鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLweek9レビュー(パッカーズ@ペイトリオッツ、チャージャーズ@シーホークス、スティーラーズ@レイブンズ)

(スポンサーリンク)

week9は、注目の試合が目白押しでした。地区内での順位がはっきりしてきた地区もありますが、まだまだ混戦の地区もありますし、ワイルドカードの「当落線上」まで入れると、プレーオフを狙えるチームはたくさんありそうです。

 

NFLオフィシャルサイトの記事をチェックしながら、2試合を振り返ってみましょう。

 

www.nfl.com

(この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです。)

 

New England Patriots 31, Green Bay Packers 17
ペイトリオッツ31 - パッカーズ17

Sunday evening's prime-time duel between two of the greatest quarterbacks the game has ever offered living up to its billing, at least for three quarters. Tom Brady (294 yards, TD) and Aaron Rodgers (259 yards, 2 TDs) each traded blows early on, leading scoring drives of 14 and 10 plays, respectively, to open the proceedings, albeit in different ways. Brady's Patriots burned through the Packers defense with a quick-timing, hurry-up attack, while Rodgers bounced around his pocket, unfurling adlibbed rifles to his receivers. Different strokes for different G.O.A.T.s.

サンデーナイトの、プライムタイムゲームは、「最強QB対決」と呼ばれるにふさわしいゲームとなった。少なくとも3Qまでは。

 

トム・ブレイディ(294ヤード、1TD)とアーロン・ロジャース(259ヤード、2TD)は、最初のドライブでそれぞれ14プレーと10プレーで、異なるスタイルでチームを得点に導いた。

 

ブレイディのペイトリオッツは、テンポの速いハリーアップオフェンスでパッカーズディフェンスを手玉に取った一方、ロジャースはポケット内からレシーバー陣に多彩なパスを通してやり返した。それぞれのGOAT(※greatest of all time)が、それぞれの手腕を見せた。

But this game turned not on the play of either gunslinger, but on yet another fumble from another Packers running back. One week after Ty Montgomery lost his handle and then his job, Aaron Jones let one slip away in the fourth quarter with the game tied at 17 and Green Bay driving to take the lead. Forced by Lawrence Guy at New England's 34-yard line, the fumble turned into the go-ahead Patriots touchdown within 10 plays. After a Packers three-and-out, Brady found Josh Gordon, who made corner-turned-safety Tramon Williams whiff along the left sideline for a 55-yard touchdown catch-and-run. That was that. Just seven minutes after the Packers were driving to take the lead, they were down 14 points and down for the count.

しかし、このゲームを決定づけたのは2人のQBのプレーではなかった。パッカーズに、先週に続いてのファンブルが出たのだ。

 

タイ・モンゴメリーがボールを失い、その後パッカーズでのポジションを失った(※week8で、キックオフリターンでファンブル。その後、レイブンズへのトレードで放出された)のに続き、この試合では17対17の4Qで、グリーンベイがリードを奪うためのドライブでRBアーロン・ジョーンズがファンブルロストした。

 

ニューイングランド陣内34ヤード地点でボールを弾き出したのはDEローレンス・ガイ。ペイトリオッツは得たボールを10プレーでタッチダウンに結びつけた。パッカーズのスリー・アンド・アウトを挟んだ次のドライブで、ブレイディはWRジョシュ・ゴードンへパス。ゴードンは、セーフティのポジションに入っていたトラモン・ウィリアムズをサイドラインで一瞬でかわし独走、55ヤードのタッチダウンを決めた。

 

それで勝負あり。パッカーズはリードを目前にしていたドライブだったのに、7分後には14点のビハインドを負っていた。

 

Down Sony Michel and Rob Gronkowski, two of their most important pieces on offense, the Patriots relied on two written-off figures to jumpstart an unsteady attack: Gordon and Cordarrelle Patterson. Gordon was targeted a season-high 10 times by Brady, hauling in five catches for a season-high 130 yards and that long score. His physicality on slants and posts proved difficult for Green Bay's banged-up secondary to deal with. Gordon now has more receiving yards with the Patriots in six games (396) than he had with the Browns from 2015 through 2018 (352).

 

ペイトリオッツはRBソニー・ミシェルとTEロブ・グロンカウスキーという重要な戦力が欠場。その中、いつもどおりにいかない攻撃で頼ったのは、2人の“拾い物”の選手、つまりWRジョシュ・ゴードンとWRコーデラル・パターソンだ。

 

ゴードンはシーズンハイとなる10回のターゲットで5回レシーブし、あの長距離のTDレシーブを含み、シーズンハイの130ヤードを獲得。身体能力を生かし、スタントでもポストでも力を見せ、グリーンベイの試合中のケガで不安定になったセカンダリーには手に余る存在だと示した。ペイトリオッツ加入後の6試合でゴードンが挙げたレシービングヤード(396)は、ブラウンズでの(※)2015年から2018年にかけての合計(352)を上回った。

 

(※訳注:原文どおり2015年~2018年、としていますが、ゴードンは出場停止で2016年、2017年を全休しており、実際にはその間の出場試合数は6試合のみ。なので実はそれほど差のあるスタッツではありません)

Josh Gordon Stats - New England Patriots - ESPN

 

Patterson was on the field for just 13 offensive snaps, but touched the ball on 12 of them, filling in for Michel and James White, who left briefly with what looked like a knee injury. The drive after White departed, Patterson, often lined up in the I-formation, carried the ball five times for 51 yards and scored a rushing touchdown, his first since Week 6 of 2017. White (103 total yards, 2 TDs) returned in the second half to carry some of the load and open up the passing game, but Patterson played a crucial role in helping New England keep pace. As did Julian Edelman, who in addition to catching six passes, threw for a crucial 37-yard first down. This is what the Patriots do on the biggest of stages: Find unexpected ways to surprise and outsmart their opponents. New England hasn't lost since Week 3 and is running away with the AFC East at 7-2. No surprise there.

 

パターソンは、オフェンスでの出場は13スナップに留まったが、そのうち12回でタッチ。試合欠場のミシェルと、ひざのケガで短時間ゲームを離れたRBジェームズ・ホワイトの穴を埋めた。

 

ホワイトがサイドラインに退いた直後のドライブでは、パターソンはしばしばIフォーメーションでRBを務め、5回のキャリーで51ヤードをゲイン、2017年のweek6以来となるラッシングTDを決めた。

 

ホワイト(トータル103ヤード、2TD)は後半試合に戻り、ランでもレシーブでも活躍したが、それでもペイトリオッツが優位をキープする上で、パターソンが重要な役目を果たしたことには変わりない。

 

同様にWRジュリアン・エデルマンも貢献。6回のキャッチに加え、試合のキーとなった37ヤードのパスの投げ手にもなった。要するに、これがペイトリオッツがこの大注目の試合でしたことだ。周囲を驚かせる予想外の攻め方を見つけ、それで相手を出し抜いた。ニューイングランドはweek3で負けたのを最後に連勝を続け、7勝2敗でAFC東をリード。そこには驚きはない。

(スポンサーリンク)

 


Los Angeles Chargers 25, Seattle Seahawks 17
チャージャーズ25 - シーホークス17

Seahawks receiver David Moore couldn't handle a tipped pass on an untimed down that would have given Seattle a chance to send the game to overtime, ending a ferocious Seahawks comeback that fell short.

After beating up on creampuffs the past month, the Los Angeles Chargers authored a signature win going into Seattle to beat up on the Seahawks. The Chargers have now won five games in a row and six of its past seven to move to 6-2.

 
「捕ればオーバータイム」のはずだったが、シーホークスWRのデイビッド・ムーアは、ティップされたパスを手中に収めることができなかった。シーホークスの驚くべき逆転劇は、実現せずに終わった。

(※)シュークリームのような対戦相手を先月倒してきたチャージャーズにとっては、シアトルに乗り込んでシーホークスを倒したのは、自らの力を証明するような勝利となった。チャージャーズはこれで5連勝。過去7戦で6勝1敗で、トータル6勝2敗とした。

(※訳注:creampuff=シュークリーム、軟弱なやつ、くだらないもの、との意味。チャージャーズの10月は、レイダーズ、ブラウンズ、タイタンズに勝利しています。なかなか辛口な言い方ですね)

 

Philip Rivers helped generate back-to-back long touchdown drives to give L.A. a quick 14-7 lead, and the Chargers fended off a magical comeback attempt by Russell Wilson. The L.A. offensive line doesn't get nearly enough credit for its solid play. Chargers blockers pushed around the Seahawks defensive front, providing massive holes for Melvin Gordon on the ground. The running back returned from a hamstring injury and looked fresh, galloping over, around and through defenders for 113 yards on just 16 carries for a gaudy 7.1 yards per attempt. The Chargers o-line also gave Rivers (13 of 26 for 228, two TDs) time to repeatedly find Kennan Allen (6/124) on crossers to move the chains. The balanced effort on the road in a hostile environment portends a positive second-half playoff push for L.A.'s other team.


QBフィリップ・リバースは2連続で長いドライブをタッチダウンに導き、LAが序盤で14対7のリード。そして、QBラッセル・ウィルソンによる4Qの追い上げをかわした。

 

LAのオフェンスラインは堅調で、その働きはもっと評価されてもいい。シーホークスのディフェンダーたちをよくブロックし、RBメルビン・ゴードンのための大きな穴を挙げた。ハムストリングのケガ(※week7欠場、week8はbye)から復帰したゴードンはフレッシュで、ディフェンダーを回避する走りも突破する走りも見せた。わずか16回のキャリーで113ヤード。平均7.1ヤードという素晴らしいスタッツを記録した。

 

チャージャーズのオフェンスラインはパスプロテクトも好調で、リバース(26回投げて12回成功、228ヤード、2タッチダウン)がWRキーナン・アレン(6キャッチ、124ヤード)を見つけてファーストダウン更新のパスを投げるために必要な時間を繰り返し作り出した。

 

チャージャーズは敵地でバランスのいい攻撃を見せて勝利。LAのもう1つのチームのシーズン後半でのプレーオフ争いを後押しすることになった(※シーホークスの敗北で、ラムズはさらに地区優勝に近づいた)。

 

Pittsburgh Steelers 23, Baltimore Ravens 16
スティーラーズ23、レイブンズ16

James Conner is the reason the Steelers (5-2-1) are on a roll as we dive into November. The running back broke 100 yards rushing for the fourth straight game, and while he was kept out of the end zone on the ground, he was also Pittsburgh's leading receiver through nearly two quarters. He finished second in receiving yards (seven catches for 56) and added a touchdown, becoming the first player in Steelers history to find pay dirt 10 times in the team's first eight games of the season. Not much more needs to be said, but if that information doesn't give you enough to be convinced, throw on the tape from a recent Steelers game and it will become overwhelmingly apparent that Conner is the lynchpin of this offense.


RBジェームズ・コナーこそが、11月に入ったスティーラーズ(5勝2敗1分)の好調の理由だ。ラッシングTDは獲得できなかったものの、彼は4試合連続となる100ヤード超えの走りを見せたし、2Q終盤付近までチームのリーディングレシーバーでもあった。結局チーム2位となる56ヤード(キャッチ7回)をレシービングで稼ぎ、1つのTDレシーブ。8試合でTD10回は、スティーラーズ史上初の記録である。

 

言うまでもないことだが、もし数字だけでは信じられないというのなら、最近のスティーラーズの試合映像を見てみればいい。コナーがスティーラーズ攻撃に不可欠であることは明白なはずだ。


The heat is on John Harbaugh after the Ravens lost their third straight, and four of five. Baltimore hasn't looked anything like the team that dominated Pittsburgh in Week 4, and it was most apparent in the fourth quarter, when on multiple occasions a third-down stop would've put them in decent position to attempt to tie the game. The final chance the Ravens (4-5) did get ended up being unsubstantial, as Baltimore wasted first down with a deep heave, took a sack on the ensuing play, burned around 20 seconds moseying back to the line for third down, was flagged for a false start, and then gave us a half-hearted series of laterals before accepting defeat.


レイブンズはこれで3連敗、直近5試合で4敗目。ヘッドコーチ、ジョン・ハーボーは非難されている。ボルティモアはweek4でピッツバーグを圧倒(※26対14で勝利)した時のチームとは変わってしまったように見える。そしてそれは4Qでスティーラーズをサードダウンで止めるチャンスを2回逃し、同点の可能性があるようなフィールドポジションを得ることに失敗した。

 

同点に追いつくための最後のチャンスでも、レイブンズは何も生み出せなかった。ファーストダウンでロングパスを狙って失敗、セカンドダウンではサックを喫し20秒を無駄にしてなんとかサードダウンのフォーメーションにつくもフォルススタート。あとは、負けを認める前に、特に気持ちのこもってないラテラルパスを何回かつなげただけだった。

 

Everyone will point to Harbaugh to blame, but execution -- not getting home on third-down blitzes or breaking up Roethlisberger attempts -- was the bigger problem for a team that is reeling entering the bye week.

ハーボーが責められているが、しかしプレーの遂行の方がより大きな問題だっただろう。サードダウンでのブリッツもロスリスバーガーのパスを防ぐのも成功しなかった。レイブンズは、このチーム状態でバイウィークを迎えている。

(スポンサーリンク)

 

 

鯖缶コメント:3試合のレビューから、一部を抜粋して紹介しました。英文元記事では、他の試合も振り返っていますので、ぜひチェックしてみてください!

 

個人的には、ペイトリオッツの勝つ手段の多彩さ、アーロン・ロジャースの「絶対防げないだろ」というような正確なパス数本、フィリップ・リバースのサードダウンでの勝負強さ、スティーラーズのオフェンスラインの安定感などが印象に残りました。

 

負けたパッカーズ、シーホークス、レイブンズも苦しいながらも十分に可能性のあるシーズン後半なので、引き続き期待したいところです。

 

(↓ツイッター、フォローお願いします!)

 

(↓過去記事も合わせてどうぞ)

 

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com