鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

week6 ペイトリオッツvsジャイアンツ Stock Watch

(スポンサーリンク)

ペイトリオッツは、week6のTNFでホームにジャイアンツを迎え勝利。開幕からの連勝を6に伸ばしました。


終わってみれば3TD差でしたが、4Qまで1TD差が続く「奇妙に張り詰めた試合」という感じ。後半のペイトリオッツのポゼッションでは、長いドライブがFG失敗、4thダウンギャンブルで無得点に終わり、ファンとしてはかなりハラハラしました。


先週に引き続き、球団公式サイトから「Stock Watch」の記事を紹介します。「株価のチェック」にたとえて、試合を振り返る内容です。

 

【引用元】

www.patriots.com

(以下の英文部分は上記記事より引用したものです。訳や単語の意味は当ブログで作成しました。ぜひ元記事で全文をチェックしてみてください)

 

STOCK UP 株価上昇


Brandon Bolden ブランドン・ボールデン(RB)

Once again, Bolden came up big on special teams for the Patriots. He notched his second blocked punt of the season. It was a six yard block recovered by Chase Winovich who returned it for a touchdown.

notch 切れ目を入れる、記録する

 

またも、ボールデンがスペシャルチームでペイトリオッツのために大きな仕事をした。シーズン2つめのパントブロックを記録したのだ。そのボールをLBチェイス・ウィノヴィッチがリカバーし、6ヤードのリターンTDに結びつけた。

 

※ジャイアンツのパントの機会で、ボールデンがジャイアンツの選手を押し込み、その選手ごとブロックしたようなプレーになりました。動画リンク貼っておきます↓

Brandon Bolden gifts Chase Winovich his first NFL TD on punt block - YouTube

 

Later in the game, Bolden found his way into the end zone on a one yard rush. The Patriots have struggled in the red zone for much of the 2019 season. Bolden’s reliability has clearly been something Tom Brady has relied on as this Patriots offense continues to struggle. Tonight marked Bolden’s third touchdown in three consecutive games.

reliability 頼れること、信頼性

 

試合の後半には、1ヤードのラッシュでエンドゾーンに入り込んだ。今季のペイトリオッツはレッドゾーンで苦戦している。苦戦が続く中、ボールデンの確実性の高いプレーは、トム・ブレイディにとって間違いなく頼れるものとなっている。この試合で、ボールデンは3試合連続のTDを挙げたことになった。


Jakobi Meyers ジャコビー・マイヤーズ(WR)

If Brady keeps looking for number 16, the Patriots just might find themselves another receiver. Meyers got extended action due to an inactive Phillip Dorsett. He made the most of his opportunities and caught all four balls Brady threw his way.

もしブレイディが16番をフィールドで探し続けることになれば、ペイトリオッツは新しいレシーバーを見つけたことになるのかもしれない。WRフィリップ・ドーセットのインアクティブにより、マイヤーズは出場機会を増やした。そして、そのチャンスを最大限に生かし、ブレイディが彼に投げた4つのパスをすべて捕った。

 

The rookie particularly stood out in the second quarter when he made a very impressive catch down the left sideline for 23 yards. Brady didn’t look Meyers’ way much in the second half, but tonight’s game was certainly another step in the right direction for the rookie.

この新人WRは、左のサイドライン際で23ヤードの素晴らしいキャッチを含め、特に2Qに活躍した。後半はブレイディはマイヤーズの方をあまり見なかったが、この試合は彼が正しい方向へもう一歩前進したことを示すものとなった。

 


STOCK DOWN 株価下降

Injuries ケガ

The Patriots have 11 days to prepare for their next game against the New York Jets, and they will certainly need it after the injuries they sustained. Patrick Chung, who was dealing with a heel injury last week, injured his chest early on in the game. He did not return.

ペイトリオッツは、次のニューヨークジェッツ戦(MNF)まで11日の準備期間があるが、これはチームの抱える負傷者数を思えば、間違いなく必要な日数だろう。Sパトリック・チャンはかかとのケガがあったが、ゲーム序盤でさらに胸を痛め試合に戻らなかった。

Similarly, Josh Gordon suffered a knee injury and did not return although he did ride the exercise bike for much of the game. Jakob Johnson and Dont’a Hightower sustained shoulder injuries. J.C. Jackson and Matt LaCosse also suffered knee injuries. Jackson did not return while LaCosse did but only briefly.

同じように、WRジョシュ・ゴードンはひざを負傷し、残りの多くの時間サイドラインでエクササイズバイクに乗る姿は見せたものの、試合には戻らなかった。FBヤコブ・ジョンソン、LBダンテ・ハイタワーは肩の負傷、CBのJCジャクソンとTEマット・ラカースはひざを痛めた。ジャクソンは試合に戻らず、ラカースは短い時間だけプレーした。


Tom Brady トム・ブレイディ(QB)

The quarterback reached a milestone, moving into second all-time for passing yards in NFL history, however tonight, he struggled. He threw an interception in the first quarter when he had Edelman wide open down field. Later in the first half, he nearly threw another interception.

milestone マイル標石、人生の重大事件、(記念となるような大きな)記録

 

QBはマイルストーンに到達した。パスヤードのキャリア記録がNFL史上2位に上がったのだ。とは言えこの試合では、彼は苦闘していた。1Qには、WRエデルマンがオープンだったのにインターセプトを投げた。前半終了間際には、あわやインターセプトのパスもあった。

 

To be fair, the offense had limited weapons to work due to injuries as well as Phillip Dorsett’s and Rex Burkhead’s inactive statuses. We also can’t discount the affect the wind might have had. A couple passes looked like major league sliders.

weapon 武器、兵器、攻撃の手段

 

彼を弁護すれば、オフェンスはフィリップ・ドーセット、RBレックス・バークヘッドのインアクティブや試合中のケガで戦力が限られていたのは確かだ。また、風の影響も見過ごせないだろう。いくつかのパスは、メジャーリーグの投手が投げるスライダーのように見えた。

(スポンサーリンク)

 


鯖缶より:ここで紹介した部分以外には、「UP」としてCBステファン・ギルモア、「DOWN」としてオフェンスラインが挙げられていました。

 

ケガ人で戦力が削られる中、どんな用兵が見られるのか、がNFLの面白さの1つとはいえ、やはりケガ人は心配です。シーズン中盤から終盤の大きなポイントになりそうです。

 

質問、訂正、補足、リクエストなどがあればどうぞ遠慮なさらずコメントください。お答えできるかはわかりませんが、ブログのネタにもなりますので大変助かります!

 

(ツイッター、フォローお願いします↓)

 

(あわせてこちらもどうぞ↓) 

nfl.savacan3rd.com

 

 

nfl.savacan3rd.com

 

 

nfl.savacan3rd.com