鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLweek16レビュー(スティーラーズ@セインツ、ビルズ@ペイトリオッツ)

(スポンサーリンク)

week16も、ドラマの詰まったゲームがたくさん見られました。今季のリーグでは、序盤から中盤にチーフス、ラムズ、セインツのオフェンスが爆発し、止まらない撃ち合いをあっけに取られながら見るゲームが見られましたが、12月に入ってからは「ミスのさせ合いがアメフト」「1つのドロップ、1つのペナルティが勝敗を分ける」というような、「砂利を噛むような苦い試合」が目立ってきたような気がします。ポストシーズンでは、どうなるのでしょうか?


NFLオフィシャルサイトの記事をチェックして、2試合を振り返りましょう。

 

 

www.nfl.com(この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです)


New Orleans Saints 31, Pittsburgh Steelers 28
セインツ31 - スティーラーズ28

Both teams had plenty on the line entering Sunday, with the Steelers looking to secure its hold on the AFC North and the Saints seeking to clinch home-field advantage throughout the postseason. Only one team would accomplish their mission, of course, and the Saints came out victorious in a hotly-contested game between two of the NFL's best teams. NFC opponents now have the dire mission of coming through New Orleans on the road to the Super Bowl in Atlanta, and the Saints are 6-1 this season with the season finale to play against the Carolina Panthers at the Mercedes-Benz Superdome.

*on the line=(生命・地位・名声などが)懸けられて/dire=恐ろしい、極端な

 

日曜の試合に、両チームにはそれぞれ大きなものが懸かっていた。スティーラーズは勝ってAFC北の首位を維持を狙い、セインツは勝てばポストシーズン通じてのホームフィールドアドバンテージ(第1シード)が得られる。ただし、ミッションを果たせるのは1チームのみ。そして、NFLの最高クラスの両チームが激しく戦ったこのゲームを制したのはセインツだった。NFCのライバルたちにとっては、アトランタで開催されるスーパーボウルに進出するためには、セインツを彼らのホームで倒すという非常に厳しい条件が課せられることとなった。

セインツは、ホームのメルセデスベンツ・スーパードームにパンサーズを迎えてレギュラーシーズン最後週を戦うが、今季これまでホームでは6勝1敗の成績だ。

 

The Steelers, on the other hand, have their playoff hopes on life support heading into the final week. At 8-6-1, Pittsburgh needs to beat the Bengals and have the Ravens lose to the Browns in secure a spot in the playoffs. If that doesn't happen, Big Ben and Co. will miss the playoffs for the first time since 2013.

(*on life support=生命維持装置につながれて)

 

それに対してスティーラーズは、最終週を前にプレーオフへの望みは「首の皮一枚」まで後退した。8勝6敗1分のピッツバーグがプレーオフに進出するには、自らがベンガルスを倒した上で、レイブンズがブラウンズに敗れることが条件になった。もしそうならなければ、ビッグ・ベンたちは2013年以来初めてプレーオフを逃すこととなる。

 

The Saints offense looked better when compared to the last three games, and it certainly helped that Sunday marked the team's first home game since the Thanksgiving holiday. Drew Brees paced an efficient first half with 151 yards passing and the Saints held a 17-14 lead. The second half, however, was a different story, as the Saints struggled with consistency after going up 24-14 with two straight punts and a blocked field goal, and then had to claw back with less than two minutes in the game to come out ahead.

(*claw back=取り戻す)

 

前週までの直近3試合と比べて、セインツオフェンスはよかったように見えた。サンクスギビング(week12)以来のホームゲームとなったのが大きかったようだ。QBドリュー・ブリーズは効果的なプレーを見せ、前半パスヤード獲得は151ヤードでチームが17対14でリードするのに役目を果たした。

しかし、後半には別の展開が待っていた。セインツは24対14とリードしたもののそこから苦戦し、2つのパントに続いてFGをブロックされれた。そして逆転されたリードを再び取り戻したのは、試合終了まで2分を切ってからのことだった。

 

Despite the win, it doesn't help that the offensive line required some shuffling. Left tackle Terron Armstead, who was recently named to the Pro Bowl, returned to the lineup for the first time in five games. But he briefly left the game in the first quarter, returned to finish the first half, and then sat out the fourth quarter. When the Saints have an intact offensive line, it is among the league's best and the engine that drives an elite offense. Having Armstead would help the Saints' chances in the postseason.

(*intact=手をつけていない、無傷の)

 

(セインツは)勝つには勝ったが、オフェンスラインはやりくりが求められた。プロボウルに選出されたばかりのLTテロン・アームステッドが、直近5試合で初めてラインナップに戻った。しかし、1Qに外れ、前半終了間近にゲームに戻り、4Qはサイドラインにいた。もしセインツのオフェンスラインが万全の状態なら、リーグのトップクラスと言える実力だし、トップクラスのオフェンスを支えるエンジンになれるだろう。アームステッドの出場はセインツのポストシーズンで大きな力となるはずだ。

(スポンサーリンク)

 


New England Patriots 24, Buffalo Bills 12
ペイトリオッツ24 - ビルズ12

Buffalo's defense did a bang-up job for two and a half quarters (relatively speaking), but the Bills' season was embodied by one play: A Julian Edelman catch and apparent tackle. Instead of the play being over, though, Edelman landed on the defender without hitting the ground, then got up and raced into the end zone for six. A Patriots offense that was struggling to take advantage of opportunities got a gift of one, and that's what ultimately sank the Bills, who couldn't cobble together many points offensively. A bright spot, though: Zay Jones caught five passes for 67 yards and found the end zone.

(*bang-up=(米話)素晴らしい/cobble together=(やっつけで)仕事を仕上げる)

 

バッファローのディフェンスは3Q途中まで(比較的)素晴らしいパフォーマンスを見せたが、今季を象徴するような1つのプレーが出てしまった。パスをキャッチしたWRジュリアン・エデルマンをタックルしたシーンだ。プレーはまでデッドになっていなかった。エデルマンはディフェンダーの上に乗っかって、グラウンドに腰や肘をつかずに、そのまま立ち上がりエンドゾーンに駆け込んでTDを獲得した。そのシーンまで苦戦していたペイトリオッツオフェンスだが、贈られたギフトを遠慮なく受け取って、オフェンスの機能しなかったビルズを倒した。ビルズの好材料としてはWRゼイ・ジョーンズの活躍だ。5本のパスを捕り67ヤード、1TDを獲得した。

 

Fresh off the tough loss to Pittsburgh, the Patriots rebounded well. New England's defense caused Josh Allen all sorts of problems, resulting in two interceptions and a 52.6 passer rating. The Patriots bottled up Buffalo's rushing attack, too, limiting LeSean McCoy to nine yards on six carries. It was a weird game, though, with the teams trading turnovers early and New England again not fully separating from Buffalo until time made it a non-factor. Tom Brady threw an uncharacteristically ugly interception to Lorenzo Alexander, which followed an Allen interception on a great read made by rookie UDFA J.C. Jackson. Rex Burkhead fumbled in unusual fashion, but Stephen Hauschka doinked a field goal off the post, wasting a Bills opportunity. In the end, though, the team well-versed in success came out on top and punched its ticket to the postseason.

*fresh off=直後に/bottle up=瓶詰めにする、封じ込める/doink=バウンドさせる/well-versed in=~に詳しい、熟知している/punch ticket=切符を切る)

 

ピッツバーグに手痛い敗戦を喫したばかりだったが、ペイトリオッツはよく立て直してきた。ニューイングランドのディフェンスはQBジョシュ・アレンをあらゆる手段で苦しめ、2つのインターセプトを奪い、パサーレーティングを52.6に抑えた。バッファローのラン攻撃も封じ込め、RBルショーン・マッコイに6回のキャリーで9ヤードしか与えなかった。

試合としては奇妙な内容で、序盤からお互いにターンオーバーを交換して、ニューイングランドは終盤までバッファローを引き離せなかった。QBトム・ブレイディは彼らしくない、みにくいINTをLBロレンゾ・アレクサンダーに与えたが、その直後にはドラフト外新人のCB、JC・ジャクソンが素晴らしい読みでジョシュ・アレンからINTを奪った。RBレックス・バークヘッドはあまり見ないタイプのファンブルをしたが、キッカー、スティーブン・ハウシカはFGをバーにぶつけて失敗、ビルズはチャンスを生かせなかった。

しかし結局のところ、成功の味をよく知るチームが勝利を引き寄せ、ポストシーズンへの切符を手に入れた。

(スポンサーリンク)

 

 

鯖缶より:ペイトリオッツファンの僕としては、ビルズ戦は心配な内容に思えました。3Qに入ってからのキックリターンが3回連続20ヤードを超えられず、判断ミスのように思えましたし、ブレイディの2つのINTも不必要なものに見えました。

ただし、ペイトリオッツは過去3シーズンと比較してケガ人も少なく、ディフェンスも悪くないとも思えます。運よく得た第2シードの位置を維持できるか、かなり大きなweek17を迎えます。

英文元記事では、他の試合についてもまとめています。ぜひチェックしてみてください!

 

(ツイッター、フォローお願いします↓)