鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)をとことん楽しむためのブログです

AFC西の注目ポイント

(スポンサーリンク)

開幕まであとわずか。NFLのオフィシャルサイトも、FOXやESPNも、気になる記事がどんどん増えてきました!

どんどん紹介しますので、はりきってチェックしていきましょう。

今日は、NFL公式から、AFC西地区の注目ポイントを取り上げた記事を取り上げます。

 

www.nfl.com


(この記事から、一部を紹介します。以下の英文は、引用したものです)

 

Most significant changes from 2017

For half of this division, the answer is the same: quarterback.

While the Chiefs bid Alex Smith adieu and replaced him with anointed successor Patrick Mahomes (more on him later), Broncos GM John Elway went the free agency route, luring Case Keenum to Denver after missing out on Kirk Cousins. The results were mixed in the preseason, but Keenum still provides more optimism than any of the previous quarterbacks who have stepped into the role after the retirement of Peyton Manning. Denver also attempted to address its offensive line (again), though the jury remains out on how well the revamped group will perform.

 

2017年シーズンとの最大の違い

このディビジョンのうち半分のチームで答えは同じ。クォーターバックだ。

チーフスはアレックス・スミスに別れを告げ、パトリック・マホームズに後継を託した。ブロンコスのGMジョン・エルウェイはFAでカーク・カズンズを逃したが、ケイス・キーナムを獲得した。プレシーズンの時点でこの推移の成否はなんとも言えないが、それでもキーナムはペイトン・マニングの引退以降のブロンコスQBのなかでは、最も希望の持てる存在ではある。そして、ブロンコスはオフェンスラインの再構築を試みている。実際にシーズンで機能するかは、これからわかるだろう。

(スポンサーリンク)

 

 

Kansas City is also dealing with the aftermath of trading away Marcus Peters and watching Terrance Mitchell leave via free agency. Chiefs GM Brett Veach replaced the two by acquiring Kendall Fuller in the Alex Smith trade and allowing Steven Nelson to elevate into the starting gig, but the secondary as a whole has struggled in the preseason. On the positive side, Kansas City also brought in inside linebacker Anthony Hitchens, who was one of my favorite NFC linebackers in recent years when he was with Dallas. He's only played one preseason game, but he should help a defense that might be worse than expected in 2018.

Oh, and the Chiefs signed Sammy Watkins.

 

カンザス・シティはCBマーカス・ピーターズをトレードで放出、CBテランス・ミッチェルがFAで去るのを見送っており、その穴を埋める必要がある。チーフスのGMブレット・ビーチは、アレックス・スミスのトレードで獲得したケンドール・フラー
と、今季スターターに昇格させるスティーブン・ネルソンの2人で、穴を埋めようとしている。しかし、プレシーズンを見る限りでは、DB陣は苦戦していた。

チーフスの明るいニュースとしては、インサイドLBにアンソニー・ヒッチンズが加入したことだ。昨季までカウボーイズでプレーしており、(英文元記事の)記者好みのNFCのラインバッカーの1人だ。今季のチーフスディフェンスは期待より苦戦するだろうが、ヒッチンズは貢献するだろう。

おっと、それにチーフスはWRサミー・ワトキンスとも契約している。

 

Beyond the Most Important Position in Football, an equally momentous change arrived in the form of a scowl and a headset. Jon Gruden is again in charge of the Oakland Raiders and hasn't taken long to leave his impression on the squad, jettisoning punter Marquette King, acquiring (and later releasing) Martavis Bryant, trading for AJ McCarron after deeming his backups inadequate and most importantly, shipping out Khalil Mack to Chicago for two first-round picks.

QBというアメフトで最重要なポジションの話を出したが、同じぐらいの大きな変化が「しかめっ面とヘッドセット」の姿をして訪れた。レイダースのヘッドコーチに、ジョン・グルーデンが戻ったのである。そして、グルーデンはさっそく周囲を驚かせている。パンターのマーケット・キングを解雇、WRマータビス・ブライアントを獲得(結局解雇)、バックアップQBが不十分と判断しAJマカロンをトレードで獲得。そして一番大きな動きとして、カリル・マックを1巡目指名権2つとのトレードでシカゴ・ベアーズに放出したことだ。

(スポンサーリンク)

 

 

As for the Chargers, minimal change was the best kind during the offseason -- except for kicker. The position that burned the Bolts in 2017 has been addressed, and the defense received an unexpected reinforcement with the selection of Derwin James, who is closing in on a starting spot. Another sneaky player to watch is rookie linebacker Uchenna Nwosu, who was a wrecking ball off the edge while at USC and has provided tape that suggests his skills will translate rather quickly to the NFL game.

 

チャージャーズにとっては、変化が少なかったことが一番よかった、と言えるオフシーズンだった。キッカーを除けば。キッカーは、昨季ボルツ(チャージャーズ)を黒焦げにさせ続けた。今季は巻き返せるか。ディフェンスは、1巡目に指名されたSダーウィン・ジェームスによって強化された。彼はスターターの座の獲得に迫りつつある。

もう1人の注目プレーヤーは新人LBの(2巡目指名)ウチェナ・ヌオス。USC(南カリフォルニア大学)で、彼はエッジからボールに襲いかかり、そのプレー動画を見れば、NFLでもすぐに活躍できるようになることが想像に難くない。

<ダーウィン・ジェームス、カレッジハイライト動画はこちら>

<ウチェナ・ヌオス、カレッジハイライト動画はこちら>

 

Health will again be key for the Chargers, though. They've already lost budding star tight end Hunter Henry to a torn ACL and snake-bitten CB Jason Verrett to a torn Achilles. But L.A. is welcoming back 2017 second-round pick Forrest Lamp, who hasn't played an NFL game due to his own knee injury suffered last year. Lamp should challenge for a starting job when fully healthy, per coach Anthony Lynn, and it's getting to be about that time. When Lamp's inserted into the lineup as a right guard (he played left tackle in college), Los Angeles suddenly will have one of the better lines in the league to go along with an offense that is loaded with talent at the skill positions. It's time for folks in L.A. to get excited about the other new team in town.

プレーヤーがけがを避けられるかどうかが、今季もチャージャーズの命運を握るだろう。チームはすでに、売り出し中のTEハンター・ヘンリーが膝前十字靭帯(ACL)断裂でシーズンエンド、追い打ちをかけるように、CBジェイソン・ベレットもアキレス腱断裂で失った。

しかし、チャージャーズには昨季2巡目指名のフォレスト・ランプが戻ってくる。ランプはひざのけがで昨季試合に出られなかった。けがから回復し体が万全なら、スターターを争える実力の持ち主で、そのことはヘッドコーチのアンソニー・リンも認めている。

ランプがRGとしてオフェンスラインに入れば(カレッジではLTでプレー)、チャージャーズは突如としてリーグでも上位のオフェンスラインを手に入れることとなる。スキルポジションには、タレントがあふれており、LAのファンに(ラムズだけでなく)新しい期待できるチームとしてアピールできるだろう。

(スポンサーリンク)

 


鯖缶コメント:AFC西地区、各チームとも昨季よりも強くなったようにも見えるし、そのかわり不確定要素もあって予想が難しいように思えます。星のつぶしあいになる、注目地区になることは間違いなさそうです。

元記事では、各チームの注目選手をあげて分析しているので、ぜひ続きをチェックしてみてください!


その他、見出しのみ貼っておきます。合わせてチェックしてみてください!

2018、MVPなど個人賞予想

www.nfl.com

 

RG3、レイブンズロースター入り

www.nfl.com

 

(スポンサーリンク)

 

(過去記事も合わせてどうぞ↓)

 

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com