鯖缶NFL三昧

NFL(アメフト)の英文ニュースの一部を訳して紹介します

ビル・ベリチックからトム・ブレイディへの過去のコメント集

(スポンサーリンク)

2015年の8月3日の記事なんですけど、「15 legendary Bill Belichick quotes about Tom Brady」というのがあったので、一部を訳して紹介します。


※8月3日はブレイディの誕生日で、その記念にベリチックの過去のコメントから年ごとに1つ紹介する、という趣旨の記事です。2000年の入団から記事の出た2014年までのブレイディの軌跡をたどる内容なので、ぜひ元記事を読んでみてください。


【引用元】

www.patriots.com

 (以下の英文部分は上記記事より一部を引用したものです。訳は当ブログで作成しました。ぜひ元記事で全文をチェックしてみてください)

 

 2000年4月16日(ドラフト・デー)

"He's a good, tough, competitive, smart quarterback that is a good value and how he does and what he'll be able to do, we'll just put him out there with everybody else and let him compete and see what happens."

「彼はいい選手だ。タフで、負けん気が強く、賢いQBで、それには価値があるし、それは彼のQBとしてのあり方であり、これからも発揮できるだろうことだ。他の選手たちと一緒にチームに合流させて、競わせたらとうなるか見てみよう」

 

 2001年9月24日(ドリュー・ブレッドソーがニューヨーク・ジェッツ戦で負傷した翌日) 

"Yes. I really don't think that I am going to be standing here week after week talking about all of the problems that Tom Brady had. I have confidence in him, I think the team has confidence in him and I think that he will prepare himself well and he will go out there and perform at a good level."

(ブレイディの成功をベリチックが期待する理由は、彼のリーダーシップにあるかを聞かれて)「そうだ。トム・ブレイディのどこが問題かについて、これから毎週話すようなことにはならないと思う。彼を信頼している。チームも彼を信頼するだろう。彼はよく準備し、試合でも十分なレベルのパフォーマンスを見せるだろう」

 

2002年6月6日(スーパーボウル制覇の後のブレイディのオフシーズンについて)

"I am sure that he is in a lot more demand than he was last year."

 「昨年より多くの需要があるだろう」

(※前後の文脈がわかりませんが、「無名だった昨シーズンに比べれば、取材対象として引っ張りだこになるだろう」というような意味で言ってるのかな、と思います)

 

 2003年9月2日(2003年の開幕前)

"I think that Tom is the type of player that rather than seeing one thing in his game jump from here to here, you would see 10 different things in his game improve incrementally. Then that combination of all of them gives you a little bit better performance in each of those areas, as opposed to him all of a sudden have 4.8 speed and gaining 250 yards scrambling in a season."

(2001年からのブレイディの向上について聞かれて)「トムは1つのことについてジャンプするように(急激に)向上するタイプというより、10の異なることについて徐々に改善させるタイプだと思う。そのすべての組み合わせで、それぞれの要素でパフォーマンスを向上させた。突然(40ヤード走で)4.8のタイムを出すわけでもなく、スクランブルからシーズン250ヤードをゲインするわけでもない」

 

2008年1月20日(2007シーズンのAFCチャンピオンシップを前に)

"So, [I'm] privileged to be able to coach him, and have him on our team, and we meet on a regular basis, a couple times a week and I really, I mean, I enjoy coaching him. He's a terrific player."

 「彼がチームにいて、週に数回、定期的に会い、彼をコーチできるなんて幸運なことだ。私は本当に、彼をコーチすることを楽しんでいる。彼はものすごい選手だ」

(※2007シーズンはレギュラーシーズン16勝0敗。スーパーボウルでジャイアンツに敗れました)

 

2008年9月8日(ブレイディ負傷の翌朝)

"So, we feel badly for Tom [Brady] about the injury. You hate to see anyone go down. No one has worked harder and done more for this team than Tom has, so it is a tough setback for him."

 「けがについて、トムを気の毒に思う。誰であれダウンするのは見たくないものだ。トム以上に懸命に練習し、チームに尽くしてきた選手はいない。彼にとってつらいことになった」

(※week1、開幕戦でブレイディはシーズンエンドとなるけがを負いました)

 

2009年7月30日(トレーニングキャンプ初日)

"It's always good to see Tom out there. It's good to see all the players out there. Tom's worked very hard to get back out on the field in his rehab and doing what he did in the spring. He's certainly a big presence on our team and it's good to see him back out there."

「トムが練習にいるのを見るのはいつでもいいものだ。他のすべての選手についてもそうだ。トムはフィールドに戻るためにリハビリやこの春したことに懸命に取り組んできた。チームにとって彼の存在は間違いなく大きい。フィールドにいる彼を見るのはいいことだ」

 

2011年1月2日(2010シーズンのレギュラーシーズン最終戦を終えて)

"I think that's what competitors do: they compete, regardless of the score or situation. You don't control those things as a competitor, you just control your opportunity to compete, whether you've got the ball on their one-yard line or your one-yard line or the score is 30-0 one way or the other or it's the first game or the last time."

「これが競技者がすべきことだ。状況やスコアに関わらず戦うということ。競技者としては、それ以外のことはコントロールできない。ただ、競い合う機会にそれを戦うことだけをコントロールする。ボールがあるのが自陣の1ヤードラインでも、敵陣の1ヤードラインでも関係ない。スコアが30対0でもその逆でも、それが開幕戦でも最終戦でも戦うだけだ」

※ペイトリオッツは2010レギュラーシーズンは14勝2敗で1位シードでプレーオフ進出(ディビジョナルでジェッツに敗退)。レギュラーシーズン最終戦は負けても1位シードで、消化試合に等しい状況でしたがブレイディは出場。ドルフィンズに38対7で勝利しました)

 

2013年10月13日(セインツ戦の勝利後)

"No…He did a good job reading the coverages and threw the ball very accurately and gave the receivers a chance to make the play and we made enough of them. That's what he does. That's what he gets paid for. That's why he's so good. He does a good job of throwing the ball accurately and making good decisions and he made several of them on that drive."

(ブレイディは残り5秒で逆転TDパスを決めた。ブレイディのすることに驚かされるか、と聞かれて)「いや(驚かない)。彼は守備のカバーをよく読み、とても正確にパスを投げてレシーバーにプレーを決めるチャンスを与え、我々は勝つに足りるだけのプレーを決めた。それが彼のしてることだ。これができるから彼は報酬を得ている。これが彼が素晴らしい選手である理由だ。彼は正確にボールを投げ、正しい判断をする。逆転ドライブでも、その能力を出した」

※week6のセインツ戦、タイムアウトなしで残り1分13秒、自陣30ヤード地点からのドライブをTDに結びつけた試合です。このドライブは僕がブレイディに惚れ込むきっかけになったもので、コラムでも紹介しています↓

【コラム】僕がペイトリオッツファンになるまで - 鯖缶NFL三昧

 

試合のハイライト動画も貼っておきます↓

www.nfl.com


【鯖缶より】
ペイトリオッツ球団公式ページより、かなり前の記事ですが訳してみました。


ペイトリオッツファンの僕としては、ブレイディの去就が気になるところですが、気になりすぎて逆に予想や噂の記事は読む気にならない、という感じで過ごしています。

 

 

質問、訂正、補足、リクエストなどがあればどうぞ遠慮なさらずコメントください。お答えできるかはわかりませんが、ブログのネタにもなりますので大変助かります!

 

(ツイッター、フォローお願いします↓)

 

(あわせてこちらもどうぞ↓)

nfl.savacan3rd.com

nfl.savacan3rd.com