鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

ビル・ベリチック記者会見(11/2)(パッカーズ戦、アーロン・ロジャースについて)

(スポンサーリンク)

week9最大の注目は8勝0敗のラムズがニューオリンズに乗り込んで6勝1敗のセインツと対戦する「ラムズ対セインツ」のはずですが、ファンでなくてもペイトリオッツ対パッカーズを最大の注目に挙げる人は少なくないでしょう。

 

ブレイディ対ロジャースが見られます。この2人なら、「スーパーボウルでの対決」「4年後にレギュラーシーズンで再戦」と夢を見たくもなりますが、かなりの確率で最後の対決になる「最強QB対決」。

 

この試合を前に、ベリチックはどんなことを話してくれたんでしょうか。チェックしてみましょう。

 

www.patriots.com

(この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです。)

I guess I'll start this morning, just take a couple minutes and say a short tribute to Paul Zimmerman. Certainly express my condolences to the family. Paul was a great ambassador for professional football, and I think that what he did through the years with his background and insight on the draft, I would say some of the behind-the-scenes organizational insight that he gave due to his great sources and trust that he created with so many people was pretty interesting reading in the Sports Illustrated columns. I always kind of felt like Paul and Will McDonough were kind of two of the really well-connected, respected writers that covered the game, certainly when I came into the game and then for many years thereafter. So, certainly a sad day to hear about his passing. He made a great contribution and certainly popularized a lot of things that today have blossomed into major, major stories and events that I'd say he was in there on the ground floor on. So, moving onto Green Bay.


ビル・ベリチック:今日は始めに、ライターのポール・ジンマーマンについて少し話して、ご家族に哀悼の意を伝えたい。ポールはプロフットボールにとって素晴らしいアンバサダーで、ゲームの背景やドラフトの考察でその魅力を伝えてきた。信頼関係が培われた上での綿密な取材で、各チームの逸話を伝えた、スポーツイラストレイテッドの彼のコラムはとても面白いものだった。ポールとウィル・マックドノーの2人は本当に尊敬された書き手で、私がNFLと関わり出した当時も、それ以降もそれは変わらない。

彼が亡くなったと聞いて悲しかった。彼はフットボールに多大な貢献をして、多くの事柄を人気のあるものにした。その功績はこれからも発展の基礎であり続けるだろう。

さあ、グリーンベイ戦に向かおう。

(※訳注:ポール・ジンマーマンは11/1に亡くなった方。この記者会見は11/2に行われ、冒頭で弔意が述べられたものです。)

 

Q: Did you have much of a personal connection with him?

BB: Yeah, I talked to Dr. Z a lot, yeah. He was at all the owners meetings and would always talk to you, call you before the draft, a couple times during the year. You know, we played in some big games through the years with the Giants and here, and of course he was always at those. So, yeah. He was a great guy. I mean, really got a lot of respect for him.

 

 

Q:彼とは直接の面識があったのでしょうか?

ビル・ベリチック:ああ、ドクターZ(※ポール・ジンマーマンの通称)とは話したことがある。オーナー・ミーティングには必ず現れて話しかけてくれた。ドラフトの前には電話で取材を受けたし、それ以外の時期でも年に数回は話した。私がジャイアンツにいた頃、彼は重要な試合は必ず現地にいた。素晴らしい男だ。尊敬を集めていた。

 

 

Q: Talking to the players this week, they have talked about how they're ready for a 60-minute game, which could possibly come down to a two-minute situation at the end of the game. Tom Brady and Aaron Rodgers have had a lot of history with that. When you see them operate the two-minute offense, what stands out to you about their excellence in those situations?

BB: Yeah, well, I mean with Rodgers, it's the San Francisco game, the Chicago game, our game, Dallas game last year - I mean, you just go right down the line. He's got a million of these. They're a very good football team, they have a very good scheme, they're a very good situational team and Rodgers is a tremendous player. So, he's great in those situations, he finds matchups. In [the] San Francisco [game], he scrambles for 30 yards with 40 seconds to go. I mean, that's not a conventional type of play, but it's the kind of play he makes. We know he can throw it short - catch and runs - he can throw it deep, he can run, he can scramble and extend plays, he's got great presence, great awareness and got a great sense of the situation, the play that needs to be made in that situation, and he makes them. So, he's really hard to stop because he does so many things so well. And again, very well-coached, has a lot of great players around him and weapons and he knows how to use them. So, yeah, he's tough in every situation, but he's really tough in those situations.

 

Q:今週の試合について選手たちに話を聞きますと、60分戦う準備をしている、最後の2ミニッツまで試合がもつれる可能性もある、との答えがありました。トム・ブレイディもアーロン・ロジャースもそういった状況を経験してきた選手です。2ミニッツでのオフェンスについて、彼ら2人の優れた部分はどこにあるでしょうか?

 

ビル・ベリチック:ああ、ロジャースについては、サンフランシスコ戦でも、シカゴとも、我々とも、昨季のダラスとも、そういった試合があった。最後まで戦い抜かなければいけない。彼は何度もそういったプレーをしている。パッカーズは素晴らしいチームで、スキームもよく練られ、状況に応じたプレーができて、そしてロジャースというすごい選手がいる。彼は試合ラストの状況で力を発揮するし、いいマッチアップを見つけられる。

今季のサンフランシスコ戦でも、残り40秒の段階でスクランブルに出て30ヤード走った(※実際には21ヤードのゲイン)。伝統的にはあまりないプレーだが、彼はそういったプレーを決めてきた。

キャッチ・アンド・ランにつながる、短いパスも投げるし、ディープにも投げ込めるし、スクランブルで時間も稼げる。存在感があり、アウェアネスに優れ、状況をよく把握している。その状況に必要なプレーを理解し、それを決められる。

彼を止めるのが非常に難しいのは、それだけ多くのことができるからだ。繰り返すが、よくコーチされ、素晴らしい選手が周りにいて、彼は周囲の選手の生かし方をよく理解している。全ての状況で彼との対戦は厳しいが、試合の最終盤では特にそうだ。

 

Q: Ha Ha Clinton-Dix played every snap for the Packers this season. With him now being traded, what have you seen from the players who might be stepping into that starting safety spot?

BB: Yeah, well, we'll see on Sunday. They have a lot of experienced players back there. Certainly, [Jermaine] Whitehead's done a good job for them in a lot of different roles. [Josh] Jones is a very talented player that I'm sure has more than enough skill to play that position - not sure where exactly they are on him. But, I mean, give him a good opportunity to play, I think he would play more. If it's [Tramon] Williams, it's Williams. I mean, they have a lot of depth at cornerback with the two rookie corners. So, they have a lot of options. They play a lot of defensive backs anyway, so we'll have to be ready and see how it unfolds, but obviously they did what they thought was best to do for their team. I totally respect that, and they have a lot of good young players and depth in the secondary, so I'm sure they're planning to move some of those guys up.

 
Q:ハハ・クリントン=ディックスは今季すべてのスナップで出場していた選手でした。その彼がトレードでチームを出ましたが、先発セーフティのポジションは誰が埋めることになるか予想できますか?


ビル・ベリチック:まあ、日曜の試合を待つとしよう。パッカーズには経験のある選手がいる。ジャーメイン・ホワイトヘッドは複数の役割で貢献してきたし、ジョシュ・ジョーンズは才能のある選手で、あのポジションをプレーするのに十分なスキルがある以上の選手だ。パッカーズがどう使ってくるかは分からないが。私が思うに、プレーのチャンスを与えれば活躍できる選手だ。あとは、トラモン・ウィリアムズもいる。

CBには2人の新人がいるし、彼らのでディフェンシブバックには十分なデプスがあるので、様々なオプションが考えられる。我々は十分に準備して、実際にどう出てくるかを確かめる必要がある。いずれにせよ、彼らがチームにとってベストと考える選択をしてくるだろうし、そのことをリスペクトする。彼らはセカンダリーにいい若手が多くいるので、そのうち数人が試合に出てくるだろう。

 

 

鯖缶コメント:記者会見の一部を紹介しました。ぜひ英文元記事をチェックして、続きを読んでみてください。

 

アーロン・ロジャースのクラッチプレーについて、動画を探してみたので、リンクを貼り付けておきます(youtubeに飛んで、見てください)。ペイトリオッツファンの僕としては、2ミニッツの時点でブレイディの手にボールがあることを願っていますが…

 

2017年week5、カウボーイズ戦での逆転を詳しく振り返った動画がありましたので、チェックしてみてください。10分と少し長いですがおすすめです!(ロジャース自身や、両チームの選手のコメントと一緒に、プレー映像を振り返っています)

www.youtube.com


また、アーロン・ロジャースの「トップ10クラッチプレー」をまとめた動画もありました。あわせてどうぞ(11分です)。

www.youtube.com

 

(過去記事もあわせてどうぞ↓)

 

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com

 

 

Belichick: The Making of the Greatest Football Coach of All Time

Belichick: The Making of the Greatest Football Coach of All Time

 

 (↑Amazonのリンクです)

 

(↓ツイッター、フォローお願いします)