鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLweek3レビュー(ペイトリオッツ@ライオンズ、ベアーズ@カーディナルス)

(スポンサーリンク)

week3まで終わりました。

ブラウンズの635日ぶりの勝利は、序盤のビハインドにもディフェンスが踏ん張って試合を作り、ドラフト全体1位のQBメイフィールドがチームを逆転に導いた見事なゲームでした。

 それに続いた日曜は思いもよらない波乱の連続。ますます盛り上がってきた、というところでしょうか。

 

NFLオフィシャルの記事から、レビューを紹介します。

www.nfl.com

(この記事から、一部を紹介します。以下の英文は、引用したものです)


Detroit Lions 26, New England Patriots 10
ライオンズ26-ペイトリオッツ10

After two lackluster games, Matt Patricia's Lions put it all together against his former employer, securing the coach's first win with the club in resounding fashion. Matthew Stafford rebounded from his miserable home opener to pilot five scoring drives (of 12, 9, 14, 10 and 8 plays in length), complete 75 percent of his passes and toss two touchdowns. Buoyed by a drought-breaking running attack and patient play-calling, the Lions held the ball for nearly two-thirds of the game and racked up 25 first downs for the second week in a row. The defense, victimized just two weeks ago by a rookie quarterback in his first start, shut down the greatest quarterback of all time, sacking him twice, and forced four three-and-outs, including three to start the game. Just like that, Detroit's Week 1 blowout loss and overall rocky start is a thing of the past. The Lions sit a half-game behind the division's top contenders, Green Bay and Minnesota, with a winnable game at Dallas coming up next week. The season has started anew, as has the once-fated-to-flounder Patricia era.


チームがかみ合わないまま開幕2戦を落としたライオンズ。しかしマット・パトリシアはチームをまとめ直し、昨季までのチームであるペイトリオッツを倒し、ヘッドコーチとしての初勝利を圧勝で飾った。

QBマシュー・スタフォードは、みじめな出来だった開幕戦から立ち直った。5つのスコアリングドライブを率いて(それぞれ長い距離で、12、9、14、10、8プレー)、パス成功率は75パーセント、2つのタッチダウン。

長らくチームにないも同然だったラン攻撃がようやく機能し、それに伴って粘り強くファーストダウン更新を続けるプレーコールを選択できた。ゲームの3分の2もの時間ボールを保持し、2週連続となる25回のファーストダウンを記録した。

わずか2週間前には、デビュー1戦目の新人QB(※ジェッツのサム・ダーナルド)にやられたディフェンスだったが、この試合では歴代ベストのQBを抑えた。2回のサックをあびせ、試合開始の3連続を含む4回のスリー・アンド・アウトを強いた。

デトロイトは開幕1戦目の完敗で見せた不安定さを払拭した。同地区首位のミネソタとグリーンベイとの差は1ゲームで、次週のダラスは十分勝てる可能性のある相手だ。

グラグラと崩れ落ちそうだったパトリシア時代のライオンズだが、この試合で新たなシーズンスタートを切ることができた。


There's a reason that the Patriots executed a trade for Josh Gordon this week, however embattled the former Browns receiver may be. They are and remain void of a vertical threat and options at wideout. Dressing only three receivers (Chris Hogan, Phillip Dorsett, Cordarrelle Patterson) on Sunday night while Gordon rehabs a hamstring injury, New England resorted to dump-downs to running backs and desperate heaves to double-covered receivers and Rob Gronkowski. That is, when they had the ball. Detroit's effective ball-control game plan kept New England's offense sidelined for long stretches in the first half. When the Pats did get the ball, Sony Michel was ineffective on first and second downs, often forcing Brady to beat eight Lions in pass coverage on third down. The result? New England compiled just 209 total yards of offense, its fewest total since Week 17 of 2015.

WRジョシュ・ゴードンがどれほどの問題を今後引き起こそうと、ペイトリオッツにはトレードで彼をブラウンズから獲得した理由があった。現在のペイトリオッツには、ロングパスのターゲットになって相手守備の驚異になるレシーバーがいないのだ。

ゴードンはハムストリングのけがでこの試合を欠場し、出場したWRはわずか3人(クリス・ホーガン、フィリップ・ドーセット、コーデラル・パターソン)で、ニューイングランドはRBによる攻撃を多用し、時にダブルカバーされたWRやTEロブ・グロンカウスキーに無理やりなパスを投げるしかなかった。

それも、ニューイングランドがボールを保持できた時だけの話だ。時間をかけてオフェンスを展開するデトロイトのゲームプランは成功し、前半の多くの時間、ニューイングランドオフェンスはサイドラインにいた。ようやく攻撃権を得ても、RBソニー・ミシェルはファーストダウン、セカンドダウンであまりゲインできず、ライオンズディフェンスが8人でカバーするサードダウンの状況をブレイディに強いる展開が多かった。

その結果は?ニューイングランドはトータルで209ヤードの獲得にとどまった。このスタッツは2015年シーズンの、week17以来の不振と言える。

<ライオンズ対ペイトリオッツ、ハイライト動画はこちら>

(スポンサーリンク)

 


Chicago Bears 16, Arizona Cardinals 14
ベアーズ16 -カーディナルス14

 

The Arizona Cardinals tossed Josh Rosen into the fire trailing 16-14 with 4:31 left in the fourth quarter. The rookie couldn't pull off the comeback. Rosen completed his first pass for nine yards and a first down, eventually moving the Cards to midfield at the two-minute warning. Offensive coordinator Mike McCoy then made an inexplicable play call, a run with Chase Edmonds on 3rd-and-2 that lost three yards. On the following play, Rosen had pressure in his face and threw a fluttering interception late to the outside. After stopping the Bears, Arizona got the ball back with 43 seconds left and no timeouts. The rookie got in position for a last-second heave but was sacked to end the game. Rosen showed some mobility in his brief series behind a struggling offensive line, but it wasn't enough against a good Bears front. It was a tough spot for the No. 10 overall pick to make his pro debut, one coach Steve Wilks will surely be grilled about this week. But the Rosen era is underway in the desert.


アリゾナ・カーディナルスは4Qの残り4分31秒、16対14のビハインドの状況でQBジョシュ・ローゼンを起用したが、逆転には至らなかった。

ローゼンは9ヤードのパスを成功させキャリア初のパス成功、ファーストダウン更新を得ると、それまで苦戦していたカーディナルスのオフェンスをミッドフィールドまで進軍させて2ミニッツワーニングを迎えた。3rd&2の状況でオフェンシブコーディネーターのマイク・マッコイはRBチェイス・エドモンズのランという疑問の残るプレーコールを選択し、結果は3ヤードのロス。次のプレー(4th&5)でローゼンは厳しいプレッシャーを受け、投げたパスはインターセプトに終わった。

ベアーズの攻撃を抑えたカーディナルスは残り43秒、タイムアウトなしの状況で再び攻撃権を得た。新人QBのローゼンは、ヘイルメリーを狙える位置まで攻撃を進めたが、最後にはサックを受け試合が決着した。

短い時間の出場だったが、ローゼンはチームのオフェンスラインが苦戦する中、モビリティを見せた。しかし、それもベアーズの強いフロントに勝つには十分ではなかった。

全体10位指名の1巡目ルーキーには苦いデビュー戦となり、ヘッドコーチのスティーブ・ウィルクスはこの敗戦で批判にさらされるだろう。それでも、QBローゼンの時代がアリゾナでスタートした。

 

The Chicago Bears are in first place in the NFC North! Behind another sterling game by Khalil Mack (two sacks, five tackles, three QB hits, one tackle for loss, forced fumble), the Bears D stood tall after taking the Cardinals' early punch. Chicago's defensive front controlled the game, battering a poor Cardinals offensive line, perplexing an immobile Bradford and holding Johnson to 2.6 yards per carry on 12 attempts. Quarterback Mitchell Trubisky struggled for long stretches of the game, dropping his eyes in the face of the pass rush, throwing wayward balls, missing deep strikes, and getting picked on a batted ball by Chandler Jones. Behind an improved rushing attack that took advantage of a winded Cardinals defense (Jordan Howard 61 yards on 24 totes, TD; Tarik Cohen 53 yards on five attempts), the Bears were able to come back slowly for the win. Trubisky did just enough to lead Chicago into scoring position on three consecutive drives off Bradford turnovers. The performance of the second-year quarterback remains a work in progress, but Matt Nagy will take a road win whenever he's gifted one.

シカゴ・ベアーズがNFC北地区の首位に立った!またしてもカリル・マックの間違いない活躍(2サック、5タックル、3QBヒット、1ロスタックル、1ファンブルフォース)に続くように、ベアーズディフェンスは序盤好調だったカーディナルスオフェンスに立ちはだかった。

シカゴディフェンスのフロントがゲームを支配。カーディナルスのオフェンスラインを何度も倒し、動けるQBではないブラッドフォードを苦しめ、RBデイビッド・ジョンソンを12回のキャリーで平均2.6ヤードに抑え込んだ。

QBミッチェル・トゥルビスキーはゲームの大部分で苦戦した。相手のパスラッシュに寄せられて、パスは不安定になり、ロングパスをヒットできず、DEチャンドラー・ジョーンズに弾かれたボールはインターセプトに終わった。

改善されたランオフェンスは、息切れしたカーディナルスディフェンスにつけ込み(RBジョーダン・ハワードは24回のキャリーで61ヤード、1タッチダウン、RBタリク・コーエンは5回のキャリーで53ヤード)、ベアーズはついには逆転勝利を収めた。

ブラッドフォードのターンオーバーで得た攻撃権を、3回連続得点に結びつけ、QBトゥルビスキーのパフォーマンスは(ベストとは言えないものの)チームを勝たせるのに足るものだった。

2年目のトゥビスキーはまだ完成されたQBではないが、ヘッドコーチのマット・ナギーは今後もチャンスがあればアウェイでも勝ちを拾っていくだろう。

 

<カーディナルス対ベアーズ、ハイライト動画はこちら>

(スポンサーリンク)

 


鯖缶コメント:なかなか簡単に勝てないのがNFLのゲーム。もどかしい思いをしている各チームのファンもいることでしょう。

ですが、星取表だけを見ると差があるように見えるチーム力も、たとえば「3rd&1でファーストダウン更新できるかどうか」というようなわずかな違いで、勝ちと負けが入れ替わるのが醍醐味ですよね。

元記事では、week3の日曜の試合のポイントをレビューしていますし、ハイライト動画も貼ってありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

(スポンサーリンク)