鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

ラマー・ジャクソン、アンドリュー・ラックは苦戦(プレシーズン2戦目レビュー)

(スポンサーリンク)

プレシーズン2戦目について、レビュー記事をNFLオフィシャルから紹介していましたが、ESPNの記事もわかりやすくまとまっているので続いて紹介します。

各試合のスコアと(現状スコアは問題ではないのですが)、その試合での注目点を分析して紹介しています。

 

www.espn.com

(この記事から、一部を紹介します)

 

RAVENS 20, COLTS 19

Baltimore Ravens

Lamar Jackson's growing pains were painful on Monday Night Football. He was inaccurate once again (7-of-15), and he took too many hits when running, including getting flipped over on one collision. Jackson's best throw was a 7-yard touchdown while rolling to his right. He's at his best when throwing on the run, but he has yet to prove that he can consistently throw in the pocket. Jackson hasn't completed more than half of his passes in any of his three preseason appearances. The Ravens have a major decision to make on whether to give the primary backup job to Jackson or carry a third quarterback in Robert Griffin III, who has been impressive this preseason. -- Jamison Hensley

 

ボルティモア・レイブンズ

QBラマー・ジャクソンはマンデーナイト(コルツ戦)で成長の痛みを味わった。またもパスは不正確(15本中7本の成功)で、サックされてひっくり返されたシーンも含め、ヒットを受け続けた。ジャクソンのベストプレーは7ヤードのタッチダウンパスで、右へロールアウトして投げたもの。
ジャクソンは走りながらのパスは良かったが、ポケット内に留まってのパスは安定せず、課題が残った。ジャクソンは、プレシーズンの3試合(※HOFゲーム含めて3試合)でそれぞれ、パス成功率が5割を超えなかった。ロバート・グリフィン3世のプレシーズンでの出来がいいこともあって、レイブンズとしてはフラッコに続くバックアップをどちらにするか、大きな選択を迫られているところだ。(記者:Jamison Hensley)

(スポンサーリンク)

 

 

Indianapolis Colts

About the only highlight for Andrew Luck in his second game in 19 months was that after he was dragged to the ground on his surgically repaired right shoulder, he got up and slapped hands with Ravens pass-rusher Terrell Suggs without having any problems. Not much else was good for Luck against the Ravens. He finished 6-of-13 for 50 yards while playing five series (23 plays). Luck was sacked twice and threw an interception after forcing a pass in the red zone. Barring a change, Luck is expected to play until at least halftime in the third preseason game against San Francisco on Saturday. -- Mike Wells

 

インディアナポリス・コルツ

直近の19ヵ月で2度目の出場となるQBアンドリュー・ラックにとって唯一のハイライトは、レイブンズのLBテレル・サッグスにサックを受け、手術明けの右肩をヒットされ地面に叩きつけられたあと、問題なく立ち上がってサッグスと手を合わせた場面だ。それ以外には、これといっていいシーンはなかった。5回のシリーズで23回スナップを受け、パスは13本中6本成功で50ヤードだった。2回のサックを受け、レッドゾーンで投げたパスはインターセプトされた。
特別な変更がなければ、ラックは日曜のサンフランシスコ・49ers戦で第3Qまでプレーすると見られている。(記者:Mike Wells) 

<プレシーズン2戦目、レイブンズ対コルツのハイライト動画はこちら>

(スポンサーリンク)

 

 

CHARGERS 24, SEAHAWKS 14

Seattle Seahawks

If you were concerned about right tackle Germain Ifedi as a potential issue along Seattle's offensive line, nothing in Saturday night's 24-14 loss to the Chargers would make you feel any better. The 2016 first-round pick got bulled over on one play and was beaten badly off the edge several times. He also might have gotten away with at least one false start by jumping the snap a split second early, something he did often last year when he led the NFL in penalties. In fairness to Ifedi, he was matched up a few times with Melvin Ingram, who will make many tackles look bad. But it's not as though it'll get much easier when the games start to count. The Seahawks open the regular season at Denver against Von Miller and No. 5 overall pick Bradley Chubb, and they don't have a viable alternative at right tackle to Ifedi. It's a good thing Russell Wilson can get out of trouble better than any NFL quarterback. -- Brady Henderson

 

シアトル・シーホークス

もし、RTのジャメイン・イフェディがオフェンスラインの弱点となることが心配なら、24対14で負けたチャージャーズ戦に、好材料は見当たらなかった。2016年の1巡目指名のイフェディは1つのプレーでひっくり返され、また何度も相手ディフェンスにエッジで競り負けた。少なくとも1回はほんの少し早く動くフォルス・スタートを見逃されていたようだ。彼は、昨季NFLで最多のペナルティを犯していた。もっとも、イフェディに公平になるように触れておくと、彼が何度もマッチアップしたのはチャージャーズLBのメルビン・イングラムで、イングラムとマッチアップすれば多くの選手が平凡に見えるのが普通だ。とは言え、レギュラーシーズンが始まれば、より簡単な相手になるわけではない。シーホークスの開幕戦はデンバー・ブロンコスで、ボン・ミラーとい1巡目(全体5位)指名のブラッドリー・チャブとの対戦になる。シーホークスは、イフェディ以外にRTを任せられる人材はいない状況だ。QBラッセル・ウィルソンが、NFLでもっともラッシュをかわすのが得意なQBでよかったとしか言えない。(記者: Brady Henderson)

 

(スポンサーリンク)

 

Los Angeles Chargers

After struggling to defend the run against the Arizona Cardinals last week, the Los Angeles Chargers' starting defense played stout up front in facing the Seattle Seahawks, holding them to 3.7 yards per carry in the first half. The Chargers also had a goal line stand and held Seattle's starting offense to only six points, sacking Russell Wilson twice. J.J. Jones, an undrafted rookie out West Georgia, had the highlight of the game for the Chargers, breaking loose for a 72-yard punt return for a score. Jones could challenge Travis Benjamin for the starting return job. -- Eric Williams

 

LA・チャージャーズ

前節のアリゾナ・カーディナルス戦ではランを止めるのに苦戦していたが、シーホークスのランに対しては安定感を見せ始めた。前半は1キャリー平均で3.7ヤードに抑えた。また、チャージャーズディフェンスはゴールライン前でシーホークスの先発ユニットに立ちはだかりタッチダウンを許さず、ラッセル・ウィルソンを2度サック。失点を6点に抑えた。ウェスト・ジョージア大からドラフト外入団の新人WRのJ・J・ジョーンズがこの試合1番のハイライトとなるプレーを決めた。72ヤードのパントリターンタッチダウンだ。ジョーンズは、トラビス・ベンジャミンからパントリターナーの座を奪えるかもしれない。(記者:Eric Williams)

 

<プレシーズン2戦目、チャージャーズ対シーホークスのハイライト動画はこちら>
<J・J・ジョーンズのパントリターンTDの動画はこちら>

 

(スポンサーリンク)

 

鯖缶コメント:ESPNの元記事では、この2ゲーム以外も、各試合について注目ポイントをまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

シーホークスのオフェンスラインの不安を説明するのに、「せめての救いはウィルソンの俊敏さ」と言ったり、いいプレーを見せられなかったラックに対して、「サックを食らっても立ち上がったのがハイライト」と、英語らしい表現もニューズ記事に目を通す面白さかもしれません。


その他、目に付いた記事を見出しと概要だけ紹介しますので、チェックしてみてください。


「QBお買い得ランキング」

概要:各チームのQBを、年棒と比べてのコストパフォーマンスでランキング。1位ラッセル・ウィルソン、2位ダク・プレスコット、3位アーロン・ロジャースでした。以降の順位も、以下のリンクでチェックしてみてください!

www.espn.com


「パワーランキング+各チーム注目選手」

概要:ESPNの作った8月時点でのパワーランキング。各チームから「躍進しそうな選手」または「サプライズでロースターに残れないかもしれない有力選手」のどちらかを紹介。プレシーズンの注目ポイントがよく分かります。

www.espn.com

(スポンサーリンク)

 

 

(過去記事も合わせてどうぞ↓)

 

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com