショーン・マクベイは誰だ?

(スポンサーリンク)

www.espn.com

(この記事から、一部を紹介します)
(オフェンスのプレーコールを自ら指揮するヘッドコーチについての記事です)

 

The Oakland Raiders and Chicago Bears hired offensive-minded coaches in Jon Gruden and Matt Nagy this offseason, following a successful blueprint the Los Angeles Rams and the San Francisco 49ers used in 2017 when they hired Sean McVay and Kyle Shanahan.

オークランド・レイダースと、シカゴ・ベアーズはこの今季、オフェンスの専門家をヘッドコーチに招き入れた。ジョン・グルーデン(レイダース))と、マット・ナギー(ベアーズ)の2人だ。昨季、チームを上昇気流に乗せたショーン・マクベイ(LAラムズ)とカイル・シャナハン(サンフランシスコ49ers)を念頭に置いての起用であろう。


However, with the intense focus on the quarterback position and with playcalling being such an important part of game days, former offensive coordinators are choosing to continue doing what they are best at: calling plays.

(各チームのオーナーはヘッドコーチにオフェンスコールの兼任を望まないのがかつては一般的だったが、)QBとプレーコールの、ゲーム上の重要性が増すにつれ、オフェンシブコーディネーター出身のヘッドコーチは、そのまま自身の強みを発揮してプレーコールを自らするケースが増えてきたのだ。

 

 

鯖缶コメント:オフェンスのプレーコールをするヘッドコーチ、32チームの中で何人いるかご存じですか? なんと14人でした。代表例として思い浮かぶのは、ショーン・ペイトン(セインツ)やアンディ・リード(チーフス)などでしょうか?

昨季の好成績に加え、オフシーズンに何人ものプロボウラーを獲得したLAラムズ。シーズン途中の移籍で、先発QBになっていまだ負けなしのジミー・ガロポロにどうしても期待が高まる49ersなど、注目のチームのヘッドコーチが、オフェンスのプレーコールも兼任しているんですね。

ぜひ元記事を読んでみてください!

 

(スポンサーリンク)