鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

【2019 NFL TOP100コメント紹介】89位デビン・マコーティー

(スポンサーリンク)

NFLTOP100の89位に、ペイトリオッツのFSデビン・マコーティー(Devin McCourty)がランクインしました。


自身初のランクインです。オールプロセカンドチームの経験が3度(2010、2013、2016)なので、2018シーズンはキャリアベストのシーズンではなかったのかもしれませんが、それでもSBでラムズを3点に抑えたディフェンス陣のキャプテンですから、納得のランクインでしょう。


双子の弟、ジェイソン・マコーティーもチームに加入し(ブラウンズからトレード)、ともに全試合出場。キャリア初の“ピック6”(インターセプト・リターンタッチダウン)もありました。「充実の1年」だったことは間違いありません。


ルーク・キークリー、マイク・ダニエルズがデビン・マコーティーに寄せたコメントを、書き出しました。チェックしてみましょう。


【動画リンク】

www.youtube.com

(「Youtubeで見る」でYoutubeに飛んで見てください。上記動画から、選手のコメントを書き出しました。訳は当ブログで作成したものです)

 

Luke Kuechly ルーク・キークリー(パンサーズLB)

(0:00~)I think if you talk to the people on the Patriots, there's certain guys that get a ton of recognition.

ペイトリオッツについて人々が語るとき、何人かの選手が大きな注目を集めているものだ。


(0:12~)And there's certain guys that they get recognition just for doing things the right way. Obviously, he's a talented player, he's always been.

また、それとは別に、ただ正しいプレーをしていることで知られる選手もいる。彼は才能のある選手だし、ずっとそうだった。


(0:20~)But I think what separates him from everybody else is his ability to get people in position they need to be successful.

でも、彼が並の選手と違うのは、チームが成功するために、周囲の選手を正しいポジションにつかせることができる部分だと思う。


(0:38~)You look at teams that consistently win , there's always pillars on each side of the ball.

※pillar=柱

安定して勝っているチームを見れば、攻守両面に、柱となる選手がいるものだ。


(0:47~)And if you got a guy in this secondary like McCourty that can speak to people from the back end that can get guys lined up, that can put everything together.

セカンダリーに、マコーティーのような選手がいて、最後尾からチームに指示ができるなら、チーム全体の力を、重ね合わせることができる。


(0:59~)He knows their defense in and out and he can relay information everybody else.

※in and out=内も外も、すっかり
※relay=リレーする、中継する

彼は、彼らのディフェンスを隅々まで理解して、情報を守備全体に伝えられる。


(1:08~)You just see how easy stuff for them on defense is everybody's lined up where they need to be. They don't blow coverages.

彼らは、いとも簡単に守備選手を正しいポジションにつかせている。彼らのディフェンスはカバレージをしくじらない。

 

(1:19~)A lot of that has to do not only with coaching but a guy like Devin back there.

それは、コーチ陣だけの功績ではなくて、デビンのような選手がフィールドの最後にいるからなんだ。

(スポンサーリンク)

 


Mike Daniels マイク・ダニエルズ(パッカーズ→ライオンズDT)

※ダニエルズは6月にパッカーズからリリースされ、ライオンズと契約。2019シーズンはライオンズでプレーします(映像上はパッカーズ、とテロップ入っています)。

 

(2:09~)Look at this guy. He's flying. This is amazing, man. That's what we do in Jersey, right? Like wine we get better with age, you know?

見てくれよ。彼は飛んでる。これはすごいぞ。これがニュージャージー仕込みのプレーさ、だろ? ワインと同じで、俺たちは年を経るとよくなるのさ。

※Jersey=ここではNew Jersey(ニュージャージー)。デビン・マコーティーも、マイク・ダニエルズもニュージャージーの高校の出身のようです。


(2:52~)Being from Jersey, you play with a different attitude, man. You know, you outran everybody when you in your 30s. You snatch the ball out of people's hands.

ニュージャージーから来たんだから、普通と違う態度でプレーするんだ。30代になっても、誰よりも速く走って、相手の手からボールを奪っちまう。


(3:05~)He look so helpless the ball leaves his hand, and look at it. Oh, this is great, man. He's tried staring him in his eyes as he's ripping the ball up, if you look at the clip. He's tried staring him in the eye. That's very intimidating. He's from jersey, how we do it.

※intimidating=威嚇するような、人をおじけづかせるような

彼はボールが手から離れたときに、相当情けなくやられたな。見てくれ。これはすごい。ボールをむしりとりながら、相手の目を見てるよ。動画を見てくれよ。相手の目を見てるんだ。こうやって、相手をビビらせる。これがニュージャージーのやり方なんだ。

(※この部分は聞き起こしが難しく、間違ってるかもしれませんm(_ _)m)

 

(スポンサーリンク)

 

鯖缶より:コメントまでマジメそのもののルーク・キークリー、まるでラッパーのようになめらかに喋るマイク・ダニエルズがそれぞれ印象的でした。

 

動画内でも紹介されていましたが、マコーティーのインターセプトリターンは、文字通りリーグトップクラスの速さの走りだったようです。ペイトリオッツファンとしては、衰えずにまだまだ活躍してほしいところですね。

 

質問、訂正、補足、リクエストなどがあればどうぞ遠慮なさらずコメントください。お答えできるかはわかりませんが、ブログのネタにもなりますので大変助かります!

 

(ツイッター、フォローお願いします↓)

 

(あわせてこちらもどうぞ↓)

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com