鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

NFLweek10レビュー(シーホークス@ラムズ、ペイトリオッツ@タイタンズ)

(スポンサーリンク)

week10までが終わりました。9月のレギュラーシーズン開幕以来、あっという間に2ヶ月半が過ぎました。いよいよ佳境に入っていきます。AFC、NFCとも、ワイルドカードの当落線上のチームにとっては「負けられない試合」の連続になってきますし、上位チームにとっても、第1シードを狙いたいところなので、それは同じでしょう。

NFLオフィシャルの記事をチェックしながら、2試合を振り返りましょう。

 

www.nfl.com

(この記事から、一部を抜粋して紹介します。以下の英文は、引用したものです。)

 

Los Angeles Rams 35, Seattle Seahawks 31
ラムズ35 - シーホークス31

Rams running back Todd Gurley rebounded in emphatic fashion from Week 9's performance where the New Orleans Saints limited him to 79 total yards. Gurley proved once again as he goes, so goes the Rams' offense. The elite running back ran with authority against the Seahawks, pounding out 120 yards and a touchdown on 16 carries. Gurley ripped off chunks of yards, averaging 7.5 yards per carry, and produced 40 yards receiving on three catches for a complete game. Gurley also placed himself among some of the NFL's all-time greats by scoring a touchdown in his 10th straight game on the season.

ラムズのRBトッド・ガーリーは、トータル79ヤードに抑えられたweek9セインツ戦から、力強く復調した。ガーリーは、「彼が活躍すればラムズオフェンスは止まらない」ということをまたしても示した。シーホークスを相手に、エリートRBとして威厳を持って走り、16キャリーで120ヤード、1TDを挙げた。ガーリーはランで平均7.5ヤードと大きなゲインを重ね、レシーブでも3回で計40ヤードを稼いだ。ガーリーはこれで今季開幕以来10試合連続でTDを記録し、リーグ史上でもまれに見る活躍を見せている。

(※訳注:「開幕10戦連続TD」はNFL史上4人目。過去には、OJ・シンプソンとレニー・ムーアがそれぞれ「14試合連続TD」を記録しています)

 

With Gurley commanding attention in the running game, quarterback Jared Goff completed 28 of 39 passes for 318 yards and two touchdowns. Goff topped the 300-yard passing mark for the sixth time this season. Brandin Cooks paced the receiving corps with 10 catches for 100 yards, while Robert Woods chipped in with four catches for 89 yards. Cooper Kupp totaled five catches for 39 yards before leaving the game with a knee injury. The initial concern is that he suffered a torn ACL, NFL Network Insider Ian Rapoport reported. The Rams improved to 9-1 to setup a heavyweight matchup against the 9-1 Kansas City Chiefs in Mexico City on Monday Night Football. With a win over the Chiefs and a Seahawks loss this Thursday, L.A. can clinch a second consecutive NFC West title.

 
ガーリーがランゲームで守備の注意を引きつけたことで、QBジャレッド・ゴフは39本中28本パスを成功、318ヤード2TDを挙げた。ゴフが300ヤードを超えた試合は今季6試合目となった。

 

WRではブランディン・クックスが10キャッチで100ヤード、ロバート・ウッズが4キャッチで98ヤード。クーパー・カップはひざのケガでゲームを離れるまでに5キャッチで39ヤードを挙げた。(※クーパー・カップのケガはシーズンエンドと判明しました)

 

ラムズは今季戦績を9勝1敗に伸ばし、次週はメキシコシティで行われるマンデーナイトゲーム、カンザスシティとの対決に臨む。もしラムズがチーフスに勝ち、シーホークスが負ければ、ラムズの2年連続NFC西地区優勝が決まる。

 

The Rams entered Week 10 with just 45 penalties on the season, the second-fewest in the league, and averaging five per game. But head coach Sean McVay's team was plagued with 10 uncharacteristic infractions, including five personal fouls, for 102 total yards against the Seahawks.


ラムズはweek10のこの試合までで今季のペナルティは45回のみ。1試合平均5回はリーグで3位の少なさだった(※)。しかし、ヘッドコーチ、ショーン・マクベイ率いるラムズには似合わないことだが、この試合では10回の反則があり、それに苦しむことになった。5つのパーソナルファウルを含み、トータルで102ヤードをシーホークスに献上した。

(※訳注:元記事の英文では「2位」と出ていますが、実際には3位と思われます)

NFL Football Stats - NFL Team Penalties per Game on TeamRankings.com

 

Rams defensive end Dante Fowler, who accounted for a 15-yard facemask penalty and a 15-yard unsportsmanlike infraction, made up for his mistakes late in the game. Fowler came up big with a strip-sack on Seahawks quarterback Russell Wilson, and ultimately recovered the loose ball at Seattle's 9-yard line after it careened off players in the backfield. The Rams took advantage of the turnover on the very next play when Cooks sprinted into the end zone on a sweep to give the Rams a 36-24 cushion before holding on for the win. While the penalties didn't cost the Rams in what was a close game, the lack of discipline kept two Seattle drives alive and led to touchdowns. Los Angeles is well-coached, though, so Sunday could be anomaly and not cause for alarm.


ラムズのDEダンテ・ファウラーはフェースマスクで15ヤード、アンスポーツマンライクで15ヤードと2回の大きなペナルティがあったが、そのミスを試合の終盤で埋め合わせるビッグプレーがあった。

 

シーホークスQBのラッセル・ウィルソンにストリップサックを決め、その後別の選手に弾かれたボールをシアトル陣内9ヤード地点でリカバーした。

 

ラムズはこのターンオーバーで得たチャンスを逃さず、直後のプレーでTDを決めた。クックスがジェットスイープからエンドゾーンに走り込み、36対24と余裕がある点差を得ることに成功した。

 

しかし、結果的には試合を落とすことにつながらなかったにせよ、規律のなさが生んだ2つのペナルティーでシアトルはドライブを継続させ2つのTDを挙げたのは事実。LAはよく指揮され、タフなチームだ。この試合(のペナルティーの多さ)は例外で、心配には当たらないかもしれないが。

(スポンサーリンク)

 

 

Tennessee Titans 34, New England Patriots 10

タイタンズ34 - ペイトリオッツ10

The student took down the teacher Sunday in stunning fashion. In a game the Titans likely saw as a test of who and where they are, they passed with flying colors -- and left New England reevaluating things heading into the bye week.


生徒が先生を驚くほど鮮やかに倒した。タイタンズとしては自らの力を試されるテストを、見事に合格したような試合だった。逆にニューイングランドに、自分たちをバイウィークで再点検しなおすような課題を与えた。

(※訳注:with flying colors=(旗が翻っているように)見事に、大成功で)

 

Mike Vrabel's defense harassed Tom Brady early and often, pressuring him almost relentlessly, getting a few breaks with some early miscues (Josh Gordon dropped passes, for example) and taking advantage of early stops. Tennessee came out of its corner swinging and landed a wallop of a punch on the Patriots, taking a 17-3 lead into the second quarter and slowly building on it from there.


ヘッドコーチ、マイク・ブレイベル率いるタイタンズのディフェンスはQBトム・ブレイディを序盤から繰り返し苦しめ、容赦なくプレッシャーを与えた。(WRジョシュ・ゴードンの落球など)序盤でミスを誘い、ペイトリオッツの攻撃を止めた。テネシーは序盤からペイトリオッツに重いパンチを浴びせ2Qには17対3と試合をリード。そこから徐々に優位を拡大していった。

 

In the end, it was the classic turn-to-Derrick-Henry approach that helped the Titans ice things, riding the big back to chew clock and score a couple game-sealing touchdowns. It truly was a "team" win for the Titans, who outplayed the Patriots on both sides of the ball, throwing Tom Brady out of rhythm and attacking with unseen aggression on offense. It produced Tennessee's most emphatic win of 2018.


試合終盤には、「RBデリック・ヘンリーに任せろ」というフットボールの見本のようなアプローチでタイタンズの勝利を決めた。巨漢RBによるランで時間を使いながら、ダメ押しとなる2つのTDを挙げた。

 

タイタンズにとってはチーム全体で得た紛れもない勝利で、攻守ともペイトリオッツを上回った。守備ではトム・ブレイディからリズムを奪い、攻撃でも手を緩めることはなかった。それが今季のタイタンズで、もっとも明確な圧勝につながった。

 

Marcus Mariota was night-and-day better than he'd been for much of October, throwing with confidence and precision and scrambling for yards when needed. Mariota found Corey Davis for a beautiful early touchdown, took shots down the sidelines and made decisions with conviction. Gone was the hesitant Mariota of October, and in his place was a quarterback acting as a maestro, a master at the controls utilizing all of his weapons in an efficient manner that kept the Titans' offense moving and the ball out of the Patriots' hands.

 

QBマーカス・マリオタは10月に見せていた姿とは見違えるほどのパフォーマンスで、自信を持って正確に投げ、必要な時はスクランブルでヤードを稼いだ。

 

マリオタはWRコーリー・デイビスを見つTDパスを通し、自信をもってサイドライン際にパスを投げ、自信をもって判断を下した。10月にプレーを躊躇しがちだったマリオタの姿はなく、熟練QBのようにプレーした。彼の武器を効果的に使って攻撃を続け、ペイトリオッツにボールを渡さなかった。

(スポンサーリンク)

 


鯖缶コメント:英文元記事から、一部を紹介しました。他の試合についてのレビューもありますので、チェックしてみてください。

 

ペイトリオッツファンの僕としては、「負けることもあり得る」とは思いながらも、「まさか本当に負けるとは」というweek10でした。タイタンズは、ペイトリオッツのお株を奪うような試合展開での勝ち方で、シーズン終盤へ期待が持てたファンも多かったことでしょう。

 

シーズン前評判を上回る出来で意地を見せてきた今季のシーホークスでしたが、いよいよ苦しくなってきたでしょうか。week11サーズデーナイトゲームのパッカーズ戦は、「背水の陣」になりそうです。

 

 

(↓ツイッター、フォローお願いします)