鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)をとことん楽しむためのブログです

NFC北の注目ポイント

(スポンサーリンク)

今季の展望を予想するには、各地区ごとにチェックしていくのがわかりやすいでしょう。(1つ前の記事では、NFLオフィシャルから、AFC西について紹介しました)
<AFC西の注目ポイントはこちら>


続いて、NFC北についてまとめた記事を紹介します。各チームに可能性を感じることのできる、注目地区のように思います。

 

www.nfl.com


(この記事から、一部を紹介します。以下の英文は、引用したものです)

 

Most significant changes from 2017
(昨季から最も変わったこと)

 

CHICAGO BEARS: Before we get to the blockbuster acquisition of a certain former Defensive Player of the Year, let's go back a bit. Ryan Pace made a bold move in the 2017 NFL Draft -- not only selecting Mitchell "13 College Starts" Trubisky with the second overall pick, but giving up valuable draft currency in the process. (Remember Chicago's roundly mocked one-spot jump?) One offseason later, the Bears general manager doubled down on that venture by adding a host of QB-friendly characters, beginning with new head coach Matt Nagy and offensive coordinator Mark Helfrich. Chicago also scooped up a bunch of intriguing pass catchers via free agency (Allen Robinson, Taylor Gabriel and Trey Burton) and the draft (Anthony Miller). All in all, this was an offseason devoted to the well-being -- and hopeful Year 2 breakout -- of the 24-year-old signal-caller. And then came the trade heard 'round the world, when Chicago sent a passel of picks (including a pair of first-rounders) to Oakland for Khalil Mack (and a second-round pick!). Mack, an elite pass rusher in the prime of his career, wasn't even the only fun new toy given to defensive coordinator Vic Fangio: There's also No. 8 overall pick Roquan Smith, who could assume the mantle as the next great Bears middle linebacker.

 

シカゴ・ベアーズ

元ディフェンス・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー獲得の話題の前に、ちょっと時間をさかのぼろう。GMのライアン・ペースは、2017年のドラフトで大胆な動きをした。ミッチェル・“カレッジ時代13回先発”・トゥルビスキーを全体2位で指名しただけでなく、(もともと持っていた全体3位から)指名順を1つ上げるためだけに、貴重なドラフト指名権をつぎ込んだことだ。1年経ったこのオフシーズン。ベアーズのGMは、そのギャンブルを継続させた。QBを楽にできる人材たちをチームに加えたのだ。新しいヘッドコーチ、マット・ナギーと、オフェンシブ・コーディネーターのマーク・ヘルフリッチである。

ベアーズはそれに加えて、何人かの魅力敵なパスキャッチャーをFAで加えた(WRアレン・ロビンソン、WRテイラー・ゲイブリエル、TEトレイ・バートン)し、ドラフトでもそうだ(WRアンソニー・ミラーを2巡目で指名)。

結局のところ、こうした動きのすべては、24歳のシグナルコーラー、トゥルビスキーが2年目にブレイクできるよう準備したものだ。

さてこれに加えて、世界中で騒がれたトレードが実現したのである。シカゴは2つの1巡を含む指名権を出し、オークランドからカリル・マック(と2巡目指名権)を獲得した。マックは、NFL屈指のパスラッシャーで、実力もキャリアの絶頂期と言える。

ディフェンシブコーディネーターのヴィック・ファンジオにとっての唯一の新兵器はマックだけではない。ベアーズは今季ドラフトで、1巡目全体8位で指名したロクン・スミスは、ミドルLBとしてこれからのベアーズディフェンスの中核になるべき選手だ。


<WRアンソニー・ミラーのカレッジハイライト動画はこちら>
<LBロクワン・スミスのカレッジハイライト動画はこちら>

(スポンサーリンク)

 

DETROIT LIONS: The new head coach, Matt Patricia, has a defensive background. And it will be very interesting to see what he can get out of a unit featuring some high-grade pieces in the back end (first-team All-Pro CB Darius Slay and the eternally underrated Glover Quin) and a whole heap o' question marks in the front seven. That said, the most enticing offseason activity took place on offense -- specifically, in the run game. This is key, considering the Lions haven't finished in the top half of the league in rushing yards since Barry Sanders retired two decades ago (seriously), ranking dead last in two of the past three campaigns. Detroit added 247-pound hammer LeGarrette Blount in free agency, then spent its first two draft picks on road grader Frank Ragnow and slippery back Kerryon Johnson. Could this be the season Matthew Stafford finally receives some ground support?

 

デトロイト・ライオンズ

新ヘッドコーチのマット・パトリシアは、ディフェンシブコーディネーターの出身。彼がディフェンスを、どのようにまとめていくかは興味深い。ライオンズは、ディフェンシブバックにタレントがいる(オールプロ、ファーストチームのCBダリアス・スレイと、これまで常に過小評価されてきているが実力は確かなSグローバー・クイン)一方で、フロント7については疑問符だらけだ。

チームにとって、ファンの心を躍らせるような動きはオフェンスに、特にランゲームの改善にあった。ライオンズは、バリー・サンダースが引退(※1998年が最終シーズン)して以来の約20年、ラッシングヤードがリーグの半分より上位に入ったことがなく、過去3シーズン中2回は最下位だった。チームは247ポンド(112キロ)のハンマー、ルギャレット・ブラントをFAで獲得。ドラフトの上位2つの指名権を使って、モーターグレーダー(※ブルドーザーのような重機に選手を例えています)、Cフランク・ラグノー(1巡目)と俊敏なRBケリオン・ジョンソン(2巡目)を獲得した。

今季は、QBマシュー・スタフォードがはじめてランゲームに助けられるシーズンになるかもしれない。

<CBダリアス・スレイ、2017ハイライト動画はこちら>

<Sグローバー・クイン、2017ハイライト動画はこちら>

 

(スポンサーリンク)

 

GREEN BAY PACKERS: Out with Jordy, in with Jimmy. Aaron Rodgers lost his longtime go-to guy this offseason -- and the quarterback wasn't too pleased about Jordy Nelson's unceremonious release. Not to fret, Aa-Rod: Here's another gifted pass catcher with a firsty-firsty name and distinguished red-zone savvy! Jimmy Graham appears to be forming a good rapport with his new quarterback -- the two hooked up in Week 2 of the preseason for the first of what could be many scoring strikes -- and fantasy friends are taking note.

 

グリーンベイ・パッカーズ

WRジョーディ・ネルソンが去り、TEジミー・グラハムが加わった。QBアーロン・ロジャースは、長年最も頼りになったパスターゲットを失い、その突然のリリースには納得がいかない部分もあったようだ。でも、むしゃくしゃしないでくれ、アーロン。名字も名前も両方がファーストネームみたいな(※「ジミー」と「グラハム」のこと)、レッドゾーンの達人パスキャッチャーが加入したじゃないか。

プレシーズンの2戦目で初共演し、ジミー・グラハムはロジャースと息の合ったプレーを見せた。これは、これからのシーズンで多くのタッチダウンを挙げるうちの最初の1つになるのかも知れない。多くのファンタジーフットボールファンはメモを取ったはずだ。

(※元記事より、抜粋して訳しています)

 

(スポンサーリンク)

 

MINNESOTA VIKINGS: Have you heard about The 84 Million Dollar Man? Minnesota drew up a game-changing contract -- full of guaranteed guarantees that are purportedly fully guaranteed (who even knows anymore?) -- to lure in the most coveted free-agent quarterback since Peyton Manning. Though what kind of a fortress have the Vikings built to protect such a costly investment? The O-line's interior is currently in tatters, thanks to Joe Berger's retirement, Nick Easton's season-ending injury. At least center Pat Elflein is off the PUP list. Last week's trade for C/G Brett Jones was further proof that the Vikings are fully aware of this talented roster's Achilles' heel.

 

ミネソタ・バイキングス

8400万ドルの男なんて、今まで聞いたことがあったか? ミネソタは、満額の8400万ドルが保証された驚くべき契約(※3年で8400万ドル。1年平均2800万ドル)で、QBカーク・カズンズを招き入れた。QBとしてはペイトン・マニング以来、最も欲しがられたFAだった。これほどの投資をしてQBを買ったが、しっかり守るべき要塞はバイキングスにあるのだろうか?

オフェンスラインの内側は、ジョー・バーガーの引退とニック・イーストンのシーズンエンドのけがにより、今のところ穴があると言ってよい。少なくともCパット・エルフレインはPUPリストから外れはしたが。C/Gのブレット・ジョーンズをトレードで獲得したのは、バイキングスの強力なロースターの弱点がオフェンスラインにあることは、チームも意識している証拠だろう。

(※元記事より、抜粋して訳しています)

(スポンサーリンク)

 


鯖缶コメント:スーパーボウルが狙えると評判のバイキングス、パッカーズだけでなく、ベアーズもライオンズも、十分可能性のあるチームに思えます。この地区から、どのチームが抜け出してくるかで、NFCのプレーオフ争いにも影響してきそうですね。

ペイトリオッツファンの僕としては、NFC北地区とは当たるので、シーズン中も引き続き注目していくことになりそうです。

元記事では、続いて、各チームの注目選手と、シーズンの展望について書かれていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

(過去記事もあわせてどうぞ)

 

 

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com