鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

トム・ブレイディ記者会見(2019/1/16)

(スポンサーリンク)

まもなくチャンピオンシップ。ペイトリオッツはアローヘッドへ乗り込み、チーフスと対戦します。

 

レギュラーシーズンは12勝4敗で、内容も第1シードにふさわしい強さを見せたチーフス。プレーオフディビジョナルでもコルツを圧倒。「途中点差が広がらず試合を決めるのに苦労した」というより、どちらかといえば「大抵のことではモメンタムを揺るがさずにそのまま押し切った」という内容に見えました。

 

ペイトリオッツも、チャージャーズ相手に力を見せて、「挑戦者の資格」を手に入れたように思います。試合を4日後に控えた時点での記者会見から、トム・ブレイディのコメントをチェックしてみましょう。

 

www.patriots.com

(2019年1月16日のトランスクリプトです。この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです)

 

Q: How much do you enjoy being the underdog and how big of a motivating factor is that for you?

TB: I don’t think about it too much, what people might say or think. I know we’re playing against a very good football team. They’re the first seed for a reason. They’ve had a great season and we’re going to have to go into a really tough environment and play our best football, so it’s a great opportunity for us and hopefully we can take advantage of it.

 Q:「アンダードッグ」として試合に臨むことを楽しんでいますか? また、そのことはどの程度モチベーションにつながりますか?

トム・ブレイディ:人々が言ったり思ったりしてることについては、あまり考えすぎないようにしてる。ただ、素晴らしいチームと対戦することは分かってる。彼らの第1シードはダテじゃない。素晴らしいシーズンを送ったチームだ。僕らは厳しいアウェーの環境に乗り込んで、自分たちのベストを出さなくてはいけない。その挑戦は素晴らしいチャンスだし、そのチャンスを生かしたいね。

 

Q: In looking back, I noticed that as an offense there was a stretch from about 2006 through 2009 where you went for it more often on fourth down. Given how explosive Kansas City can be on offense and their ability to strike quickly, is there any thought given to potentially using all four downs more on offense and strategically planning some opportunities to go for it on fourth down this Sunday?

TB: It could be. I think situationally, however the game is going, I think sometimes you get in the games and offensively you’re doing really well and you feel like if we have that extra down, we can get it. Sometimes it’s not going as well and you feel like they’ve been stopping us and then you punt. I don’t know what those particular reason were. I’m sure there was a reason for all of those, why we would go for them, why we wouldn’t. How many times did we go for it this year?

Q: Fourteen. Seven-for-14.

TB: Fifty percent. That’s not very good.

 Q:過去を振り返ると、2006~09年には、あなたたちのオフェンスはフォースダウンで(パントせずに)ギャンブルにいく回数が多かったように思います。カンザスシティの爆発力や短い時間で得点できる力を考慮すれば、日曜の試合ではフォースダウンまで使って攻撃する機会を増やすこともありえますか?

 

トム・ブレイディ:ひょっとしたらね。状況次第だ。だけど、ゲームのなかでオフェンスが本当にうまくいっていれば、フォースダウンも使おうと考えるかもしれない。それほどうまくいっていなくて、相手に止められると感じるようならパントだ。それぞれのケースの理由は分からない。ただ、いく場合もいかない場合も何らかの理由があることは確かだ。今季、僕らは何回(ギャンブルに)いった?

 

Q:14回です。14回で7回成功。

 

トム・ブレイディ:50%か。あまりよくないな。

 

Q: Do you feel emboldened ever to lobby for it?

TB: We talk about a lot of scenarios before the game and so forth. Whatever the situation presents, I think we’ll try to do what’s best or what we think is best or gives us the best opportunity to win. It’s one game. If you don’t win, that’s it. That’s what the playoffs are about. You’re right ? they’ve got a great offense. We’re going to need to score a lot of points.

 Q:積極的にいこうとコーチに進言しては?

トム・ブレイディ:ゲーム前に、様々なシナリオについて話し合う。どんな状況になるにせよ、僕らはベストなプレーをしようとする。最善と思えること、勝つ可能性が一番高くなるだろうことを選びたい。1試合で勝ち残りを決める。勝てなければ終わりだ。それがプレーオフなんだ。でも、さっきの指摘は正しい。彼らは素晴らしいオフェンスがある。僕らにも多くの得点が求められるだろう。

 

(スポンサーリンク)

 

Q: Is there a constant that you can point to that shows why your team keeps going to the AFC Championship Game?

TB: I don’t know.

Q: What happens organizationally or team-wise that lets these opportunities keep happening?

TB: I’ve never sat to think about any of those things. I really haven’t thought about anything like that.

 

Q:チームがAFCチャンピオンシップ進出を果たし続ける理由になるような不変のものはありますか?

 

トム・ブレイディ:分からない。

 

Q:組織として、チームとして、どんなところがそういった機会を与え続けているのでしょう?

 

トム・ブレイディ:そういったことをじっくりと考えたことはないよ。本当に、そういったことを考えてこなかった。

 

Q: What factors go into whether you decide to wear a glove on either hand in a particular cold weather game?

TB: Yeah, obviously weather’s a factor anytime you play in January in these colder climates in Kansas City ? obviously, a cold climate. They’re used to it and we’ve been practicing in it for the last two months. It hasn’t been extreme cold, but it’s been cold enough to know what you’ve got to wear and how you’ve got to deal with it the best way you can.

 Q:グローブを両手に着けるかどうか、どんな要素を考えて決めますか? 特に、寒い試合ではどうですか?

 

トム・ブレイディ:ああ。試合当日の天候は判断の基準になる。1月だし、カンザスシティのような寒い場所での試合だしね。彼らは寒さに慣れているし、僕らも2ヵ月前から寒さの中練習してきた。練習ではものすごく寒いというわけではなかったけど、どんなグローブを着けるべきか、その上でどうしたら一番いいプレーが出せるかを知るには十分な寒さだった。

 

I’ve played in a lot of games over the years where weather’s a factor. You just dress for it and hopefully our blood has thickened up enough here being in the Northeast to deal with some of the cold, which I think it has. Even days like today, they’re cold and they do a good job preparing you. It’ll be colder Sunday than it’s been at any point this year, so have a little mental toughness, a little physical toughness and just deal with it the best you can.

今までも、寒さに影響されるような試合でプレーしてきた。グローブを着けるなどの対応をして、北東のここ(フォックスボロ)でも十分血が巡るように対応する必要があったし、そうしてきた。今日も彼らのホームは寒いだろうし、その中で彼らはいい準備をしている。日曜は今年一番の寒さになるだろうから、それにできるだけ対応できるように、心身ともに強さが必要だ。


・・・(中略)・・・

 

Q: What is it going to take to repeat the type of offensive performance you had last week against the Chargers and bring that into this week at the Chiefs?

TB: Yeah, I think we talk about in these games, it’s not like a special play or there’s a special formula. It’s just excelling at the right time. There’s no play you can call, "This is guaranteed 10 yards here." This is a defense that gets up in your face and they try to challenge you and they don’t make yards easy. We’re going to have to go dig them out. We’re going to have to fight for every yard, toughness, effort, all of those things play into it.

 

Q:先週のチャージャーズ戦でのオフェンスのパフォーマンスを今週のチーフス戦で繰り返すにはどんなことが必要になるでしょうか?

 

トム・ブレイディ:ああ、僕らがよく話すことなのが、特定のプレーや特定の方程式があるわけじゃないということ。なすべき時に相手を上回るということだ。「このプレーなら必ず10ヤード進める」というようなプレーなど存在しない。そのプレーを阻止しようとするディフェンスがいて、1ヤードたりとも楽には進ませないからだ。正しいプレーを探しあてなくてはいけない。すべてのゲインは戦って勝ち取るものだ。タフネス、頑張り、そういったものをプレーに込めなくてはいけない。


Obviously, scheme and execution but I think some intangible things are very important about finishing blocks and out-efforting the guy that’s over the top of you or winning your one-on-one matchup running your pass route. Because these guys, that’s what they’re trying to do too, and even the first game we played against them we had some opportunities that we came up with down the field. There were other ones we were really close and we just didn’t. That could be the difference and you never know which play it’s going to be and I think everyone’s going to be counted on. Similar to last week, it’s about distributing the ball to everybody, making them defend everybody on the field in run, pass, everything and that’s why we were effective last week and hopefully that’s why we’re effective this week.

それから、スキームやエクセキューション(プレーの正確な遂行)が必要だし、そのほかにも数字には現れないけど重要なことはある。ブロックを完遂したり、自分を負かそうとしてくる相手に打ち勝ったり、ルートランでマークしてくる相手にワン・オン・ワンで勝ったり、そういうことだ。なぜなら、相手もまた僕らを倒そうとしてくるからだ。今季に対戦した最初の試合で僕らが見つけ出してうまくいったチャンスもあるし、ギリギリのところで成功しなかったプレーもある。その違いが勝敗を分けるかもしれないし、どのプレーが勝敗を分けることになるのかは誰にも分からない。すべての選手が重要になるだろう。先週と同じように、すべての選手に配球して、相手にフィールドのすべての選手を守らせるようにする。ランでもパスでも、なんでもそうだ。それが先週僕らの攻撃が成功した理由だし、今週もそうなるといいと思っている。

 

Q: How does it feel to be the underdog going into this one?

TB: It doesn’t change much for us, but it just kind of shows you what people think about what our chances are. That’s about it. No more added comment to that.


Q: So it’s not any extra motivation for you?

TB: I mean, if you’re not motivated this week you’ve got a major problem. This is the week where you shouldn’t have to put anything extra in. This is what it’s all about. You sign up any chance you get to play in the AFC Championship Game, so I don’t care where, when, time, cold weather, rain, blood. It don’t matter.

 Q:「アンダードッグ」としてこの試合に臨むことをどのように感じますか?

 

トム・ブレイディ:僕らにとってはさほど変わらない。ただ人々が僕たちが勝つ確率をどう思ってるかが分かるだけ、それだけのことさ。特にそれ以上のコメントはないな。

 

Q:つまり、アンダードッグと言われることでモチベーションをさらに上げるようなことはないと?

 

トム・ブレイディ:思うんだけど、今週の試合にモチベーションを感じないようなら、その時点でなにか大きな問題があるよ。もはや余分な材料でモチベーションを上げたりする段階じゃない。試合だけが、すべてさ。AFCチャンピオンシップでプレーするチャンスがあるなら、それがどこだろうと、いつだろうと、何時からだろうと、どんなに寒かろうと、雨が降ろうと、血が流れようと、問題じゃない。

 

(スポンサーリンク)

 


鯖缶より:文中に出てきたunderdogというのは、もともとはスポーツギャンブルの用語で、「勝ちそうにない側」を指します(反対語は「favorite=本命」)。ペイトリオッツがポストシーズンでアンダードッグになるのは、2014年のAFCチャンピオンシップ(デンバーでの対ブロンコス戦)以来だそうです。


(参考記事↓)

New England Patriots embracing rare role as underdog heading into AFC Championship game


エデルマンもツイッターの投稿で#BETAGAINSTUSというハッシュタグを使って話題になりました。「Bet against us」は、「(賭けられるものなら)俺たちの相手が勝つと賭けてみろよ」と挑発するような意味でしょう。そう思うと、エデルマンは思いっきり「アンダードッグ」でモチベーションを上げているようで、なかなかいいツッコミどころかもしれません。


いずれにせよ、彼らが「勝ちたい」と思っていることはよく伝わってきます。試合を楽しみにしましょう。英文元記事では、ブレイディが実際に答えている動画も見られます。続きをチェックしてみてください。また、アンドリュース、デビン・マコーティ、ホワイトのコメントもたっぷりと読めます。

 

 

(ツイッター、フォローお願いします↓)

 

(あわせてこちらもどうぞ↓) 

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com 

The TB12 Method: How to Achieve a Lifetime of Sustained Peak Performance

The TB12 Method: How to Achieve a Lifetime of Sustained Peak Performance

 

 (↑Amazonのリンクです)