鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

【2020NFL】ペイトリオッツのスケジュールがキツいらしい

(スポンサーリンク)

NFL2020シーズンの対戦スケジュールは、5月に発表されています。自分のひいきチームの対戦表を見ながら、星勘定をしたり有給休暇の数を計算したりするのが、ファンとしてはオフシーズンの楽しみの1つでしょう。


さて、総当り戦でないNFLには、「楽なスケジュール」と「厳しいスケジュール」がそれぞれ生まれてきます。2020シーズンのNFLでは、どのチームが厳しいスケジュールなのでしょうか。


「Toughest 2020 NFL schedules: Brady-less Patriots will be tested」(2020NFLで最難関のスケジュールは? ブレイディ抜きのペイトリオッツに試練)という記事の一部を訳して紹介します。


【引用元】

www.nfl.com

(以下の英文部分は上記記事より一部を引用したものです。2020年5月7日の記事です。訳や単語の意味は当ブログで作成しました。ぜひ元記事で全文をチェックしてみてください)


New England Patriots:ニューイングランド・ペイトリオッツ

The Patriots' schedule luck from 2019 was due for a course correction. They play seven games against playoff teams from a year ago, tied for the most in the NFL. They head out on early trips to Seattle and Kansas City, two of the toughest road venues the league has to offer -- and two enormous tests for presumed first-time starter Jarrett Stidham.

ペイトリオッツのスケジュール運は、2019シーズンと比べて軌道修正される。ペイトリオッツは昨季のプレーオフ出場チームと7試合対戦し、これはリーグ最多タイだ。彼らはシーズン序盤でシアトルとカンザスシティに遠征するが、これはリーグ内でも最難関と言えるアウェーの環境で、はじめて先発QBを務めるだろうジャレット・スティダムにとっては、厳しいテストになる。


(※昨季プレーオフチームとの対戦:week2@シーホークス、w4@チーフス、w7vs49ers、w8@ビルズ、w10vsレイブンズ、w11@テキサンズ、w16vsビルズの7試合)

 

The Pats are also one of just four teams to face the dreaded three-game road trip this season, and New England's daunting trek comes in early December.

その上、パッツは過酷なロード3連戦がある4チームのうちの1つで、その恐ろしい旅は12月の最初に始まる。

 

※week13@チャージャーズ、w14@ラムズ、w15@ドルフィンズと、ロード3連戦が続きます。

※patriots 2020スケジュール貼っておきます↓

Official Game Schedule of the New England Patriots

(後略)


The rest of the AFC East:のこりのAFC東3チーム

The entire division played worse than the records showed a year ago. Not only did the Patriots, Bills, Jets and Dolphins get to play each other, but they all wound up facing extremely forgiving out-of-division schedules. That isn't likely to be the case again this year.

AFC東地区の昨季のプレー内容は、成績よりも悪いものだった。ペイトリオッツ、ビルズ、ジェッツ、ドルフィンズがお互いに戦った以外に、彼らの地区外の対戦スケジュールはかなり恵まれたものだった。今季は同じパターンにはならないだろう。


(※2019シーズンのAFC東地区の対戦地区は、NFC東とAFC北で、レイブンズを除けば不調なチームが多く、AFC東の各チームにとっては恵まれたスケジュールと言えました)

 

The departure of Tom Brady gives hope to the rest of the division and likely installs the Bills as favorites. But that optimism should be tempered by the reality of facing the NFC West and AFC West out of division. Both western divisions look deeper and more improved than the AFC East, without any obvious soft spots.

トム・ブレイディの離脱によって、のこりの3チームは望みが出てきたし、おそらくビルズが本命と言えるだろう。だが、その楽観も、NFC西とAFC西との対戦となる現実を突きつけられると、修正せざるを得ないだろう。両カンファレンスの西地区はAFC東に比べると層が厚くチーム力も上昇しており、あからさまな穴が見当たらない。

temper=(動詞)和らげる、抑える
soft spot=弱点

(後略)


【鯖缶より】

元記事では、続いて「ジャイアンツとレッドスキンズ」(NFC西とAFC北と対戦)、「カーディナルス」(NFC西がヤバい)、「テキサンズ」(最初の4戦が@チーフス、vsレイブンズ、@スティーラーズ、vsバイキングスと厳しい)と挙げられていました。是非原文をチェックしてみてください。


2019シーズンの勝率を元に計算した「strength of schedule」(スケジュールの強度。対戦相手の合計勝率)では、ペイトリオッツは全32チーム中トップの難度のスケジュールになっています(.537)。一方、最も甘いスケジュールはレイブンズ(.438)。昨季の成績を元にした数字なので、あくまでも参考データに過ぎませんが、それでもペイトリオッツファンとしてはタフなシーズンを覚悟さぜるを得ないところでしょうか。

 

(strength of scheduleがわかる記事を貼っておきます↓)

Strength of schedule for all 32 NFL teams: Which teams have the hardest, easiest schedule for 2020? | Sporting News

 

質問、訂正、補足、リクエストなどがあればどうぞ遠慮なさらずコメントください。お答えできるかはわかりませんが、ブログのネタにもなりますので大変助かります!

 

(ツイッター、フォローお願いします↓)